尾田栄一郎 編集者に関するニュース

多忙極まる尾田栄一郎『ワンピース』ついに月1連載へ……「冨樫や萩原のようにならないで!」

日刊サイゾー / 2016年07月04日21時00分

作者の尾田栄一郎の多忙ぶりを見ていれば、ついに来たか、という感じです。ジャンプの悪名高い休載執筆陣といえば、冨樫義博と萩原一至がいますが、彼らのようにならないで、と祈るばかりです」(コミック誌編集者) 冨樫といえば、こちらも人気連載の『HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)』の作者としてお馴染みだが、同作は14年からの長期の休載を経て、今年の4月 [全文を読む]

尾田栄一郎「なにこの漫画 暑苦しいし、絵が濃いし、面白い!!」『キングダム』キャッチコピー大賞スタート!

ダ・ヴィンチニュース / 2015年10月08日18時00分

このキャンペーンに際して各界著名人から、こちらもアツ~イ推薦コメントがキャンペーンサイト上に掲載されているので紹介しよう!「なにこの漫画 暑苦しいし、絵が濃いし、面白い!!」尾田栄一郎「コマは小さいけど、スケールが大きい!」荒木飛呂彦「古代中国史のたまらないキャラクターをきちんと描いている。」北方謙三「本能の芯までしびれる面白さ! これが漫画の大将軍だ! [全文を読む]

「りぼん」の発行部数はピークの1/10、『ONE PIECE』担当編集も登場...集英社マンガ誌制作の裏側が注目を集める

おたぽる / 2015年05月15日08時00分

担当編集者は、『ONE PIECE』作者の尾田栄一郎は、作者と編集者は対等にコミュニケーションを取りたいという思いから、どんなに若い担当者でも「さん」付けで呼び、担当者が「尾田先生」と呼ぶと怒る――など、その人となりがわかるエピソードを披露。尾田は担当編集の意見も積極的に取り入れているそうで、ネーム(マンガの設計図)と、担当編集の意見を取り入れた生原稿とを [全文を読む]

映画『ONE PIECE FILM GOLD』が『TV Bros.』をジャック! 5種類の表紙を並べると麦わらの一味9人がカジノで大勝負中!?の書き下ろし絵柄がつながる【ひとつなぎのパノラマ表紙】に!

PR TIMES / 2016年07月08日10時11分

●『週刊少年ジャンプ』編集部、『ONE PIECE』歴代担当編集6人による激レア座談会~誰よりも間近で尾田栄一郎先生の仕事を見てきた、ジャンプ編集部の歴代担当編集者全8人中6人が大集結! 普段は絶対に聞くことができないファン垂涎の貴重なエピソード満載です。 [全文を読む]

『ワンピース』の単行本巻数が『ドラゴンボール』の倍に! 「スーパーサイヤ人7くらいいってるレベル」と驚きの声

おたぽる / 2017年02月03日16時00分

本日2月3日、『ONE PIECE』(作:尾田栄一郎/集英社)の最新単行本84巻が発売された。84巻という数字に少年マンガファンから、今更改めて『ドラゴンボール』(作:鳥山明/集英社)と比較する声が上がっている。 ファンなら知っての通り『ドラゴンボール』の単行本は42巻で完結している。『ONE PIECE』は今回の最新刊発行で、『ドラゴンボール』のちょうど [全文を読む]

「何でそんな誰も得しないこと言うんだ」炎上マンガ家となり果てた江川達也、今度は『ONE PIECE』を痛烈批判!

おたぽる / 2016年11月23日20時00分

その江川が11月19日に放送されたラジオ番組『土曜ワイドラジオTOKYO ナイツのちゃきちゃき大放送』(TBSラジオ)に出演し、『ONE PIECE』(作:尾田栄一郎/集英社)を痛烈に批判。これには「お前が言うな」「どんだけ炎上させたいんだよ」といった声が上がった。 番組ではMCを務めるお笑いコンビ・ナイツから、最近売れているマンガと言えば『ONE PIE [全文を読む]

『ONEPIECE』82巻までの未回収の伏線をまとめてみた(前編)【保存版】

ダ・ヴィンチニュース / 2016年11月07日06時30分

『ONE PIECE』(尾田栄一郎/集英社)の魅力といえば、緻密に練られたストーリーと「あっ!」と驚く伏線の数々だ。ネット上では、ワンピースの今後の展開を考察する記事が出回っており、たまに拝見するが、「うーむ…確かにそうかもしれん…」と舌を巻くばかりである。私には到底マネができない。さて、そんなことをぬかしているにも関わらず、今回は未回収の伏線をまとめてみ [全文を読む]

市川猿之助、「ONE PIECE」歌舞伎化で原作ファンを怒らせた“ある一言”とは?

アサ芸プラス / 2015年08月02日09時59分

今回は単行本の51巻から60巻収録の「頂上戦争編」を上演するとして、原作者である漫画家・尾田栄一郎から期待を込めた応援コメントも寄せられた。 86年に三代目市川猿之助(現・二代目市川猿翁)が始めたエンターテインメント性に富んだ現代風歌舞伎であるスーパー歌舞伎。四代目が並々ならぬ思いで臨んでいるだろうことは想像にかたくない。ネット上には早くもコメントが殺到。 [全文を読む]

最新刊78巻もバカ売れ!「ONE PIECE」のルーツは「抜作先生」だった!?

アサ芸プラス / 2015年07月05日17時59分

その作者は言わずと知れた尾田栄一郎氏だが、“マンガ家系図”をひも解いていくと、意外な原点に行き着くのだ。「尾田氏が師事していたのが『るろうに剣心』の和月伸宏氏。そして、和月氏の師匠は『DEATH NOTE』の小畑健氏です。さらに、小畑氏がアシスタントをしていたのが『THE MOMOTAROH』のにわのまこと氏。そのにわの氏の師匠をたどると、往年のギャグマン [全文を読む]

世界でヒット中の映画『All You Need Is Kill』を「週刊少年ジャンプ」も大々的にアピール! 桜坂洋に注目が集まるか?

おたぽる / 2014年06月23日22時00分

そんな「ジャンプ」の最新情報をさまざまな角度からご紹介! 本日23日発売の「週刊少年ジャンプ」(以下、「ジャンプ」)2014年30号、表紙と巻頭カラーは、作者・尾田栄一郎が扁桃腺切除の手術のため、28号、29号と休載をしていた『ONE PIECE』。巻末の作者コメントでは「休んでも痛いくらいなら健康で忙しい方がいい」と、意欲を見せていた。 一方で、先日アニ [全文を読む]

フォーカス