結婚 竹内力に関するニュース

桐谷美玲「愛されたいもん、結婚するなら」結婚&恋愛観を語る

Entame Plex / 2015年08月31日23時50分

結婚するならあっち(愛される側)ですけど、お付き合いするなら『私が好きな人』」と返答し、「だって愛されたいもん。結婚するなら」などと意味深な発言も飛び出した。 坂口も「(付き合うなら)自分が好きになりたいですね。追いかけたい」と自身の恋愛観を語る。 次の話題として、「利太 or 康祐。役柄として個人的にはどちら派?」を女性陣に出題した。山﨑と坂口が目をつ [全文を読む]

山﨑賢人と坂口健太郎、イマドキ男子も恋は“狩り”に行くタイプ?【写真満載&詳細レポ】

Woman Insight / 2015年08月31日21時13分

私も結婚するなら絶対アッチ(私が……のほう)。お付き合いするなら、『私が好きな人』。(その差はなんですか?と聞かれ)だって愛されたいですもん、結婚するなら(笑)」と。 山﨑さんも同じく『私が……』派。「本気になる……本気になる……本気じゃないですか。自分が好きなほうが本気じゃないですか」と、なぜか“本気”を連呼する山﨑さん。坂口さんも「自分が好きになりたい [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】桐谷美玲、結婚するなら“自分を好きな人”と。「だって愛されたいもん」

TechinsightJapan / 2015年08月31日19時58分

結婚するなら絶対あっち(私を好きな人)。だって愛されたいもん。結婚するなら」と答えて、会場を沸かせた。 また、同じく“私が好きな人”を選んだ山崎は「自分が好きな方が本気じゃないですか」、坂口も「自分が好きになりたいですね。劇中でも僕は(はとりのことを)好きだったので」と肉食男子の一面を見せた。 同プレミアには他に、福田彩乃、我妻三輪子、高橋メアリージュン、 [全文を読む]

桐谷美玲、山崎賢人、坂口健太郎、つき合うなら「私が好きな人」

Movie Walker / 2015年08月31日19時39分

結婚するなら私を好きな人、おつき合いするなら私が好きな人。だって結婚するなら愛されたいもん」と答えた。 山崎も「これはもう、こっち(私が好きな人)です。自分が好きな方が本気になれる」と言うと、坂口も「僕も自分が好きになりたい。やっぱり追いかけたいです」と笑顔で語ると、会場の女性陣から「キャー!」と声が上がった。 「私を好きな人」と答えた高橋は「昔は私が好き [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】真木よう子、“竹内力のLINEスタンプ”がお気に入り。酔うとこれでもかというほど連投。

TechinsightJapan / 2015年01月16日21時25分

共演を熱望するほど東出の大ファンだった真木だが、彼の元旦結婚はショックだったそうで「ねぇ、本当にもう...」と言いながらも表情はニコニコ。加えて今回のドラマ共演者らとは気が合うらしく、撮影現場は楽しそうだ。 次の『ノンストップ!』(フジテレビ系)では、視聴者からの質問に真木はハキハキと答えていた。大人のショートカットのお手本として彼女の髪型は人気だが、時間 [全文を読む]

三浦大輔が「馬主」として熱く語る有馬記念「夢の、夢の、そのまた先の夢の舞台」

週プレNEWS / 2016年12月24日06時00分

「入団4年目に結婚したんだけど、それがちょうど有馬の週だったんですよ。で、新婚旅行に行くとき、知人にお金を預けて、旅先から電話をして枠番を確認してから、これとこれを買ってくれって頼んだのを覚えています。6番人気のマヤノトップガン(1着)からで5点流しで。でも…2着が抜けていた(苦笑)」 三浦さんにとって有馬記念は、風物詩のような存在となっていった。それか [全文を読む]

清水健太郎の結婚会見に、ワイドショー「映像は次に何かあったときの資料用に撮っただけ」

日刊サイゾー / 2014年10月16日11時00分

12日、俳優で歌手の清水健太郎(62)が都内で会見し、所属する個人事務所社長の瑞穂さん(44)と結婚したことを発表したが、この会見はかなり異常な雰囲気の中で行われたという。 「会見場に指定されたのは、都内のクラブ。そこでは、11日に誕生日だった清水の誕生パーティーも行われていたようだが、招待客は明らかにヤバイ筋ばかり。おまけに、清水が『コンプライアンスの問 [全文を読む]

90年代グラビア女神(2) 「トゥナイト2」 岡元あつこ

アサ芸プラス / 2012年07月11日11時00分

いつも見ているからか、興味ないみたい(笑)」 05年にサッカー元日本代表選手の柳本啓成と結婚。現在は奈良県でジュニアチーム「YF奈良tesoro」のGMを務める夫をサポートしているが、人妻になっても94センチを誇る自慢のGカップは健在だ。ウエストからヒップラインへの柔肌は、艶やかさを増すばかり。 「熟女と呼ばれることは、光栄ですよ。先日、大阪のミナミで、熟 [全文を読む]

フォーカス