予想 九州電力に関するニュース

川内原発、再稼働は誰が決める? 責任ぼかす政府・規制委に海外から批判

NewSphere / 2014年07月17日11時37分

これは、今後日本で行われる審査のテンプレートになる、と予想している。 安倍首相は訪問先の宮城県で、記者団に「再稼働に向けて地元の理解を求めていきたい」などと語ったという。川内原発がある薩摩川内市の岩切秀雄市長も「川内原発は厳しい基準を満たした。私は安全だと理解している」と語ったという。 また、原子力規制委員会の田中俊一委員長は審査結果を了承した会合の席で、 [全文を読む]

玄海原発3・4号炉を再稼働せずに廃炉にすることを求めます 生活クラブ連合会がパブリックコメントを提出

PR TIMES / 2016年12月13日16時47分

また、玄海原発から30キロ圏の人口の約1割が離島に住み、事故が起こったとしても船やヘリコプターを使っての避難は、困難が予想されます。 生活クラブ連合会は、玄海原子力発電所3、4号機は再稼働せずに、廃炉にすることを求めるパブリックコメントを提出しました。提出したコメントは以下のとおりです。 ○意見提出箇所(全体) 福島第一原子力原発の事故による放射能の環境汚 [全文を読む]

遠のく原発再稼働…7200ページで申請の九電も「不十分」 結論なき規制基準の課題を海外紙指摘

NewSphere / 2014年05月07日18時00分

これまで、日本国内の原子力発電所の再稼働は、5月か6月と予想されていた。しかし、専門家の最近の予想では、電力消費が急増する夏に間に合わない、とみられているようだ。原子炉の安全基準適合の判断が予想よりも長引いているためだ。 一方、日本は「原発外交」を進めている。安倍首相とフランスのオランド大統領は4日、パリで会談し、「平和的核開発の強化」に合意した。 【規制 [全文を読む]

■メガソーラー事業第一弾 九州最大規模のメガソーラーを建設・運営します(ニュースリリース)

PR TIMES / 2012年07月11日13時52分

今後、国内では低炭素社会の実現に向けて、メガソーラーの建設が活発化していくと予想されます。自治体や各企業が保有する未利用地などを活用したメガソーラーの計画について、大和ハウスグループが永年培ってきた技術力を活かし、企画から開発、工事、運営管理までワンストップのサービスを提案し、2012年度に10MW、2014年度までに太陽光発電と風力発電をあわせて計70 [全文を読む]

桜島噴火で“再稼働“川内原発が危ない! 火山専門家が警告するも原子力規制委・田中委員長が無責任対応

リテラ / 2016年02月06日08時00分

やはり予想されていたとおりだ。昨日午後7時前、鹿児島の桜島で爆発的噴火が発生した。高さ約2200メートルまで噴煙があがり、噴石が火口から1キロ以上先まで弧を描いて飛散していることが確認された。これをうけ、気象庁の噴火警戒レベルが3に上げられた。 桜島は昨年8月、急激な地殻変動が観測された。一度は初めて噴火警戒レベル4(避難準備)まで引き上げられ、9月には爆 [全文を読む]

桜島大規模噴火の予兆で川内原発は大丈夫か? 規制委・田中委員長の信じがたい無責任な対応

リテラ / 2015年08月24日12時00分

川内原発は桜島から50キロの場所にあるが、その桜島は「姶良(あいら)カルデラ」という巨大火山の一部で、この巨大火山が噴火した場合、川内原発も壊滅的な被害にあうことが予想されている。 実際、川内原発を再稼働させた九州電力も3万年前に起きた姶良カルデラの破局的噴火の際、火砕流が川内原発のある地点まで到達したことを認めている。 だが、再稼働当日の記事でも指摘した [全文を読む]

川内原発再稼働は冬以降か 遅延相次ぐ アベノミクスに悪影響と英誌

NewSphere / 2014年08月07日17時53分

しかし、周辺環境に配慮した対策のための「工事計画」について追加の詳細な書類を提出することも求めており、九電によるその作成が遅れていることから、再稼働は2015年にずれ込むのではないかとの予想だ。【再稼働はいつになるのか】 九電の広報担当者は、再稼働までの日程は確定しておらず、追加の書類提出は9月末から10月になるだろうと説明した(NHK)。九電は、「(再稼 [全文を読む]

九電川内原発、なぜ再稼動一番手に?“談合破り”の裏に厳しい財務事情、全国で再値上げも

Business Journal / 2014年04月09日01時00分

●忍び寄る債務超過の危機 原発への依存度が高かった九電の14年3月期連結決算における最終損失は、1250億円の予想であり、3期連続の赤字になる。過去の利益の蓄積である利益剰余金(単体)が、3月末にゼロになる見通しだ。火力発電用の代替燃料費がかさみ、九電は昨春、企業向けで11.94%、家庭向けで同6.23%の値上げを実施したが、値上げ後も大幅な赤字が続くのは [全文を読む]

2013年は“電気倒産”する企業が出現する?

