県庁 青森県に関するニュース

青森にも「地下」はある! ミサイル発射で逃げ込み先は...

Jタウンネット / 2017年09月01日11時00分

一部報道の見出しで、地下がないと伝えられ...一部報道では、青森県庁近くで県民の1人に取材したとして、県内には地下は「ほとんどない」、どこに逃げたらいいかと不安を漏らしたことを指摘した。2017年8月29日発射当日のウェブ版記事だ。それが、見出しでは、地下が「ない」との表現になっていた。これに対し、ツイッター上では、県民と見られる人から見出しは事実と違うと [全文を読む]

がん死亡率11年連続1位の青森 飲酒・喫煙率の高さも要因か

NEWSポストセブン / 2015年10月26日16時00分

「この結果を重く受け止め、県庁全体で対策に取り組んでいる最中です。要因としては、県民の喫煙率と飲酒率の高さが挙げられています。喫煙率は厚労省の国民生活基礎調査(2013年)で男性が全国1位、女性は同2位。飲酒率も同省の国民健康・栄養調査(2010年)で1日1合以上を週3日以上飲む男性が51.6%と、全国平均の35.9%よりかなり高い」(県がん・生活習慣病 [全文を読む]

深刻な不動産の「2015年問題」、あなたの県の土地価格はどこまで下がる?

まぐまぐニュース! / 2015年10月25日20時00分

次ページ>> 同じ県内でも、価格がつかない地域が 県内の、県庁所在市と、それ以外の地域 県人口が、例えば全国平均の15%減少するときは、県庁所在市では8%減でとどまります。従って、地価の下落は20%程度でしょう。 県内のそれ以外の地域では、2040年に向かう人口減が20%、30%、40%と大きくなります。 こうした地域の地価は、空き家が増加して、60%か [全文を読む]

内田樹氏が指摘する「賊軍地域に原発集中」は本当か?

NEWSポストセブン / 2017年08月27日07時00分

今回、原発を抱える十数か所の県庁、市町村役場の原発関連の担当課など、現地の原発建設の経緯を知る人に原発立地の事情を聞いたところ、地元が原発を誘致する理由として経済問題を挙げた回答が多かった。逆に、「賊軍地域との関係」という点に関しては、「初めて聞いた」(福島県庁企画調整部エネルギー課)、「考えたこともなかった」(青森県六ケ所村原子力対策課)という答えがほ [全文を読む]

北朝鮮ミサイル:挑発に怒り、不安…ドキュメント

毎日新聞 / 2017年09月15日11時48分

三村知事が「引き続き情報収集を」と指示 8時26分 河野外相が外務省で記者団に「今回は射程が長いので大陸間弾道ミサイル(ICBM)だと思う」と説明 8時40分 秋田県庁で庁内連絡会議。佐竹敬久知事が「あせらずに対応を」と県民に呼びかけ 8時52分 首相が政府専用機で訪問先のインドから羽田空港に帰国 9時 菅官房長官が2回目の臨時記者会見。「国連安全保障理事 [全文を読む]

山形市内に“初出店” 県内の旗艦店を目指して AOKI「山形店」が10月8日(土)オープン!!

PR TIMES / 2016年10月06日11時32分

今回出店する「山形店」は、県内第1位の人口を誇り、県庁や市役所、銀行など、人とモノが集まる県庁所在地への出店。近隣には、大学や高等学校が点在しているため、就職活動やフレッシャーズといったマーケット需要もコンスタントに見込めるエリアです。さらに、山形市内を東西に横断する、地元の方の“生活道路”である「国道286号線」沿いで、視認性の高い場所に位置するため、 [全文を読む]

“マンホールに恋する女性”が必死で探すレア蓋とは

WEB女性自身 / 2015年11月04日06時00分

実はある県の県庁の前には堂々と東京都水道局のマークが描かれた蓋があるんです。そんなレアな蓋を探す 旅 は、しばらく続きそうです」 [全文を読む]

女性のバストの県別大きさの順位 大豆食品、睡眠との関連性

NEWSポストセブン / 2014年11月07日16時00分

全国の県庁所在市と政令指定都市のランキングトップ10を見ると、5位に松江市(バストランキング2位の島根県)、6位に高知市(同3位の高知県)、10位に松山市(同5位の愛媛県)となり、なるほど豆腐の消費量が多い県はバストランキング上位である。 大豆由来の「しょうゆ」の消費ランキングはどうか。2位が松江市(同2位の島根県)、3位が高松市(同1位の香川県)と続くが [全文を読む]

都道府県別死因データ「がん、脳卒中、自殺」のワーストは?

WEB女性自身 / 2014年09月10日12時00分

そして胃がんが多かったことに関しては、食生活において塩分が多く、井戸水を飲むことが多かったという、ライフスタイルの影響が要因なのではないでしょうか」(秋田大学大学院医学系研究科(公衆衛生学講座)・金子善博先生) 県庁の担当者も「早期発見のためにがん検診の受診率の向上を目指しています」と言うが、数値回復には時間がかかると思われる。 「健康への影響というのは、 [全文を読む]

フォーカス