大人 上杉隆に関するニュース

炎上「人工透析患者は自業自得」発言に、上杉隆氏が猛反論する理由

まぐまぐニュース! / 2016年09月28日04時30分

その間、わたしを含む3人の子どもは15歳になるまで、東京都などからの公的な支援を受けることで大人になることができた。都知事選で「東京への恩返し」とわたしが言い続けたことはそのためである。 当時から人工透析は極めて高価な医療行為であった。父が、家族とともに過ごし、仕事を再開できたのも、人工透析があったからに他ならない。都営住宅への入居、医療費の負担などの公的 [全文を読む]

大新聞の誤報謝罪記事 言い訳がましさ小学生並みと識者指摘

NEWSポストセブン / 2012年11月03日16時00分

大人力コラムニストの石原壮一郎氏が、「大新聞を反面教師にした大人の謝罪」方法を伝授する * * * ちょっと前に、iPS細胞(新型万能細胞)の移植手術がらみで、例のおじさんの話を鵜呑みにして大誤報をしてしまった読売新聞が、またやってしまいました。兵庫県尼崎市の連続遺体遺棄・行方不明事件で、傷害致死罪などで起訴されている角田美代子被告の顔写真として、まったく [全文を読む]

OLたちが好き勝手に選ぶ都知事候補。やっぱりルックスとイメージ?

週プレNEWS / 2016年07月29日15時00分

(夏場、部屋では全裸で過ごす商社・25歳) ●モノがわかる人ご推薦 都知事選、全然わからないのですが、行きつけの飲み屋のモノがわかる(ように見える)大人の方たちは皆「やっぱり、増田さんだな」と言っているのを聞いて「そうか、増田さんに入れよう!」と思っています。知名度だけじゃなくて、やっぱり地味でもきちんと仕事をする人がいいらしいですね(大人の方たちの受け [全文を読む]

2015年まぐまぐ大賞&MAG2 NEWS賞が発表!栄冠はどのメルマガに?

まぐまぐニュース! / 2015年12月30日23時00分

人気記事 プロが認めた、たった1つの「ユニクロ」で大人の色気を上げる方法 総合大賞3位 『週刊MEGA地震予測』 各地に設置される「電子基準点」のデータを、JESEA(地震科学探査機構)が解析し、そこから判明した揺れの前兆現象を、地震予測として提供。南海トラフ地震・首都直下地震といった、来るべき大災害に備えるため、高い防災リテラシーや正確な地震の知識を身 [全文を読む]

交際報道の上杉隆と知花くららに知人「もう破局しそうです」

NEWSポストセブン / 2013年05月23日16時00分

5月17日、元ミス・ユニバースの知花くらら(31才)と、元ジャーナリストの上杉隆氏(45才)の“大人愛”がスポーツ紙で報じられた。知花の所属事務所は報道について否定も肯定もしなかったが、両者を知る人たちは次々にコメントしていった。 まずはミッツ・マングローブ(38才)。報道があった当日、情報番組『5時に夢中!』(TOKYO MX)に生出演。知花と上杉氏はミ [全文を読む]

若槻千夏のマジギレが原因?「クイズ☆スター名鑑」の路線変更に不満の声

アサ芸プラス / 2016年11月02日17時58分

「11月30日に放送された第2回では、芸能人が描いた自身の似顔絵を見て、その人物を当てるクイズなど、初回と比べると大人しめな企画が目立ちました。また司会のロンブー淳も、『ファミリー向け』という言葉を前面に出していたことで、他の芸人からは『今日はなんかおかしいなぁ』『人が変わった』とツッコまれる一幕も。この流れに対し、視聴者の間では『なんだか今週は企画がぬる [全文を読む]

Kダブシャインが批判を恐れ口をつぐむ日本の音楽状況を批判!「今のアーティストは自主規制を当然と考えている」

リテラ / 2016年09月15日12時30分

本来、音楽はもっと反抗的であって然るべきなんですよ」 ロックやヒップホップというジャンルは生まれた当初から体制や大人の良識といったものに歯向かうものとして存在してきた。前述したようにKダブシャイン自身〈一部の事務所やスポンサー企業に関して触れないのいささか異様 もしかして業界ぐるみで偽装 つっこむと皆言う「あいつは不器用」〉(「自主規制」)、〈ネトネト粘着 [全文を読む]

ゴーゴル#52(2013年11月号)

ParOn.(パーオン) / 2013年11月05日00時00分

内容紹介◆特集 絆を深める腕時計◆特別寄稿 ジャック・ニクラス、夢の彼方へ/ミュアフィールドヴィレッジ◆コラム/Go!gol.Lounge ツアー談義・戸張 捷 芝生の上では、人が丸見え・岩崎俊一 ◆新連載 上杉隆の大地の歩き方/葛城ゴルフ倶楽部◆好評連載 米国式デザインの美学/富士クラシック トップの横顔/株式会社エアウィーヴ 高岡本州代表取締役社長 内 [全文を読む]

矢口真里も好き『ONE PIECE』 互いに補い合うところが人気

NEWSポストセブン / 2012年04月01日07時00分

子供から大人まで大人気のコミックだが、読んだことのない人にとっては、何が魅力かわからない。そんな初心者に教える『ONE PIECE』の人気の秘密とは―― ルフィのこんなセリフがある。 「おれは剣術を使えねェんだコノヤロー!!! 航海術も持ってねェし!!! 料理も作れねェし!! ウソもつけねェ!! おれは助けてもらわねェと生きていけねェ自信がある!!!」 [全文を読む]

ダルビッシュからサインに首振られた捕手 不満ぶちまけてた

NEWSポストセブン / 2012年03月20日07時00分

「本人はメディアに“コミュニケーションが取れている証明”と大人の対応をしたが、旧知の記者やチームメートには不満をぶちまけていた」(米紙コラムニスト) 日本メディアが「同世代のよき理解者」と紹介した左腕エースのD・ホランドともギクシャク気味。 「キャンプ当初はキャッチボールの相手をしていたが、突然ダルが“今日は投げない”といったことから、身勝手な奴だと腹を [全文を読む]

小泉今日子、中村獅童、山口達也など湘南に住む芸能人増加中

NEWSポストセブン / 2012年02月28日07時00分

ドラマ『最後から二番目の恋』(フジテレビ系)では、鎌倉を舞台に、小泉今日子(46)演じる千明と、中井貴一(50)演じる長倉の大人の恋模様が描かれる。撮影は湘南界隈を中心に行われていることもあり、休日になると、ロケ地には多くの女性たちが集まる。 湘南――それは神奈川県相模湾沿岸エリアのことだが、いまこの地に有名人が次々に転居してきている。 ドラマの役柄と同じ [全文を読む]

フォーカス