最終回 松田優作に関するニュース

第21回「刑事ドラマの歴史」

ソーシャルトレンドニュース / 2017年06月09日18時00分

最終回の視聴率は同シリーズ最高となる25.2%。大団円だった。 だが、時代は既に、アクション路線から次のステップへ移ろうとしていた。■早すぎた『夜明けの刑事』 時代を少し前に戻す。『太陽にほえろ!』の登場から遅れること2年、1つのドラマが始まった。1974年、坂上二郎主演の『夜明けの刑事』(TBS)である。 舞台は日の出署。坂上演ずる鈴木刑事は、一度食らい [全文を読む]

男らしい男は、主役なのか脇役なのか!

インフォシーク / 2013年09月03日17時30分

9月末で最終回を迎える仮面ライダーウィザード。次回は、ようやく主役が人柱の1本から逃れ、悪党のボスと対戦する。少し展開が気になる人は、最終回前に一度くらい見てみてはいかがだろうか?【バックナンバー】仮面ライダー徒然草はこちらガッケンター1973年1月生まれ。芸術家。ライター。芸術活動のかたわら、仲間と協力してゆるゆる映画応援サイト「ガッケンターサイト」の運 [全文を読む]

「CM打つより効果ある」嵐・櫻井翔『家族ゲーム』でヘッドホンが異例のバカ売れ!

サイゾーウーマン / 2013年06月21日09時00分

嵐・櫻井翔主演のドラマ『家族ゲーム』(フジテレビ系)が、6月19日に最終回を迎えた。同作で櫻井は、かつて映画で松田優作が演じたこともある破天荒な家庭教師役に挑戦。櫻井が新たな一面を見せると共に順調に数字を維持し、最終回は16.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を獲得。視聴率でも無事に好成績を残した同作だが、ドラマは思わぬところにまで“経済効果”を生み出し [全文を読む]

第18回「王者日テレの歴史」(前編)

ソーシャルトレンドニュース / 2017年03月10日20時00分

最終回、水谷豊演じる亨は風邪をこじらせ、肺炎で死ぬ。視聴率は19.9%。その4年後、水谷は同局の『熱中時代』の最終回で視聴率40%を達成する。 亨のリベンジだった。■70年代後半の日テレ ここから先の話はあまり長くない。 1970年代後半、日テレは民放キー局の中で視聴率2位を堅持するも、長くトップに君臨するTBSには追いつけないでいた。 井原高忠サンは7 [全文を読む]

名作ドラマ“至高の最終回”の謎を総直撃!(5)あの傑作の最終回を厳選プレイバック

アサ芸プラス / 2016年03月09日01時57分

そして、夢中で観ていながら、意外に思い出せない「最終回」の展開を、ここに厳選して再生する。「太陽にほえろ!」(72~86年、日本テレビ系)は、マカロニ(萩原健一)やジーパン(松田優作)など、若手刑事の殉職シーンがあまりにも有名。では、番組そのもののラストはどうだったのか? 86年11月14日、七曲署にボス(石原裕次郎)が4カ月ぶりに帰ってきた。「オレはねえ [全文を読む]

松田翔太が“織田裕二化”? 揉め事が絶えない問題児俳優たち

メンズサイゾー / 2013年06月20日08時00分

6月20日に最終回を迎える『潜入探偵トカゲ』(TBS系)。脚本は『華麗なる一族』(TBS系)などを手掛けた橋本裕志氏のオリジナル作品で、また『探偵物語』(日本テレビ系)で知られる名俳優・松田優作を父親に持つ松田翔太が、父と同じ探偵役に挑むということでも注目されていた。ところが、同作の撮影現場が松田翔太のふるまいによって混乱していることが6月18日売の『東ス [全文を読む]

仮面ライダーウィザード、予想外にもほどがある。

インフォシーク / 2013年03月26日17時30分

しかしなぜに…ストーリーに絡まないのだ! もっと積極的に絡むべきだ! って言われても本人も困るだろうが…最終回あたりのためのとっておきになっているのか、それとも企画時のキャラクター設定が浅くて、上手く使いきれないのか。もしや、40歳ジジイが知らないだけで、これが新しいヒロイン像なのか。そんなことを悶々と考えながらコンビニに入ると、今週号のヤングマガジンのグ [全文を読む]

深作欣二のバイオレンス、薬の副作用で手がパンパン

アサ芸プラス / 2012年11月14日11時00分

〈文中敬称略、次回は萩原健一〉 【関連記事】 吉永小百合「ソープ嬢も乗り気でした」 70年代シネマ女優たち 桃井かおり 絶頂期の松田優作にダメ出し 80年代黄金ヒロインたち・最終回 池上季実子 80年代黄金ヒロインたち 小柳ルミ子 お騒がせ美女の一大決心 オセロ中島知子 休養中でエスカレートする激太り生活 「霊能者のお告げで焼き肉をドカ食い」 [全文を読む]

フォーカス