鹿児島 九州電力に関するニュース

謎のスポンサーが支援か!? 山本太郎の新党結成ウラ事情

東京ブレイキングニュース / 2014年03月19日11時19分

4月24日に行われる鹿児島2区の衆院補選に候補を擁立し、来年の統一地方選にも独自候補を出すつもりだという。そう言うと、またまたびっくりされた。 「なんですか、それは! 供託金没収確実なのに、よくそんなお金があるものですね!」 昨年の参院選で東京選挙区から当選した時をピークとして、山本氏の永田町の存在感はすっかり薄れていた。かろうじていえば秋の園遊会で、天皇 [全文を読む]

【熊本地震】川内原発停止を叫んだ4.19反原発官邸前デモ、仲間内でも懐疑的な声が……

日刊サイゾー / 2016年04月24日19時00分

熊本地震では、鹿児島・川内原発に事故の懸念も広がり、共産党や反原発団体が運転停止を求めているが、逆に九州の人々からは「今止めれば被災地の電気復旧の妨げになる」という反発も出ている。九州電力を取材してきた地元紙記者によると「今回の地震で安全上の問題は生じていないのが結論」だという。 「既定では、想定される最大の震動が620ガルとされているんですが、原発はそれ [全文を読む]

「原発ゼロ」が終わった日。川内原発再稼働を新聞各紙はどう伝えた?

まぐまぐニュース! / 2015年08月12日19時50分

昨年9月、政府は鹿児島県が策定した川内原発が事故を起こした際の避難計画を了承したが、それに基づく避難訓練は一度も行われていない。 次ページ>> 読売のある意味ブレない報道内容とは? 各紙の見出し 《朝日》:「リスク抱え原発回帰」「川内再稼働 新基準で初」《読売》:「川内原発 14日発電」「再稼働、臨界に到達」《毎日》:「再稼働 見切り発車」「火山対応後回し [全文を読む]

【永田町炎上】知事選の結果に翻弄される「原発・エネルギー政策」

デイリーニュースオンライン / 2016年10月30日16時05分

そんな大衆心理を巧妙に手玉に取って知事に上り詰めたのが米山や鹿児島知事の三反園訓というわけだ。 ■安全審査に合格した川内原発にイチャモンをつける三反園知事 三反園といえば8月26日、「熊本地震で県民の不安が高まった」などとイチャモンをつけ、九州電力川内原発を一時停止し、再点検するように申し入れた。むろん知事風情に原発を止める権限はないが、地元との軋轢を避け [全文を読む]

川内原発の再稼動審査で行われたおそるべき「非合法」! 手続きすっとばし、学者の警告無視、老朽化耐震審査の先送り...

リテラ / 2015年08月11日08時00分

また、海洋プレート内地震についても、1909年にM7.6の宮崎県西部地震が起きているが、石橋教授によれば、フィリピン海スラブは宮崎県西部だけではなく、鹿児島県から南西諸島まで続いており、鹿児島でも同じ規模のものが起きる可能性は十分あるという。そして、その場合、川内原発の震度は5強に達すると指摘している。 ところが、九州電力はこういったケースを一切検討 [全文を読む]

<川内原発再稼働>鹿児島県・三反園知事の主権者裏切り-植草一秀

メディアゴン / 2016年12月04日07時35分

本年7月10日に実施された鹿児島県知事選で新知事に選出された三反園訓氏が、定期検査で停止中の九州電力川内原発1号機(鹿児島県薩摩川内市)の再稼働を事実上容認する行動を示している。この選挙では川内原発の再稼働問題が最大の焦点になった。三反園氏は、川内原発の再稼働を推し進めた現職候補の伊藤祐一郎知事による県政を批判し、「原発のない社会を作ろう」「ドイツにならい [全文を読む]

電力自由化で激変!ためるべきポイント、カードとは?電力選びのサポートマガジン【ENERGYeye/エナジーアイ】最新6月号発売!

@Press / 2016年06月01日11時00分

■【ENERGYeye/エナジーアイ】Vol.006(June)号 目次 ●「電気料金×ポイント」総まとめ 電力自由化でポイントのため方、使い方が激変 ためるべきポイント、手持ちカードはこれだ!! ●見せます!電力会社26社のポイント還元率一覧 【一般電力】Web閲覧など、電気代以外でポイントをためよう 【エネルギー】還元率、提携ポイント数にばらつきあり [全文を読む]

熊本地震、最新情報2016.4.19~楽天ぼうさいネットより

インフォシーク / 2016年04月19日15時30分

日本航空様https://www.jal.co.jp/cms/other/ja/weather_info_dom.html全日空様http://www.ana.co.jp/fs/dom/jp/index.htmlソラシドエア様http://www.solaseedair.jp/prospect/フジドリームエアラインズ様http://www.fujidre [全文を読む]

熊本地震、最新情報~楽天ぼうさいネットより

インフォシーク / 2016年04月18日14時00分

日本航空様https://www.jal.co.jp/cms/other/ja/weather_info_dom.html全日空様http://www.ana.co.jp/fs/dom/jp/index.htmlソラシドエア様http://www.solaseedair.jp/prospect/フジドリームエアラインズ様http://www.fujidre [全文を読む]

