川内原発 九州電力に関するニュース

桜島の噴火警報から、海外メディアが注目する原発問題

NewSphere / 2015年08月18日11時52分

他の海外メディアでもこのニュースを、再稼働が始まったばかりの川内原発と絡めて報じる例が目立つ。それらの記事は、川内原発の再稼働に対して、火山対策の面からも懸念の声があることを伝えている。一方、インターナショナル・ニューヨーク・タイムズ紙(INYT)は、環境・原子力問題の専門家による「日本のプルトニウム問題」と題する論説を掲載した。◆「原発に近い火山」。川 [全文を読む]

熊本で震度7! 川内原発にこの規模の地震が直撃していたら...再稼働した原発の甘すぎる地震対策

リテラ / 2016年04月15日08時00分

ご存じの通り、川内原発は昨年8月に再稼働し、現在、日本で唯一稼働している原発だからだ。 今回の地震での薩摩川内市の揺れは震度4で、九州電力は通常通り運転していると発表したが、これがもっと強い揺れが襲っていたらどうなっていたのか......。そう想像せざるを得ないのは、川内原発は地震の想定が甘すぎるまま再稼働に踏み切られていたからだ。 たとえば、九州電力は、 [全文を読む]

「九州電力は恥を知れ」 川内原発「再稼働」に反対する市民が東京支社前で抗議

弁護士ドットコムニュース / 2015年08月11日19時57分

参加した市民の一人は、マイクを片手に「九州電力は国民の声を聞かずに再稼働させた」「火山に囲まれて老朽化した川内原発を再稼働させる理由はあるのか?」と、街ゆく人々や九州電力の入るビルに向かって訴えかけた。 九州電力東京支社は弁護士ドットコムニュースの電話取材に対して、「東京支社前での抗議活動について、コメントすることはない」と答えた。 【動画】九州電力・川 [全文を読む]

川内原発再稼動に市が同意 近隣自治体、恩恵なくリスクのみ…アンフェアと海外指摘

NewSphere / 2014年10月29日12時01分

川内原発1、2号機は、原子力規制委員会が、新規制基準に適合したと結論付けていた。実際の再稼動は早くても来年になる見通しだ。 ◆福島の事故以来の状況 日本の原子力発電所は、福島第一原発事故以来、段階的に停止され、昨年からは国内の48基全てが稼動停止している。 事故以前には電力の30%を供給していた原子力発電所の稼働停止によって、日本はエネルギーを高価な化石 [全文を読む]

【熊本地震】川内原発停止を叫んだ4.19反原発官邸前デモ、仲間内でも懐疑的な声が……

日刊サイゾー / 2016年04月24日19時00分

熊本地震では、鹿児島・川内原発に事故の懸念も広がり、共産党や反原発団体が運転停止を求めているが、逆に九州の人々からは「今止めれば被災地の電気復旧の妨げになる」という反発も出ている。九州電力を取材してきた地元紙記者によると「今回の地震で安全上の問題は生じていないのが結論」だという。 「既定では、想定される最大の震動が620ガルとされているんですが、原発はそれ [全文を読む]

桜島大規模噴火の予兆で川内原発は大丈夫か? 規制委・田中委員長の信じがたい無責任な対応

リテラ / 2015年08月24日12時00分

だとすると、気になるのが、2週間前に再稼働になった川内原発への影響だ。川内原発は桜島から50キロの場所にあるが、その桜島は「姶良(あいら)カルデラ」という巨大火山の一部で、この巨大火山が噴火した場合、川内原発も壊滅的な被害にあうことが予想されている。 実際、川内原発を再稼働させた九州電力も3万年前に起きた姶良カルデラの破局的噴火の際、火砕流が川内原発のあ [全文を読む]

川内原発をも埋め尽くす「カルデラ破局噴火」の兆候。九州に壊滅的な危機が?

