県民 和歌山県に関するニュース

肝炎の早期発見・早期治療の必要性を伝達「知って、肝炎プロジェクト」スペシャルサポーター瀬川 瑛子氏が和歌山県を表敬訪問

PR TIMES / 2016年11月10日15時57分

そして、県民の皆さんにも検査を受けていただけるようアピールします。」と和歌山県で肝炎ウィルス検査の広報活動に積極的に取り組んでいくことを誓う心強いコメントを頂きました。懇談の中では、瀬川氏と知事との掛け合いの中で笑いが起こるなど終始和やかな雰囲気の中、表敬訪問は終了しました。今後も当プロジェクトでは、肝炎の知識や検査の必要性を知ってもらうことを目指し、啓発 [全文を読む]

隠れた名曲も多いが…「故郷の都道府県民歌を歌える」約1割にとどまる

NewsCafe / 2016年05月01日12時00分

ここ最近、和歌山県が「県民歌を浸透させたい」として様々な試みを実行し、話題を呼んでいる。県内すべての小学校に県民歌CDを配布したり、通信カラオケ大手・JOYSOUNDから配信したりと積極的だ。「和歌山県民歌」は、童謡「赤とんぼ」や「兎のダンス」で知られる作曲家・山田耕筰の手による名曲である。次世代を担う子供たちの郷土愛を育む目的のほか、和歌山県の知名度アッ [全文を読む]

上野のパンダ出産で脚光!和歌山の「旺盛パンダ」は14頭も誕生させていた

アサジョ / 2017年06月18日18時15分

その一方で和歌山県民は、ちょっと残念な思いをしているという。その理由は「アドベンチャーワールドでは15頭が生まれ育っている」のに、全国的に話題にならないことだ。 和歌山県白浜町の動物公園「アドベンチャーワールド」は、ジャイアントパンダ繁育研究基地の日本支部として1994年9月、エイメイ(永明・オス)とヨウヒン(蓉浜・メス)が来日。これまで同園では、15頭 [全文を読む]

47都道府県で女子に愛される地元のメイブツ【和歌山県】

WEB女性自身 / 2017年01月30日17時00分

ところが県民は「和歌山はやっぱり梅とみかんやな。ぶどう山椒は、最近まで知らんかったけど、亀田の柿の種のご当地選手権キャンペーンで1位を取って、県内でも一気に有名になったんちゃうかな」と。 ぶどう山椒発祥の地・有田川町にある「かんじゃ山椒園」では、化学肥料や農薬を使用せずぶどう山椒を栽培。「山椒水煮」や「粉山椒」も爽快な辛味が特徴だ。ぶどう山椒を使った「前 [全文を読む]

和歌山県「景観損なう」空き家を撤去 「画期的だが慎重な運用が求められる」と弁護士

弁護士ドットコムニュース / 2016年03月14日11時22分

この条例は、著しく劣悪な景観により県民の生活環境が阻害されることの防止を目的として定められました。 条例では、建築物等が廃墟化し景観上支障となることを禁止しています。そのような廃墟については、(1)周辺住民からの要請、(2)所有者に対して除去等の勧告・命令、といったステップを経た後、行政が代執行、つまり、持ち主に代わって強制的に撤去することができます」 中 [全文を読む]

【バスケ】和歌山トライアンズのチームカラー・ブランドマークが決定!

PR TIMES / 2013年04月23日14時19分

和歌山県を代表する特産物である、梅・みかん・柿などをイメージしたこの色には、「県民の皆さまに、“和歌山の誇り”と思ってもらえる存在になりたい」という想いが込められています。 またこの色と、黒と白の3色を用いることで、シンプルながら重厚感のあるデザインにしています。チームブランドマークについて プライマリーマークは、「TRI(3つの+AN(~の人)+S(複 [全文を読む]

【統計】マニアックな都道府県統計データを厳選! 日本一世帯主の小遣いが多い都道府県など

ヨメルモ トリビアニュース / 2017年10月17日06時00分

統計でわかる意外な県民性 日本の47都道府県にはそれぞれにいろいろなイメージがありますが、実際に統計されたデータを見てみると意外な県民性が見つかってなかなかおもしろいですよね。まだまだたくさんマニアックな統計データがあるので、機会があればまた紹介したいと思います。 データ引用: 「都道府県別統計とランキングで見る県民性」 http://todo-ran. [全文を読む]

フリマアプリ上での全国ブランド品購入実態調査。東京はシャネル、東北はヴィヴィアン、南西はコーチが人気。

DreamNews / 2015年12月15日09時00分

一方で、福岡県民の好みは東京都民と類似。株式会社 Fablic(本社:東京都渋谷区、代表取締役:堀井翔太)が運営するファッショントレンドの調査機関「FRIL lab(フリルラボ)」は、同社が運営するフリマアプリ「フリル(FRIL)」内で「全国ブランド品購入実態調査」を実施いたしました。同サービス内の購入データを元に、独自の計算で「各都道府県において一人当た [全文を読む]

「数学甲子園2015」の予選に全国から198校422チームが出場を表明!~過去最多1,744人の中・高・高専生が数学の頂点をめざす~

@Press / 2015年07月02日14時00分

数学甲子園2015公式ホームページURL: http://www.su-gaku.net/events/koshien/【「数学甲子園2015」開催要項】大会名称 :数学甲子園2015(第8回全国数学選手権大会)主催 :公益財団法人日本数学検定協会後援 :文部科学省特別協力 :東京電機大学本選開催日:2015年9月20日(日)本選会場 :ソラシティカンファ [全文を読む]

初体験の年齢ランキング 最下位の茨城県は唯一の21歳超え

NEWSポストセブン / 2013年07月11日16時01分

調査は47都道府県、各300人に及んだため、県民“性”の差まではっきりと現われている。ここでは、「初体験の年齢ランキング」を紹介しよう。 1位 沖縄県 19.6歳 2位 青森県 19.7歳 3位 高知県 19.8歳 4位 岩手県 19.8歳 5位 兵庫県 19.8歳 ↓ ↓ ↓ 43位 和歌山県 20.7歳 44位 愛知県 20.8歳 45位 山口県 20 [全文を読む]

フォーカス