宮崎県西都市におけるメガソーラー発電所完工のお知らせ

PR TIMES / 2016年02月25日15時06分

南九州自然エネルギーファンド第1号投資案件 自然電力株式会社(本社:福岡県福岡市中央区荒戸/代表取締役:磯野謙、川戸健司、長谷川雅也、以下「自然電力」)は、九州南部3県(鹿児島・宮崎・熊本)を主な投資対象地域とした「南九州自然エネルギーファンド」※の第1号投資案件となる「新茶第一太陽光発電所」を、2015年12月に完工し、2016年1月より商業運転を開始い [全文を読む]

桜島噴火で“再稼働“川内原発が危ない! 火山専門家が警告するも原子力規制委・田中委員長が無責任対応

リテラ / 2016年02月06日08時00分

昨日午後7時前、鹿児島の桜島で爆発的噴火が発生した。高さ約2200メートルまで噴煙があがり、噴石が火口から1キロ以上先まで弧を描いて飛散していることが確認された。これをうけ、気象庁の噴火警戒レベルが3に上げられた。 桜島は昨年8月、急激な地殻変動が観測された。一度は初めて噴火警戒レベル4(避難準備)まで引き上げられ、9月には爆発的噴火もみられた。しかしそれ [全文を読む]

【警告】桜島大噴火したら「再稼働の川内原発壊滅」、「放射性物質入り火山灰が日本全土に飛散」!?

tocana / 2015年08月25日10時00分

今月11日、鹿児島県川内市にある川内(せんだい)原発1号機が再稼働した。その直後の15日、52km離れた活火山である桜島で火山性地震が急増し、山体が誇張。噴火警戒レベルが初めて4(避難準備)に引き上げられた。鹿児島市内の3地区には避難勧告が出され、対象の全世帯が避難している。この状況下で懸念されるのが、川内原発は本当に大丈夫なのかということだ。九州電力は「 [全文を読む]

脱原発に必要な抑止力とは

ニューズウィーク日本版 / 2015年08月18日17時04分

今月、鹿児島の九州電力川内原発が13年7月施行の新規制基準を満たして初の再稼働を行う予定だ。 このまま日本政府が主張するように、原子力を日本の電源構成(エネルギーミックス)の20~22%(経済産業省「2030年時点で望ましい電源構成」案)まで復活するのを認めてもいいのだろうか。 原発は「夢の先進技術」ということになってきたが、基本はウランという奇妙な鉱石が [全文を読む]

川内原発再稼働へ 海外メディア、反対派の声を伝えつつ再稼働には理解

NewSphere / 2015年04月25日17時45分

鹿児島地方裁判所は22日、九州電力の川内原子力発電所1号機、2号機の再稼働中止を争う裁判で、「国の新しい規制基準に不合理な点は認められない」などとして、再稼働に反対する住民が行った仮処分の申し立てを退ける決定をした。川内原発1・2号機は既に、原子力規制委員会から新規制基準に適合していると認められている。九電は今年7月の再稼働を目指している。 今回の決定につ [全文を読む]

川内原発をも埋め尽くす「カルデラ破局噴火」の兆候。九州に壊滅的な危機が?

週プレNEWS / 2015年03月03日06時00分

阿蘇山(熊本県)や桜島(鹿児島県)など、活火山の多い九州。そこに異変が起きている。 もしかすると、数万年ごとにこの地で発生する九州を消滅させるほどの破壊力を持った“カルデラ破局噴火”が迫っているかもしれないのだ。本誌は現地に飛び、陸と空から調査した。 (前編はこちら→http://wpb.shueisha.co.jp/2015/03/02/44282/) [全文を読む]

故郷帰れぬ被災者、“虚しい待機”…映画『フタバから遠く離れて』に海外注目

NewSphere / 2014年10月27日11時30分

鹿児島では原発再稼働が前進 福島第一原発事故後、日本の全ての原発は運転を停止。国民の不安にもかかわらず、政府は再稼働を計画している、とRIAノーボスチは報じている。 原子力規制委員会は9月10日、九州電力の管理する川内原発1、2号機(鹿児島県)について再稼働の申請を認めた。地元もまた、鹿児島県薩摩川内市議会の特別委員会が10月20日、再稼働に賛成する陳 [全文を読む]

「M8九州大地震が近い」戦慄データ続出の不気味(3)原発の過酷事故が懸念される

アサ芸プラス / 2013年02月21日09時58分

九州での巨大地震で憂慮されるのが、佐賀県の玄海原発(九州電力)と鹿児島県の川内原発、四国は愛媛県の伊方原発である。 中でも心配されるのが玄海原発1号機だ。 地元記者が言う。 「玄海原発1号機は日本で最も危険な原子炉の一つと言われています。1号機が運転を開始したのは36年前のこと。その鋼鉄製の原子炉圧力容器は、老朽化で非常にもろくなっている。巨大地震発生の際 [全文を読む]

フォーカス