週プレNEWS / 2015年03月03日06時00分

川内原発は火砕流で埋め尽くされる! では、霧島火山帯でかつて起こった破局噴火によって、どのような被害が起こったのか? 石黒氏が解説する。 「2万2000年前頃の姶良カルデラ噴火を例にとれば、最初の一撃で富士山2個分にあたる深さ10km、直径約20kmの岩盤が吹き飛び、その後も1メガトン級の核爆弾を毎秒100発爆発させるほどのマグマ熱量が実に5時間にわた [全文を読む]

規制委トップ、再稼働審査事実上合格の川内原発「安全とは言えない」 甘い基準露呈

Business Journal / 2014年08月08日01時00分

原子力規制委員会(田中俊一委員長)は7月16日、九州電力が昨年7月8日に提出した川内原発(1~2号機、鹿児島県)の設置変更許可申請に対して「新たな規制基準に適合している」との審査書(案)を発表。これを受け報道各社は「事実上の審査合格」と一斉に報じた。以降、8月15日まで1カ月間の意見聴取後、正式な審査書がまとめられる。並行して現在、パブリックコメント【編註 [全文を読む]

川内原発、再稼働は誰が決める? 責任ぼかす政府・規制委に海外から批判

NewSphere / 2014年07月17日11時37分

フィナンシャル・タイムズ紙(FT)は、九州電力が作成した400ページに及ぶ審査報告書が了承されたことにより、「川内原発は大きな自然災害やテロにも耐えると判断された」と報じた。これは、今後日本で行われる審査のテンプレートになる、と予想している。 安倍首相は訪問先の宮城県で、記者団に「再稼働に向けて地元の理解を求めていきたい」などと語ったという。川内原発がある [全文を読む]

御嶽山噴火、原発再稼働への影響は? 政府は否定も、海外メディア注目

NewSphere / 2014年09月30日11時40分

鹿児島県にある川内原発については、原子力規制委員会が9月10日に、原子力施設の安全に関する新規制基準に適合しているとする「審査書」を正式決定している。この判断についてもロイター(米)は触れている。 ロイター(英版)は、川内原発が、日本に110ある活火山のうちの1つ、桜島から50kmの位置にあることを伝える。また、ロイター(米)は、川内原発の周囲には、過去 [全文を読む]

川内原発の再稼働は凍結すべきとするパブリックコメントを提出しました

PR TIMES / 2014年08月18日16時59分

これに対し、生活クラブ連合会は8月8日、川内原発の再稼働は凍結すべきとするパブリックコメントを提出しました。全文は以下の通りです。意見はじめに 生活クラブ連合会は、32の会員生協からなる生活協同組合の事業連合です。34万人の組合員に対して安全な食べものを提供することを最大の使命とし、海や空に放射性廃棄物を放出する原子力発電所は受け入れられないという立場で [全文を読む]

「M8九州大地震が近い」戦慄データ続出の不気味(3)原発の過酷事故が懸念される

アサ芸プラス / 2013年02月21日09時58分

九州での巨大地震で憂慮されるのが、佐賀県の玄海原発(九州電力)と鹿児島県の川内原発、四国は愛媛県の伊方原発である。 中でも心配されるのが玄海原発1号機だ。 地元記者が言う。 「玄海原発1号機は日本で最も危険な原子炉の一つと言われています。1号機が運転を開始したのは36年前のこと。その鋼鉄製の原子炉圧力容器は、老朽化で非常にもろくなっている。巨大地震発生の際 [全文を読む]

【永田町炎上】知事選の結果に翻弄される「原発・エネルギー政策」

デイリーニュースオンライン / 2016年10月30日16時05分

■安全審査に合格した川内原発にイチャモンをつける三反園知事 三反園といえば8月26日、「熊本地震で県民の不安が高まった」などとイチャモンをつけ、九州電力川内原発を一時停止し、再点検するように申し入れた。むろん知事風情に原発を止める権限はないが、地元との軋轢を避けたい電力会社は立地自治体と事前の了承などを定めた「協定」を個別に結んでいるのが通例だ。「協定」 [全文を読む]

