現在 押尾学に関するニュース

「交際女性が次々と不幸に......」元俳優・押尾学の乱痴気人生を彩った女性たちの末路

日刊サイゾー / 2012年03月02日08時00分

弁護団が異議を申し立てたものの「認められる可能性は限りなく低く、近く収監されることになるだろう」(全国紙社会部記者)というが、モテ男ぶりは相変わらずで、現在も交際中のモデル・Nanamiとの獄中結婚が浮上している。「押尾被告はNanamiのことを周囲に『特別な子』と語り、Nanamiは押尾被告にメロメロ。交際に反対する家族や元所属事務所の反対を振り切り、自 [全文を読む]

押尾学の恋人Nanami 心配した家族が仕事場で待ちぶせ

NEWSポストセブン / 2012年02月23日16時00分

現在の彼女の住まいは、神奈川県内にあるファミリー向けマンションだった。大きなリビングのある3LDKの部屋だ。彼女はここで押尾被告の帰りを待つのだろうか。 ※女性セブン2012年3月8日号 【関連ニュース】押尾学 新宿の弁護士事務所に白髪まじりのロン毛姿で現れた矢田亜希子と押尾学「黒ビキニでオイル塗り」アツすぎ婚前旅行押尾学被告 保釈直後に弁護士と朝までホテ [全文を読む]

元・KAT-TUN田中、押尾学、橋爪遼…薬物で“逮捕”された芸能人のその後

dmenu映画 / 2017年06月16日07時00分

矢田亜希子とも現在は離婚しています。 2014年に仮釈放となり出所。この時、芸能界に戻ることはないと述べていましたが、2016年の1月に渋谷で行われたライブにLIVのメンバーとして出演し、音楽界への復帰を果たしました。その後も大阪でトークイベントを開催したり、ブログを開設するなど、地道な活動は続けているようです。 田代まさし(覚せい剤取締法違反で2001年 [全文を読む]

押尾学とは「友達じゃない」発言も……浦和レッズ司令塔・柏木陽介の危険な交友関係

日刊サイゾー / 2016年02月23日22時00分

なんと、浦和レッズの元日本代表選手である李忠成と柏木陽介、ガンバ大阪の岩下敬輔が、2009年に麻薬取締法違反と保護責任者遺棄致死罪で逮捕され、2年6月の実刑判決を受けた(現在、仮釈放中)押尾学と肩を組んでいる写真がSNS上にアップされたのだ(現在は削除)。 TwitterおよびInstagramにアップしたのは押尾自身で、「昨日楽しかったな(^_^)」と、 [全文を読む]

押尾学はなぜ悠々自適なのか……「森喜朗元首側近から2億円の口止め料」情報を追う

日刊サイゾー / 2015年09月07日11時00分

現在の職業は不明だが「何をやってるかは言えないけど、芸能界のころより全然儲かってるよ」と羽振りのよさそうなことを、写真誌の記者に話しているという。 ただ、前出の記者によると「平日3日ほどを追跡しても会社に出勤している様子はなかった」というから、その金の出どころはその後援者なのだろうか。 驚くのは、Sさんなる男性、なんと押尾が逮捕されたときは政治家の秘書を [全文を読む]

元モー娘。安倍なつみ“暴露キャラ化”で「押尾学とお泊まり」「歌詞盗作」を告白する日

日刊サイゾー / 2015年08月02日09時00分

「彼女は現在33歳で独身ですから、いつまでもかわいいアイドルではいられない。今後、暴露キャラとなっていくのも、ひとつの道かもしれません。しかし、現状は『メンバーと確執ありました』『アイドル時代も彼氏いました』という、誰でも想像がつく程度にとどまっている。一皮むけるには、さらに過激で具体的な話が求められます」(放送作家) そうなると、押尾学との“お泊まり” [全文を読む]

