ドラマ 押尾学に関するニュース

“押尾の呪縛”から逃れられない矢田亜希子、新ドラマ出演で殻を破れるか!?

メンズサイゾー / 2013年12月25日10時00分

来年1月9日にスタートする新ドラマ『慰謝料弁護士~あなたの涙、お金に変えましょう~』(日本テレビ系)に女優の矢田亜希子(35)がレギュラー出演することが発表された。タイトル通り、離婚がテーマのドラマに矢田が出演するとなれば、当然ながら2009年に元夫で現在服役中である押尾学(35)と離婚したことが思い出される。しかし、ドラマの撮影現場はそういった過去に一切 [全文を読む]

【ウラ芸能】フジテレビを苦しめるあの呪い

NewsCafe / 2015年08月02日15時00分

記者「先月から始まった堤真一(51)主演のドラマ『リスクの神様』(フジテレビ系)が、初回視聴率7.0%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)から低空飛行が続いています」デスク「2話が6.8%、3話も5.7%と大苦戦だな。29日は放送がなく8月5日の4話の数字によっては完全に赤信号って感じだね」記者「フジには3%台を記録している『HEAT』もありますから、あちこち [全文を読む]

主演ドラマ爆死中の堤真一、代表作「やまとなでしこ」が再放送できない理由

アサ芸プラス / 2015年07月16日17時59分

今月から放送が開始された堤真一主演のテレビドラマ「リスクの神様」(フジテレビ系)が、初回視聴率7.0%と苦戦している。堤といえば2000年に放送されたドラマ「やまとなでしこ」(フジテレビ系)で、主演・松嶋菜々子の恋人役を演じ大ブレイクを果たした。しかし同ドラマは現在、“放送禁止”となっているという。「『リスクの神様』が始まるということで、フジは堤の代表作『 [全文を読む]

「またバーニングのゴリ押しか」NHK朝ドラ新ヒロインに夏菜をねじ込んだ"太いパイプ"

日刊サイゾー / 2012年04月04日08時00分

「同ドラマの脚本を担当するのは、昨年、松嶋菜々子を主演に起用した『家政婦のミタ』(日本テレビ系)が最終回で40.0%を記録するなどしたヒットメーカーの脚本家・遊川和彦氏。夏菜は2月の最終オーディションで10分間のカメラテストでの演技後、遊川氏から『君、シャットダウンだね』と言われたことを告白し、『もう遊川さんからボロクソに言われて、泣きそうになってボロボロ [全文を読む]

『ぼくらの勇気』に見た矢田亜希子の“時空の歪み”と、押尾学との「消したい過去」

日刊サイゾー / 2017年07月29日07時00分

KinKi Kids主演のスペシャルドラマ『ぼくらの勇気 未満都市2017』(日本テレビ系)が21日に放送され、平均視聴率10.0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録。直前には、4夜連続で『「ぼくらの勇気 未満都市2017」カウントダウンSP』を放送するなど、日テレ側も熱心に告知していたにもかかわらず、物足りない結果に終わってしまった。 このドラマは、 [全文を読む]

武井咲のタメ口より酷い!?松嶋菜々子の名作にもブランドイメージ崩壊シーンが!

アサジョ / 2016年08月15日17時59分

ドラマ「せいせいするほど、愛してる」(TBS系)内で、武井咲演じるティファニーの店員が、お客様に対しタメ口で接するシーンがあり、女性たちから批判が殺到した。 しかし、過去にはあの人気ドラマの中で、武井の接客態度など吹き飛ぶほどのびっくり仰天なワンシーンがあったという。テレビ誌ライターが明かす。「最高視聴率34.2%を記録した、松嶋菜々子主演の月9ドラマ、『 [全文を読む]

神々しい美しさ...矢田亜希子、初出演の昼ドラで“美貌に磨きがかかった“と話題に

メンズサイゾー / 2015年01月28日10時00分

現在放映中の昼の帯ドラマ『花嫁のれん』(フジテレビ系)に出演している矢田亜希子(36)が、「ますます美貌に磨きをかけている」と話題になっている。 同作は、2010年から野際陽子(79)と羽田美智子(46)のダブル主演で放送された昼ドラの第4シリーズ。石川県金沢市の老舗旅館を舞台に、元キャリアウーマンの嫁(羽田)と伝統文化を重んじる姑(野際)のバトルがコミカ [全文を読む]