【生活クラブ生協・東京】九州電力川内原発再稼働に抗議し、運転停止・廃炉を求める意見書を提出しました

PR TIMES / 2015年08月28日20時04分

多くの人々が原発再稼働への疑問や反対の声をあげる中、2015年8月11日に九州電力川内原発1号機が再稼働されてしまいました。原発周辺の住民や関係自治体への説明会も十分には行なわれておらず、緊急時の避難計画や、火山噴火時の検証等も不十分です。さらに、東京電力福島第一原発事故の事故原因解明もいまだ行なわれていません。生活クラブ生協・東京理事会では、九州電力川内 [全文を読む]

【警告】桜島大噴火したら「再稼働の川内原発壊滅」、「放射性物質入り火山灰が日本全土に飛散」!?

tocana / 2015年08月25日10時00分

この状況下で懸念されるのが、川内原発は本当に大丈夫なのかということだ。九州電力は「現時点で、影響があるとは考えていない」としているが、後述するように、多くの地震学者はその見解に疑問をもっている。【その他の画像はこちらから→http://tocana.jp/2015/08/post_7154.html】 南九州は活火山の密集地帯であり、川内原発がある川内市は [全文を読む]

原発再稼働…「巨大カルデラ噴火リスク」に対する九電の主張

WEB女性自身 / 2015年08月20日06時00分

政府は原子力規制委員会が策定した 世界で最も厳しい規制基準 に川内原発が適合したことを受け、今後も新基準に適合するほかの原発の再稼働を加速していく勢いだ。 しかし、本当に安全対策は万全なのか。川内原発周辺には活発な活動を続けている火山がいくつも点在しており、火山や地震を研究している学者たちからは、火山噴火による危険性を指摘する声は少なくない。神戸大学大学院 [全文を読む]

九電川内原発、なぜ再稼動一番手に?“談合破り”の裏に厳しい財務事情、全国で再値上げも

Business Journal / 2014年04月09日01時00分

原子力規制委員会は川内原発1、2号機の審査を優先して進めることを決め、早ければ今夏中にも再稼動となる。 昨年7月に施行された原発の安全性に関する新規制基準で、地震や津波対策が強化され、テロも含めた過酷事故への備えが義務付けられた。現在、8電力会社の10原発17基が安全審査を申請している。北海道電力泊原発(北海道)、関西電力の大飯原発(福井県)と高浜原発(同 [全文を読む]

川内原発の即時停止とすべての原発の再稼働中止を求めます 生活クラブ生協連合会が首相、原子力規制委員会あてに意見書を提出

PR TIMES / 2016年04月19日18時51分

生活クラブ生協連合会は、川内原発の即時停止と日本のすべての原発の再稼働中止を求める意見書を、内閣総理大臣と原子力規制委員会あてに4月19日に送付しました。 生活クラブ生協連合会が提出する意見書の全文は以下のとおりです。 内閣総理大臣 安倍晋三 様 原子力規制委員会委員長 田中俊一 様 わたしたちは、九州電力川内原子力発電所の即時停止、日本のすべての原子力 [全文を読む]

【注意】2ちゃんねるとTwitterで熊本地震のデマ拡散「川内原発火事」など

しらべぇ / 2016年04月14日22時57分

■デマその(2) 川内原発で火災ふたつめのデマは、鹿児島県にある川内原発で火災が発生したということ。Twitterアカウント「長谷川亮太 @nanj_haseggaaaa」がつぶやいたデマ情報を元に2ちゃんねるにスレッドが立った。川内原発で火事 pic.twitter.com/VvnYmuJVm7— 長谷川亮太 (@nanj_haseggaaaa) Apr [全文を読む]

時事通信が選ぶ国内10大ニュース

インフォシーク / 2015年12月28日14時00分

第4位 川内原発が再稼働九州電力川内原発1号機の原子炉建屋(奥)と、再稼働に抗議する人たち=8月11日、鹿児島県薩摩川内市【時事通信社】 九州電力は8月11日、川内原発1号機(鹿児島県薩摩川内市)の原子炉を起動し、再稼働させた。9月10日には営業運転に移行した。2011年3月の東京電力福島第1原発事故を受け、原子力規制委員会が策定した新規制基準に基づく原発 [全文を読む]

フォーカス