押尾学 livに関するニュース

ビッグマウスよりネットビジネス?押尾学ブログに漂う”キナ臭さ”

デイリーニュースオンライン / 2016年11月30日10時30分

2009年に薬物事件で逮捕された押尾学(38)が、新たに開設したブログのイメチェン具合が話題となっている。ブログは11月1日に開設され、約3週間で更新回数は50を超える熱の入れようだ。押尾のさわやかな笑顔がプロフィールに躍るなど、まさしくイメチェンが前面に押し出されている。いよいよ本格的な芸能界復帰を目論む押尾の思惑が感じられるが、その奥にはさらなるビジネ [全文を読む]

復活LIVEを果たし豪奢LIFEを送る押尾学の「息子に会いたいmissU」は届くのか?

messy / 2016年02月03日16時00分

1月23日、押尾学(37)が自ら率いるバンド「LIV」名義でライブイベントに出演した。イベントが行われた東京都内のライブハウスは200人ほどで満員だが、この日は300人が来場。LIV以外にも5組の演奏があったが、押尾見たさの観客が多かったのか、LIVの出番が終わると多くの客は帰ってしまい、残ったのは100人ほどだったという。特に押尾に声援を送る女性ファンが [全文を読む]

元・KAT-TUN田中、押尾学、橋爪遼…薬物で“逮捕”された芸能人のその後

dmenu映画 / 2017年06月16日07時00分

押尾学(麻薬取締法違反で2009年逮捕) 数々のドラマに出演し、バンド「LIV(リヴ)」のボーカル兼リーダーとしても活躍していた押尾学。プライベートでも矢田亜希子と結婚し1児を設けるなど、順風満帆に見えた彼が麻薬取締法違反で逮捕されたのは2009年のことでした。 愛人だったホステスと共に合成麻薬MDMAを服用していたところ、彼女の容態が急変し、保身のため [全文を読む]

大手事務所時代は月収150万+歩合! もはや恐い物なしの押尾学が暴露した超厚遇時代

messy / 2016年03月08日20時00分

東京・六本木のマンション部屋で一緒にいたホステスが死亡した事件で収監され、おととし12月に出所した元俳優の押尾学のインタビュー記事が、「週刊新潮」(新潮社/3月10日号)に掲載された。記事の中で注目すべきは、押尾が27歳の時、大手芸能プロ「研音」とケンカ別れしたくだりだ。押尾は「我慢すればよかったなと思いましたね」と本音。事務所に「ハリウッドに行きたい」と [全文を読む]

押尾学が赤っ恥?Jリーガーに”交友関係を全否定”された舞台裏

デイリーニュースオンライン / 2016年02月24日15時30分

押尾学(37)は加害者なのか、被害者なのか──バンド「LIV」で音楽活動を再開した押尾学だが、早くも苦難の道に立たされている。ツイッターやインスタグラムでファンとの交流も楽しんでいる押尾だが、世間的には、2009年に麻薬取締法違反で逮捕されたイメージがまだ強く残っている。 2月18日、後輩と飲みに行った押尾は、同じお店にいたプロサッカー選手たちを見つけ、一 [全文を読む]

ライブ復帰の「LIV」押尾学、その音楽的評価は「ジャンキーが勘違いした程度」

日刊サイゾー / 2016年02月06日11時00分

元俳優で歌手の押尾学が、自身のバンド「LIV」のボーカルとして1月23日、東京・渋谷グラッドで行われたライブイベントに出演したことが話題となっている。 一部報道によると、会場には200人ほどの観客が訪れる盛況ぶりで、押尾は金髪で、両腕にはタトゥーを施した姿で英語詞の楽曲を熱唱したという。2009年8月に合成麻薬MDMAをホステスとともに服用し、ホステスが意 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】押尾学、スリランカの経済大臣と会食 深まる“悠々自適”の謎

TechinsightJapan / 2016年12月23日21時00分

元俳優の押尾学がスリランカの経済担当国務大臣と会食したことをInstagramで明かした。2014年に仮釈放となり芸能活動に復帰する様子も見られないが、「悠々自適」な暮らしぶりが度々話題となっている。今回の相手が他国の大臣というからその謎は深まるばかりだ。 押尾学はドラマ『ダブルスコア』(2002年)や『クニミツの政(まつり)』(2003年)などで俳優とし [全文を読む]

押尾学がブログを開始、「伝説のビッグマウス語録」が再び誕生するのか!?

