福田沙紀 現在に関するニュース

上戸彩バーターから剛力のバーターへ……福田沙紀の自業自得な悪評

サイゾーウーマン / 2012年05月13日08時00分

かつてはポスト上戸彩のポジションを期待された福田沙紀が、現在は武井咲や剛力彩芽ら後輩女優のバーター出演ばかりになっているという。同社の期待の星だったはずの福田は、どうしてこんなことになってしまったのか。 福田のデビューは2004年、オスカーの恒例行事「全日本国民的美少女コンテスト」で入賞を果たしたことがきっかけだった。初期こそ上戸とのバーター出演ばかりであ [全文を読む]

Amazonプライム・ビデオ、オリジナルの「ウルトラマンオーブ THE ORIGIN SAGA」を配信

ITライフハック / 2016年12月16日15時00分

惑星カノンの女王アマテ役を福田沙紀さん、近衛隊長シンラ役を前川泰之さん、将軍ライゴウ役を榎木孝明さん。そして宇宙悪魔ベゼルブの群れを操るサイキ役を和泉元彌さんが演じている。さらに、若き光の戦士・ガイを教え導くウルトラマンダイナ=アスカ・シン役として、つるの剛士さん、ウルトラマンコスモス=春野ムサシ役として、杉浦太陽さんが出演する。つるの剛士さんは、浅倉大介 [全文を読む]

オスカーの鉄の掟「恋愛禁止条例」を破った武井咲に”第二の福田沙紀”の不安

デイリーニュースオンライン / 2015年04月27日21時15分

かつての福田沙紀のように仕事を干されてしまう可能性も決してゼロではありません」(前出・芸能ライター) これまでドラマ、映画と出演作には恵まれてきた武井だが、これといった代表作がないのも正直なところである。鉄の掟を破ったことで「戦力外通告」されないように頑張ってほしいものだ。 文・阿蘭澄史 [全文を読む]

オスカーは反面教師!? 局から“好まれるバーター”“嫌われるバーター”とは

サイゾーウーマン / 2012年06月26日08時00分

上戸彩が仕事をセーブし始めた時期、同社は福田沙紀をゴリ押ししていましたが、結果的に鳴かず飛ばず。武井がドラマやCMと、次々に出演をこなすようになって、剛力を始めとした若手のバーター出演が途端に活性化しましたから」(芸能プロ関係者) 大手プロの中でも、最もノリに乗っていると言われるオスカー。現在、武井と剛力がテレビに出ずっぱり状態であることについては「オスカ [全文を読む]

『べっぴんさん』の井頭愛海さんはじめ出身若手も続々台頭 「全日本国民的美少女コンテスト」が3年ぶりに開催

日本タレント名鑑 / 2017年02月22日10時55分

上記のほかにも、剛力彩芽さん、河北麻友子さん、福田沙紀さん、忽那汐里さんら人気の女優・モデル・タレントら輩出しています。この中では、河北さんのみグランプリを受賞していますが、米倉さん、上戸さん、武井さんを含め、それ以外はすべてグランプリではなく部門賞の受賞です。剛力さんにいたっては2002年の第8回大会の予選で敗退しています。 同コンテストの審査の基本的 [全文を読む]

BIGBANG T.O.P&上野樹里によるグローバルプロジェクトがついに!日韓の男女役者出演ウェブドラマが11月公開へ

スポーツソウルメディアジャパン / 2015年09月16日11時44分

ユ・インナ、キム・ガンヒョン、イ・ジェユン、シン・ウォンホ、チョン・ユミ、コ・スヒと、福田沙紀、小出恵介、賀来賢人などが作品に出演し、完成度をよりいっそう高める。演技、DJなど多忙面で活躍中のユ・インナは、今作で公演チームの団員であり春夏のルームメイトのエイミ役を演じる。致命的な魅力で男性たちのハートをつかむ人物で自称恋愛博士でもある。ドラマ「Heart [全文を読む]

ドラマ「アイドルマスター.KR」主演グループ「Real Girls Project(R.G.P)」が初来日へ

Wow!Korea / 2016年12月01日11時45分

このイベントは、日韓の交流を目的に開催されている文化イベントで、女優福田沙紀さん、江原道立芸術団ほか、バラエティ豊かなゲストが出演する。イベントは入場無料だ。【「第2回韓日文化キャラバン~平昌・長野の冬~」概要】日程:12月17日(土)13:00 - 18:00会場:メルパルク長野イベントホール [全文を読む]

「日本大コケ映画祭」(6)興行収入ワースト1位はオスカーの“元祖”ゴリ押し女優

アサ芸プラス / 2016年07月19日09時58分

その名作を当時、オスカープロモーションのいわゆる“ゴリ押し女優”だった福田沙紀主演でリメイクしたのが08年。これが邦画史上に燦然と輝く大コケ映画となってしまった。 配給側は興収15億円を目標にしたというが、そもそもの映画化プランが事務所の提案ということもあり、共演も同事務所の若手ばかり。よって「オスカーのPR映画」と揶揄された同作は、初日から閑古鳥すら鳴か [全文を読む]

「セーラー服と機関銃」が大コケの橋本環奈が今後、気にすべきポイントとは?

アサ芸プラス / 2016年03月17日09時59分

唯一の例外は福田沙紀の『櫻の園』。そのワガママぶりで評判を落としていた福田にとって、歴史的な不入りは致命傷になったと言われています」 現在はアイドルグループの一員として活動している橋本だが、いずれは女優として独り立ちすることが既定路線だろう。そんな彼女が今後、気を付けるべきことは、入念な下調べだという。テレビ誌のライターが指摘する。「次のステップでは出演ド [全文を読む]

第14回全日本国民的美少女コンテスト マルチメディア賞を決める一般投票開始!!

DreamNews / 2014年07月14日17時30分

◆過去の主な受賞者・出場者一覧藤谷美紀(第1回グランプリ)/細川直美(第2回グランプリ)/小原光代(第3回グランプリ)/小田茜(第4回グランプリ)/今村雅美(第5回グランプリ)/佐藤藍子(第6回グランプリ)/米倉涼子(第6回審査員特別賞)/須藤温子(第7回グランプリ)/上戸彩(第7回審査員特別賞)/渋谷飛鳥(第8回グランプリ※マルチメディア賞とW受賞)/阪 [全文を読む]

小西真奈美、主演映画がお蔵入りになった意外な理由

サイゾーウーマン / 2012年06月18日08時00分

【関連記事】・30歳小西真奈美の前で、「結婚は30歳までに」と福田沙紀が爆弾発言・加瀬亮がオファーを蹴った!? 瑛太&窪塚洋介が出演のあの映画 ・『JIN』映画化は実現不可能!? 綾瀬はるかの出演拒否の裏事情 [全文を読む]

フォーカス