押尾学のLINE返信がマメすぎる!? お相手キャバ嬢も「暇なのかな」と心配で……

日刊サイゾー / 2015年02月17日09時00分

現在、この記事は削除されており、どこまで信憑性があったものかは分からないが、かつて元モーニング娘。安倍なつみや女優の奥菜恵、財前直見らと浮名を流し、矢田亜希子と結婚したモテ男だけに、いずれにせよそのナイトライフは派手だったようにも見える。 ちなみに押尾の売りだった“ビッグマウス”については、Aさんが「俺は何をやっても自然と目立っちゃうタイプ」と言っていた [全文を読む]

押尾学、未成年キャバ嬢との交際撮られた! 芸能界復帰は絶望的も懲りないジゴロぶり

サイゾーウーマン / 2015年02月12日13時00分

記事によれば、現在はキャバクラで知り合ったという18歳の女性ホステスと交際中のようだが――。 押尾は09年、薬物使用での執行猶予中の最中、ともにMDMAを服用して意識不明となったホステスに対して適切な処置をしなかったため、保護責任者遺棄容疑で再逮捕、実刑が確定した。13年には「女性自身」(光文社)に「獄中手記」が掲載されたものの、その後本人の肉声は一切聞こ [全文を読む]

矢田亜希子と夏菜――業界人がため息を漏らす“残念すぎる”先輩後輩ウラ話

サイゾーウーマン / 2014年06月11日13時00分

かつては「売れっ子女優」だった、同じ事務所の先輩後輩である2人の女優が、現在ともに窮地に立たされているという。その女優は、矢田亜希子と夏菜。以前からは考えられないほどの落ちぶれぶりで、関係者からはため息が漏れている始末だという。 矢田は昨年3月に開始したブログが、ステマや「シャネル自慢」ばかりだと炎上している。5日発売の「週刊新潮」(新潮社)は、1カ月の間 [全文を読む]

矢田亜希子が“新ステマの女王”に!? 「辻希美、一時期のほしのあきよりひどい」

サイゾーウーマン / 2014年03月02日09時00分

2012年、大事件となった芸能人ブログのステルス・マーケティング、通称「ステマ」騒動だが、現在新たな“ステマの女王”と目されているのが矢田亜希子だという。06年の押尾学との電撃結婚以降は表舞台から姿を消し、さらに復帰した途端に押尾の薬物逮捕を受けて離婚、再び活動休止と踏んだり蹴ったりの矢田だったが、現状は想像以上に過酷だったようだ。 矢田は現在、深夜ドラマ [全文を読む]

森喜朗 VS 押尾学の「最終決戦」が近づいている! 暴露本出版で“ドス黒い闇”に言及、東京五輪にも影響必至か!?

tocana / 2017年04月28日09時00分

現在は2020年に控えた東京五輪組織委員会の会長として、辣腕を振るう毎日だ。「今でも、安倍晋三首相とは懇意です。東京五輪組織委員会の会長に就任したのも、安倍さんの後押しがあったから。それに、森さんは今でもロシアのプーチン大統領と親交があり、北方領土返還交渉の際は、安倍さんにアドバイスを送ることも少なくありませんでした。さらに、長年にわたり日本ラグビー協会の [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】押尾学、スリランカの経済大臣と会食 深まる“悠々自適”の謎

TechinsightJapan / 2016年12月23日21時00分

2015年8月には週刊誌に女性とのキス現場をスクープされ、報道によると押尾は現在の仕事について詳細は明かさないものの「芸能界のころより全然儲かってるよ」と話したという。出所して間もなくそのような派手な暮らしぶりをする彼の収入源については「大物政治家の後ろ盾があるのではないか」など様々な憶測が飛び交う。 そんななか2016年11月1日に『押尾学オフィシャル [全文を読む]

ビッグマウスよりネットビジネス?押尾学ブログに漂う”キナ臭さ”

デイリーニュースオンライン / 2016年11月30日10時30分

現在は女性向け読み物系の記者・編集者として活躍中。 [全文を読む]

押尾学の“Vネック好青年男子”写真に失笑の嵐! チャラさ封印で前科者イメージ払拭か

日刊サイゾー / 2016年11月03日00時00分

「押尾は今年2月に、サッカーJ1浦和レッズの柏木陽介や、李忠成らと肩を組んでいる写真をインスタグラムに投稿(現在は削除)。サッカーファンから『押尾なんかと付き合ってるの?』『薬物は使ってないよね?』などとよからぬ声が相次ぎ、選手らがチームから注意を受ける事態に。そんな、各界から腫れ物扱いされている押尾だけに、不良イメージ払拭を狙って、好青年風のプロフィー [全文を読む]