アサ芸プラス / 2016年11月03日17時58分

タレントの押尾学が11月1日から公式ブログを開始した。「Hello!! お久しぶりです。押尾学です。」の言葉でスタートすると、ランチの模様や夜間に行っているランの様子などを次々と投稿している。「押尾は2009年の薬物事件で2年6月の実刑判決を受け、昨年9月に出所しました。それ以降、自身がボーカルを務めるバンド「LIV」の活動やインスタグラムは続けていました [全文を読む]

芸能界に「押尾エンガチョ」が流行中! 考案者は“元カノ”矢口真里?

日刊サイゾー / 2016年03月09日13時00分

2月下旬、ある情報番組で都心の商店街をリポート中だった女性タレントが、ロケ先で「ここにはよく押尾学が来る」という話を聞いた瞬間、「あ~残念、“押尾エンガチョ”だから、二度と来られないよ」とつぶやいたという。 「その時はカメラが回っていなかったので、それはどういう意味かと聞くと『押尾学に近づかないって意味』だって。『押尾とはヘタに知り合うと一緒に写真を撮ら [全文を読む]

【ウラ芸能】押尾学、過去を語る意味は…

NewsCafe / 2016年03月08日15時00分

デスク「一昨年12月の出所後、時たま話題に上る元俳優、押尾学(37)が動き出してるって?」記者「2月に自身がボーカルを務めるバンド・LIVがライブを行い、200人ほどのファンが集まったとか、先月はJリーグ・浦和レッズの李忠成(30)、柏木陽介(28)、ガンバ大阪の岩下敬輔(29)の3選手と一緒に撮った写真を自分のインスタグラムに上げたものの、柏木らの抗議を [全文を読む]

押尾学の音楽活動再開で“お塩様”発言に再注目「カート・コバーンの生まれ変わり」!?

日刊サイゾー / 2016年01月29日21時00分

元俳優の押尾学の音楽活動再開が話題だ。自身が率いるバンド「LIV」名義でライブイベントに出演。多くの女性ファンの黄色い声援で迎えられた。 押尾学は2009年8月に、借りていたマンションで合成麻薬であるMDMAを服用し、一緒にいたホステスが死亡する、いわゆる押尾学事件が発生し逮捕起訴される。これを受け、結婚相手であった女優の矢田亜希子とは離婚した。 麻薬使用 [全文を読む]

押尾学実刑判決確定に「迷惑な事件でした」元下着会社社長のアキれた無責任

メンズサイゾー / 2012年02月18日14時00分

下着ブランド「ピーチ・ジョン」の創業者・野口美佳氏(47)が、自身のTwitterで押尾学被告(33)の実刑判決確定についてコメントした。2009年8月に合成麻薬MDMAを一緒に飲んだ女性を救命しなかったとして、保護責任者遺棄罪などで懲役2年6月の実刑判決を受け上告棄却の決定が下された押尾被告は、既に確定していた麻薬取締法違反(使用)の執行猶予も取り消され [全文を読む]

押尾学、永田町との「点と線」

NewsCafe / 2015年12月26日16時00分

2009年8月、東京・六本木ヒルズのマンション内で合成麻薬MDMAをともに使用したクラブホステスが死亡した事件で、保護責任者遺棄致死容疑で懲役2年6月の判決を受け、服役していた元俳優で歌手の押尾学(37)。 「出所後は人目を避けてひっそりと生きているのかと思っていたら、音楽活動を再開するなど、動き出しています」とは週刊誌ライター。 どんなことをしている? [全文を読む]

「虚言のお塩先生」健在!? 芸能界を辞めたはずの押尾学“音楽活動再開”にボー然

日刊サイゾー / 2015年12月18日20時30分

2009年にホステスとMDMAを服用してホステスが死亡した事件で、2年6カ月の実刑を受けて服役していた押尾学が、いつの間にか「表舞台」に戻ってきていた。 逮捕される以前、押尾が俳優業と並行して行っていたのが「音楽活動」。ロックバンド・LIV のボーカルとしてメンバーの一人だったのだが、最近、静かに活動を再開させていたと「日刊ゲンダイ」(日刊現代)が報じてい [全文を読む]

フォーカス