朝ドラヒロイン“ひとり負け”夏菜の迷走が止まらない!? 押尾学事件の余波が、ここにも……

日刊サイゾー / 2015年01月23日11時00分

ここ数年のヒロイン女優の顔触れを見ても、松下奈緒、尾野真千子、井上真央、堀北真希、能年玲奈、杏らは、ドラマが終わってからブレークしている。おそらくシャーロットも、そんな状況をよく理解して、日本で勝負してみようと思ったのだろう」(テレビ誌記者) そんな中、最近、あまり目立った活動をしていないのが、2012年10月~13年3月まで放送された『純と愛』のヒロイン [全文を読む]

奥菜恵、「もっとイジって」希望に応じた司会者を拒絶の“先細り感”!

アサ芸プラス / 2017年09月25日09時59分

お高くとまっているような印象を受けましたよ」(テレビ誌記者) それでいて、奥菜は自分の出演ドラマの番宣はきっちりやっていった。そのドラマは、アンジャッシュ・渡部建と新婚ホヤホヤの佐々木希が「男女の夜の営み」への「依存症」の妻に扮する「雨が降ると君は優しい」という野島伸司脚本のネット配信ドラマ。ヒロインとしての起用でもない。「かつてはヒットメーカーの野島氏も [全文を読む]

18歳の頃より38歳の今が美しい? 矢田亜希子にネット民も驚愕

しらべぇ / 2017年07月23日08時00分

20年ぶりに続編が放送されたドラマ『ぼくらの勇気 未満都市 2017』(日本テレビ系)の放送にあわせて、スズコという役を演じた18歳当時の写真と、38歳現在の写真を掲載した。18歳当時の写真は少しギャル風でキツめの顔をした美少女だが、現在は、小顔で洗練された大人の女性に成長している。(写真は公式ブログのスクリーンショット)■38歳一児の母に見えない若さ2枚 [全文を読む]

元・KAT-TUN田中、押尾学、橋爪遼…薬物で“逮捕”された芸能人のその後

dmenu映画 / 2017年06月16日07時00分

ドラマ「相棒」で主人公・右京の元妻役を11年間務めていましたが、撮影直前に降板し、現場を大混乱させました。 その後、事務所を退所して、ナチュラリストの肩書で活動を開始。「医療用大麻の国内合法化」というマニフェストを掲げて2016年7月の参議院選挙に出馬しました。しかし、敢え無く落選となったその3か月後には、大麻取締法違反の容疑で逮捕。2017年には懲役1年 [全文を読む]

高部あいの釈放時の顔、大コケ『HEAT』映画化再検討、堀北真希がラブラブも元カノが!?……週末芸能ニュース雑話

日刊サイゾー / 2015年11月14日13時00分

デスクM 反省してなかったんじゃない?記者H 大変です! 大コケドラマ『HEAT』(関西テレビ)の、予定されていた映画化が“再検討”になりましたよ!!デスクM ふーん。記者H EXILEのAKIRA主演で、ドラマ放送開始前から映画化が決定していたんですけど、第6話で平均視聴率2.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)っていうとんでもない視聴率を叩き出して打ち [全文を読む]

【ウラ芸能】柳楽優弥、カンヌ俳優の光と闇

NewsCafe / 2015年06月29日15時00分

2010年にモデルでタレントの豊田エリー(26)と結婚した時が幸せ太りのピークだった」記者「80キロ以上になり、太ったレオナルド・ディカプリオみたいでしたが、11年はドラマの役作りのために20キロ以上も減量した姿が話題になりました」デスク「豊田と結婚して大正解だったと思うよ。子供も生まれてやっと人間力を取り戻したんだろうな」記者「写真週刊誌に、居酒屋でバイ [全文を読む]

竹内涼真の主演も近い!? 藤木直人、松田翔太も担当した「ビューネくん」は“月9俳優”への登竜門?