元巨人・野村貴仁氏が暴露本を出版!野球ファンからは怒りの声が

しらべぇ / 2016年09月14日21時00分

現在はひげをそったうえ長い髪も切り落とし、更生したもよう。さらに今年6月には格闘家への転身が発表され、12月に開催される総合格闘技イベント「REAL」への出場もアナウンスされている。なお、対戦相手について大会運営側は押尾学へのオファーを検討しているとの噂も。■セカンドキャリアに失望の声もブルーウェーブ時代は中継ぎ左腕として仰木監督の信頼を勝ちとった野村。1 [全文を読む]

清原和博が「薬物治療どころじゃない」重篤糖尿病の裏で、あの野村貴仁が格闘技デビューで押尾学と対決?

アサ芸プラス / 2016年08月13日17時57分

別の病院に入っているようです」 以前から清原氏を支援する都内飲食店経営者I氏が現在も「清原再生計画」の下に支援を続け、定期的に大阪で会っているという。「詳しい近況を知るのは、Iを含めた支援者数名だけです」(I氏の友人) こうした支援者とともに、社会復帰を目指すべく、薬物治療を開始しているのかと思いきや、「持病の糖尿病が重篤な状態で、まずこれを何とかしなけれ [全文を読む]

押尾学が“見るからに怪しいビジネスの広告塔”に就任していた!

アサ芸プラス / 2016年06月13日17時59分

昨年末には元参議院議員である村上正邦氏のもとで“お茶くみ”をしていると一部で報じられたが、なんと現在“インターネットを使ったビジネス”の宣伝に登場しているという。「彼は6月から、いわゆる情報商材の広告塔を始めたんですよ」と語るのはネットに詳しいジャーナリストである。「情報商材とは有料で販売されている『儲かる情報』のこと。今回、彼が宣伝し始めたのも『ネットを [全文を読む]

フジ芦田愛菜『OUR HOUSE』雑すぎる“引越しオチ”に視聴者ポカーン、打ち切り決定のシワ寄せか

日刊サイゾー / 2016年05月24日00時00分

現在、11歳の愛菜ちゃんですが、キスシーンはいつ解禁になるのかな? そんな2人がデートを楽しんでいる最中、アリス(シャーロット)や次男の新太郎(寺田心)は、偵察のため省吾の自宅へ。コソコソしていると、省吾の母親・百合子(矢田亜希子)に見つかり、自宅に上がることに。 実は別居中ながら、体裁を気にして離婚をしていない省吾の両親ですが、百合子はアリスに「(夫は) [全文を読む]

大手事務所時代は月収150万+歩合! もはや恐い物なしの押尾学が暴露した超厚遇時代

messy / 2016年03月08日20時00分

貯金はかなりあったはず」(テレビ局関係者) 現在、押尾は実家で両親と同居。腕時計などを売り、貯金を切り崩してなんとかやりくりしている状態だと話した。しかし彼のInstagramアカウントに投稿されるプライベート写真群を確認する限りでは、明らかに一人暮らしであり、かつ、広いキッチンとリビングのあるかなり良いマンションに居住していることが伺える。 常に演技のこ [全文を読む]

ベッキーと清原和博、関係者がささやく”芸能界復帰”の現実度

デイリーニュースオンライン / 2016年02月06日07時00分

矢口真里(33)が記憶に新しいですが、矢口の場合は1年半の休業後、現在では不倫離婚を敢えてネタにすることで徐々に露出を増やしている。しかし、ベッキーの場合はこれまでの優等生キャラを撤回して、ぶっちゃけキャラに転向する可能性は低い。最低1年ほどは様子見することでしょうが、その後よほどの心変わりがない限り、このまま芸能界引退となることでしょう」(同記者) 一方 [全文を読む]

フォーカス