結婚 清水健に関するニュース

読テレ清水健アナ 医療支援の基金設立「情報の共有が支え」

NEWSポストセブン / 2016年05月05日16時00分

清水アナと奈緒さんは、2013年5月に結婚。2014年3月に奈緒さんは妊娠するも、同年4月に乳がんが発覚した。奈緒さんはがん治療を行いながら、10月に長男を出産したが、すぐに体調が悪化。2015年2月に亡くなった。 より多くの人々に、「病」と闘うということ、大切な人の「命」と向き合うということはどういうことかを届けたいという清水アナの想いから、『112日 [全文を読む]

元読売テレビ・清水健アナ 亡き妻の映像を見る勇気が出ない

NEWSポストセブン / 2017年03月24日16時00分

清水さんは、2013年5月にスタイリストを担当していた奈緒さんと結婚。翌年、彼女のお腹に新しい命が宿ったがその直後、奈緒さんに乳がんが見つかった。ふたりは「子供も治療もあきらめない」ことを選択。2014年秋に元気な男の子が誕生し、奈緒さんは治療に専念。しかし、すでにがんは肝臓や骨などに転移しており、2015年2月11日、奈緒さんは29才の若さでこの世を去 [全文を読む]

清水健アナ、息子にママがいない理由を告げたことない

NEWSポストセブン / 2017年03月23日07時00分

もしかしたらその違いに気づき始めているのかもしれませんけど、ママが今どこにいるのか、はっきりとはわかっていないと思います」 清水さんは、2013年5月にスタイリストを担当していた奈緒さんと結婚。翌年には、彼女のお腹に新しい命が宿った。だがその直後、幸せを絵に描いたようなふたりを絶望の淵に落とす事実が発覚する。奈緒さんに乳がんが見つかったのだ。 「今回は治療 [全文を読む]

松井知事は否定も、清水健アナはやっぱり維新から出馬する!? 読売テレビ社員も一緒に退社し選挙サポート説も

リテラ / 2017年02月23日20時24分

番組スタッフだったスタイリストの女性と結婚してまもなく、妊娠と乳癌が相次いで発覚。妻の闘病と妊娠生活を献身的に支えたが、妻は無事出産を終え、母親になってわずか112日、29歳の若さで息を引き取った。清水氏は、その体験を綴った手記『112日間のママ』(小学館)を出版。癌撲滅や難病対策に取り組む「一般社団法人清水健基金」を設立し、テレビの仕事の合間に講演やイベ [全文を読む]

読売テレビ退社の清水健アナ 3か月で20kg減の憔悴

NEWSポストセブン / 2017年01月11日07時00分

2013年5月にスタイリストを担当していた奈緒さんと結婚し、1年後に新しい命が宿った。だがその直後、奈緒さんに乳がんが見つかった。「子供は諦めましょう」 医師の助言に対してふたりが出した結論は、「子供も治療も諦めない」だった。乳がんの手術は成功し、2014年秋に元気な男の子が生まれると、奈緒さんは治療に専念。だが、がんは肝臓、骨などへ転移し、翌2015年 [全文を読む]

読売テレビ・清水アナの退社は本当に美談か? 堺市長選に維新から出馬の見方、党幹部と事前運動の情報も

リテラ / 2016年12月27日13時00分

番組スタッフだったスタイリストの女性と結婚して1年もたたない2014年4月に妻の妊娠と乳癌が相次いで発覚。当初は余命1か月とも言われた妻の闘病と妊娠生活を献身的に支え、妻は無事出産を終えて4カ月足らずの2015年2月、母親になってわずか112日、29歳の若さで息を引き取った。 妻の死から1年後の今年2月には、その体験を綴った手記『112日間のママ』(小学館 [全文を読む]

清水健アナの生きがいは息子 乳がんで亡くなった妻への思い

NEWSポストセブン / 2016年06月25日07時00分

2013年には奈緒さんと結婚し、翌年3月に妊娠がわかった。しかし、同年4月には奈緒さんに乳がんが見つかる…。妊娠と治療を続け、10月に長男を出産したが、2015年2月に奈緒さんは他界した。一周忌を迎えた今年2月に、闘病をつづった手記『112日間のママ』(小学館)を出版した。 「息子はいつも何かを訴えています。それをきちんと汲み取ってあげないといけないけど、 [全文を読む]

杉浦太陽「乳がんは旦那が触診すればいい」発言にみる異常なデリカシーのなさ

messy / 2016年06月13日22時00分

夫妻は2007年6月に結婚、三児をもうけている。 すると杉浦は「検診は30歳までは、まだいいかなって言ってるから。28(歳)なんで」と答え、笑顔で「結婚したら旦那が触診することじゃないですか」と発言。夫婦の営みでの愛撫と、異変の有無を調べるための触診を同列に考えているようだった。報道番組ではなく、休日朝のゆるいワイドショー番組とはいえ、そうした軽薄なコメン [全文を読む]

話題の本『112日間のママ』はこうして生まれた

NEWSポストセブン / 2016年03月12日07時00分

そんな清水アナが『~ten.』でスタイリストをしていた奈緒さんと愛をはぐくみ、結婚。ほどなくして妊娠するも、奈緒さんはトリプルネガティブという悪性が高く進行の早い乳がんに冒されてしまう。 それでもがんと闘いながら元気な男の赤ちゃんを出産。…が、本のタイトルどおり、ママになってわずか112日で奈緒さんは天に召されてしまうのだ。 実は私も、スタイリストの奈緒 [全文を読む]

読売テレビ・清水健アナ 妻が母として生きた112日間の物語

NEWSポストセブン / 2016年02月15日16時00分

2013年6月には『ten.』でスタイリストをしていた奈緒さんと結婚。幸せな新婚生活を送っていた。 それから1年で奈緒さんが妊娠。奈緒さんから「子供ができた」と伝えられたとき、清水さんは「ほんまに!? ありがとな」と飛びあがらんばかりに喜んだ。だが、幸せな時間は長くは続かなかった。 奈緒さんの左胸に乳がんが発覚。超音波検査の結果では、転移している可能性も指 [全文を読む]

妻亡くした清水健アナが子育てに奮闘 仕事仲間からエール

NEWSポストセブン / 2016年02月11日16時00分

清水アナと『ten.』のスタイリストだった奈緒さんは2013年5月に結婚し、2014年3月には奈緒さんの妊娠がわかる。しかし、同年4月30日に奈緒さんの乳がんが発覚してしまったのだ。ここで出産を諦めるという選択もあったが、奈緒さんは2014年10月に長男を出産する。ところが、そこから奈緒さんの体は悪化。2015年2月11日、乳がんのため亡くなった──。 [全文を読む]

読売テレビ清水アナ 乳がん死の妻「どうしても子供産みたい」

NEWSポストセブン / 2015年02月19日16時00分

同番組でスタイリストをしていた奈緒さんと結婚したのは2013年6月のこと。そして、昨年春には、奈緒さんのお腹に新しい命が宿るが、幸せな日はあまりに短かかった。時同じくして、ふたりを絶望の淵に追いやる事実が発覚する。 「5月のはじめに、奈緒ちゃんに乳がんが見つかったんです。しかも、かなり進行していて、転移もあって…。“すぐに治療をしなければ、最悪の事態も”と [全文を読む]

フォーカス