dmenu映画 / 2017年10月06日07時00分

実は、藤木、押尾、松田の3人ともが月9ドラマに何度も出演しているのだ。初代ビューネくんの藤木は2001年に「ラブ・レボリューション」「アンティーク 〜西洋骨董洋菓子店〜」に出演。その後、2004年に放送された「愛し君へ」では主演を務めている。 二代目ビューネくんの押尾は、2000年放送の「やまとなでしこ」に出演、2001年の「ラブ・レボリューション」では初 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】押尾学、スリランカの経済大臣と会食 深まる“悠々自適”の謎

TechinsightJapan / 2016年12月23日21時00分

押尾学はドラマ『ダブルスコア』(2002年)や『クニミツの政(まつり)』(2003年)などで俳優として活躍する一方、バンド・LIV(リヴ)のボーカル兼リーダーとして音楽活動もさかんだった。プライベートでは女優の矢田亜希子と結婚して人気俳優らしい道を進むかに思えたが、2009年に銀座ホステスと合成麻薬MDMAを服用してホステスが死亡した事件が発覚、後に麻薬 [全文を読む]

「相棒」だけじゃない!高樹沙耶逮捕で織田裕二の名作ドラマも放送禁止に?

アサ芸プラス / 2016年10月26日17時59分

この逮捕を受け同日、テレビ朝日は再放送予定だったテレビドラマ「相棒 season7」第13話を、容疑者の出演していないエピソードに差し替えて放送した。「高樹容疑者は『相棒』にて、水谷豊が演じる主人公の元妻役を放送開始から約9年もの間、演じてきました。しかし、今回の逮捕で再放送が難しい状態となり、テレビ朝日としては大きな痛手に。また同ドラマのファンからは、名 [全文を読む]

高島礼子、迫る第2の矢田亜希子化

NewsCafe / 2016年08月26日10時10分

デスク「バカ息子が強姦事件をやらかして大ピンチの女優、高畑淳子=あつこ=(61)だけど、同類相哀れむ状態があの女優だな」 記者「夫が覚せい剤で逮捕され、離婚しちゃった高島礼子(52)ですね」 デスク「2人はドラマ『女たちの特捜最前線』(テレビ朝日系)で共演したよね」 記者「ドラマは高島の元夫、高知東生(51)の騒動で注目を浴び、初回こそ11%を超える視聴率 [全文を読む]

フジテレビに大ダメージ!高知東生の逮捕であの人気ドラマが放送禁止に!?

アサ芸プラス / 2016年06月27日17時59分

「妻である高島礼子は、7月から放送される主演ドラマ『女たちの特捜最前線』(テレビ朝日系)で警察官を演じていますが、夫の逮捕で放送が中止になる可能性もあります」(テレビ誌ライター) またそれ以外にも、高知逮捕の影響により、ある人気ドラマの再放送が出来なくなってしまったという。「最終回に視聴率20%超えを記録した阿部寛主演の『結婚できない男』(フジテレビ系)で [全文を読む]

大手事務所時代は月収150万+歩合! もはや恐い物なしの押尾学が暴露した超厚遇時代

messy / 2016年03月08日20時00分

「当時の押尾はドラマ主演までこなし、自身が率いるバンド・LIVの活動もこなしていた。菓子や化粧品のCMに出演していたが、そのギャラは全盛期で3000万円ほどだったと推測でき、その折半を含めると年収3000万円は下らなかったのでは。おまけに、大勢のタニマチがいたので、遊ぶ時も自腹で払ったことはほとんどなかった。貯金はかなりあったはず」(テレビ局関係者) 現在 [全文を読む]

山崎育三郎は“押尾学系統”!?安倍なつみがこのタイミングで結婚した理由

アサ芸プラス / 2015年12月23日17時59分

それが今年、大ヒットドラマ『下町ロケット』(TBS系)で重要な役柄を演じたことで、『あのイケメンは誰?』と注目を浴びブレイク。今後は、テレビドラマへの出演が増えていくことは間違いないでしょう。そうなると今後、山崎の元には、ますます女性が寄ってくることになるわけですから、34歳の安倍はこのタイミングで結婚を急いだのではないでしょうか」(芸能記者) ネットでは [全文を読む]

フォーカス