週プレNEWS / 2013年01月03日10時00分

元経産官僚で慶應義塾大学大学院教授の岸博幸氏に電気代の値上げ予想をお願いした。 「2013年、電力料金は大変なことになります。すでに東京電力は震災前と比べて約2割は上がっています。残念ながら、2013年はほかの電力会社も2割はいかなくとも15%ぐらい上げてもおかしくはないでしょう。関電と九電の動きがほかの電力会社にも連鎖して、まず10%近く上がる可能性は大 [全文を読む]

「九州の和酒で乾杯!- 九州観光・物産フェア2016 -」

DreamNews / 2016年09月02日12時30分

また、当日は混雑が予想されることから、「利き酒3杯セット」の前売チケットの販売をします。前売券を購入された方には、その場で抽選を行い、九州の酒蔵へのご招待チケットや、日本酒などの九州の景品が当たります。*和酒(わしゅ)とは「日本の風土と文化で生まれた、 人と人をつなぐお酒」のこと。「和酒で乾杯!」を合い言葉に、和酒をもっと知り、感じ、共有します。和酒、酒蔵 [全文を読む]

平成28年熊本地震 今後の注意点

tenki.jp / 2016年04月15日14時05分

→九州地方の雨雲の動き(予報) →熊本県の警報・注意報発表状況 ●あすから雨、17日は大雨のおそれも 西から前線を伴った低気圧が近づいてきているため、あす16日の夕方からあさって17日の昼にかけて、熊本県周辺では雨が予想されています。とくに17日は暖かく湿った空気が流れ込み大雨となる恐れがあります。まだ避難されていない方も、ご自宅の周辺に斜面や崩れやすい [全文を読む]

ハンファQセルズジャパン佐賀相知太陽光発電所の太陽電池モジュールに採用

PR TIMES / 2016年02月17日11時58分

本発電所の稼働開始後は、年間予想発電量2,386万3,147kW/h、一般家庭の約4,223世帯の年間消費電力を賄う、メガソーラーとなります。それに伴うCO2の削減量は、年間で約1万4,500トンにのぼります。平成30年4月稼動(予定)後、売電先である九州電力経由で、クリーンなエネルギーが活用されることとなります。 Qセルズは、環境先進国ドイツで培った経 [全文を読む]

夏のボーナス トヨタ役員平均7377万円、関西電力ゼロの明暗

WEB女性自身 / 2015年05月22日06時00分

今夏は、平均で過去最高の伸び率を記録した昨年夏よりもさらに3%多くなるという予想も出ている。経済アナリストの森永卓郎さんは、今夏の傾向についてこう語る。 「自動車などを代表とする輸出産業や、銀行や証券などの金融機関は依然として好調です。アベノミクスによる株高や円安の恩恵を受けて業績がアップした結果、ボーナスも増加したのでしょう」 たしかに、営業利益2兆7千 [全文を読む]

川内原発再稼働へ 海外メディア、反対派の声を伝えつつ再稼働には理解

NewSphere / 2015年04月25日17時45分

地域で起きうる地震の規模をいくらかの範囲に限定する予想は、間違いなく十分とはいえない」 また、鹿児島には活発な活動を続ける桜島などの火山もある。ガーディアンは、「噴火の予知能力は、不十分であるとわかっている」、「(火山の巨大)噴火の見込みが低いとの九電の主張には、根拠がない」との原告の意見を取り上げた。◆政府原案では原発再稼働の方針 しかしながら同時に、国 [全文を読む]

想定甘い、日本の太陽光発電固定買取 “ドイツの失敗活かせず”と英誌

NewSphere / 2014年12月01日11時40分

日本最大の太陽光プロジェクトのトップを務める山崎養世氏は、日本政府は、600億ドルを次の20年間に再エネ買取のため費やすと予想。同氏は、金は使いようだと言い、化石燃料に多額の出費をしている今、その負担を軽減するためにも、年金基金や低利の口座に縛られた莫大な日本の資産を、再エネプロジェクトに投資することを提案している(エコノミスト)。 ◆これからの電力供給 [全文を読む]

太陽光発電バブル崩壊? 再エネ買取制度、見直しへ 相次ぐ電力会社の買取中断も影響か

NewSphere / 2014年10月03日11時44分

そのため、政府や電力会社の予想以上に、多くの業者が太陽光発電に参入した。しかしその後は引下げが続き、現在の買取価格はキロワット時32円だ。 政府は、風力・地熱等の再生可能エネルギーの買取価格は据え置く一方で、太陽光発電の買取価格は毎年引き下げている、とブルームバーグは指摘している。そのため、買取価格が下がる前に認定を受けようと、太陽光発電業者が、年度末、申 [全文を読む]

原発再稼働へ大きな一歩 政府の圧力、世論無視と米紙批判

NewSphere / 2014年09月11日17時51分

予想を超える1万7800件のコメントが寄せられたが、その多くが火山活動の活発な地域にある、川内原発の安全性に非常に懐疑的だった、と同紙は述べる。 ブルームバーグは、川内原発での論争の焦点は、「世界で最も地震活動が活発な国が原発を持つべきか」にあると指摘。経団連は輸入に頼らない安定した原子力への回帰を支持するが、国内の世論調査では、原発反対が多数を占めるとし [全文を読む]

過去最強の台風8号が原発を襲う?

ニューズウィーク日本版 / 2014年07月08日15時16分

10日6時までの24時間に予想される雨量は沖縄地方では多いところで200ミリに達する見込みだ。 それでも今回の台風8号は、昨年11月にフィリピンを直撃した台風30号「ハイエン」の威力には及ばない。この台風の死者は6000人以上に達し、過去最大規模の被害を記録した。マリア・ガルーチ [全文を読む]

麻生兄弟 事業費1.6兆円「ビッグバン実験施設」誘致に血道

NEWSポストセブン / 2013年07月20日07時00分

参議院選挙で自民党が大勝し、国会のねじれ解消が予想されるなかで、自民党の「利権誘導政治」は走り出している。最大のプロジェクトといわれるのが、麻生太郎・副総理兼財務相の地元、福岡への「国際リニアコライダー」(ILC)の誘致だ。 これは福岡、佐賀両県にまたがる脊振(せふり)山系の地下に全長30~50キロの直線トンネルを建設し、両端から電子と陽電子を発射して光速 [全文を読む]

フォーカス