死因 松田優作に関するニュース

孤独死は本当に寂しい死に方なのか?

ダ・ヴィンチニュース / 2013年08月01日13時00分

死因は「不整脈による脳内出血」だった。NHKの大河ドラマ『春日局』やサントリーのウイスキーのCMなど、美しさのなかに愛らしさも感じさせた全盛期のチャーミングな大原のイメージが強いせいか、晩年“近所でも注目の人”“深夜にも構わず電話をかけていた”とワイドショーや週刊誌で報じられたときには世間は驚き、まさしく“たったひとりの寂しい最期”と受け取った人も多かった [全文を読む]

なかにし礼のがん治療法 専用機器50億円、電気代月1200万円

NEWSポストセブン / 2012年11月26日16時01分

陽子線治療は民間保険会社の先進医療特約の対象ですから、加入していれば高額の費用を負担せずに治療を受けることも可能です」(不破さん) ※女性セブン2012年11月29日・12月6日号 【関連ニュース】肺がん陽子線治療 「痛くも熱くもなく楽だった」と患者驚く先進医療特約加入者 保険金もらえるのは「1万人に1人未満」樹木希林 筑紫哲也、ジョー山中に「切らずに消す [全文を読む]

故・金子哲雄氏受けたがん先端治療「血管内治療」を医師解説

NEWSポストセブン / 2012年11月18日07時00分

※女性セブン2012年11月29日・12月6日号 【関連ニュース】肺カルチノイドの金子哲雄さん 治療法なく病院に門前払いも肝臓がん治療 「ラジオ波焼均法」などの直し方が可能になる松田優作の死因・膀胱がんは今や取らずに治せる治療法が確立心筋梗塞の死亡率 カテーテル普及で50年前の3分の1以下にがん「標準治療こそが現在受けられるベストな治療」と専門家 [全文を読む]

がん「標準治療こそが現在受けられるベストな治療」と専門家

NEWSポストセブン / 2012年11月18日07時00分

※女性セブン2012年11月29日・12月6日号 【関連ニュース】肺がん陽子線治療 「痛くも熱くもなく楽だった」と患者驚く松田優作の死因・膀胱がんは今や取らずに治せる治療法が確立故・金子哲雄氏受けたがん先端治療「血管内治療」を医師解説「傷口には消毒液より水」で治りが早くなると医師説明WHO認定の花粉症 唯一の治療手段は「舌下減感作療法」 [全文を読む]

重度のうつ病に有効な修正型電気痙攣療法 88%に改善効果も

NEWSポストセブン / 2012年11月02日16時00分

治療費は1回3万円ですが、健康保険がききますから、患者さんの負担は3割あるいは1割になります」 ※週刊ポスト2012年11月9日号 【関連ニュース】重症のうつ病 電気けいれん療法で70%~80%の治療効果あり松田優作の死因・膀胱がんは今や取らずに治せる治療法が確立うつ病 「女性は男性に比べて2~3倍多い」と心療内科医WHO認定の花粉症 唯一の治療手段は「舌 [全文を読む]

フォーカス