ポイント 九州電力に関するニュース

電力自由化で激変!ためるべきポイント、カードとは?電力選びのサポートマガジン【ENERGYeye/エナジーアイ】最新6月号発売!

@Press / 2016年06月01日11時00分

電力選びのサポートマガジン【ENERGYeye/エナジーアイ】 URL: http://www.energyeye.jp 身近な生活をより快適にするために“必要な情報”から、電力スイッチングに欠かせない“本物の知識”まで、幅広くカバーした専門誌【ENERGYeye/エナジーアイ】Vol.006(June)号では、電力自由化によって激変した、3大共通ポイン [全文を読む]

「平均勤続年数が長い会社」ランキング500社 1位は相鉄HD、2位が佐田建設、3位東武鉄道

東洋経済オンライン / 2017年05月19日08時00分

■平均勤続年数が高い=離職率が少ない会社 安定している会社や、やりたい仕事ができる会社を企業選びのポイントとしている学生が多数派だが、労働環境が厳しく退職者も多い”ブラック企業”を避けて、「長く勤めることができる会社」に行きたいと思っている人は多いはずである。 平均勤続年数は、長く勤められる会社を判断する重要な指標だ。勤続年数が長ければ、定年まで働く社員 [全文を読む]

<福岡県みやま市・九州対象>電力自由化に伴う新サービス「みやまんでんき」を4月より提供開始 受付開始は2月17日

@Press / 2016年02月16日15時00分

自治体として地域の省エネルギーを進め、地球温暖化対策に貢献していくため、あらかじめ年間の目標電気料金を決めていただき、達成に応じてポイントでお支払いするメニューです。 (3) 家族まとめて契約支払いしていただくことで基本料金から割り引きます。 ■おトクその三: ご契約に応じてポイント還元し、地域の様々なニーズを満たす生活支援サービスに使えるようにします [全文を読む]

電気の切替えはお済ですか?これから切替える人も、もう切替えた人もお得になる。「電力自由化2年目キャンペーン」&「つなが~る割」スタート

PR TIMES / 2017年03月29日09時44分

EJOICAセレクトギフトは、amazonギフト券や楽天edy、waonポイントなどさまざまな提携先からお好きな電子マネーをお選び頂き、ギフト金額をお持ちの電子マネーにチャージすることができます。※2. 4世帯のグループでまとめて割を選んだ場合の、代表者の初年度の年間割引額です。[画像2: https://prtimes.jp/i/25041/1/resi [全文を読む]

業界初!ガス自由化対応「電気・ガスのセット契約」の比較が可能に

PR TIMES / 2017年03月01日11時00分

私たち生活者は、自身のライフスタイルをしっかり見極め、電気の使用量が多いのか、ガスの使用量が多いのか、更には、貯めたポイントを活用できる生活を送っているのかなど、様々な視点で、「エネチェンジ」の電気・ガス比較サイトを活用しながら最適な料金プランを選んでいただければと願っています。電力・ガス比較サイト「エネチェンジ」のリニューアル内容本サービスは、電気代の比 [全文を読む]

汚職の守り神…舛添、小渕、猪瀬を擁護した「逆ギレ弁護士」の正体

まぐまぐニュース! / 2016年06月16日19時45分

最もポイントになる事実関係について、佐々木弁護士らは黙って舛添の言うことを聞き、いささかも疑わなかったのだろうか。いや、作り話と分かっているにもかかわらず、信じているように装っているだけだったのではないか。記者会見における佐々木弁護士の話しぶりは、そう推測するに足るものだった。 記者「これは事実として間違いない、(出版社社長は)その場にいたと、断言できる [全文を読む]

<強まる報道圧力>政府から独立しているはずの原子力規制委が朝日新聞に取材規制

メディアゴン / 2016年04月01日07時30分

政府機関による取材規制は報道の自由、ひいては表現の自由にもかかわる行為であり、今回の朝日「処分」問題のポイントや背景を整理し、検証したい。<1面と社説で川内原発の放射線測定体制の「不備」指摘>原子力規制委が抗議した朝日の記事は3月14日付朝刊の1面トップと3面の解説、さらに15日付社説で、昨年8月に再稼働した鹿児島県の九州電力川内(せんだい)原発周辺に設置 [全文を読む]

再生可能エネルギーの主役は“太陽光→地熱”の時代が到来

デイリーニュースオンライン / 2014年11月14日08時00分

ポイントは、まだ地熱関連銘柄の主力となりうる銘柄が少ないこと。経産省の政策転換発表を受け、地熱開発に不可欠なボーリングを手掛ける鉱研工業や、地熱発電所向けポンプの拡大が見込める横田製作所の株価が一時急騰したが、いずれも時価総額100億円に満たない小型株だ。その分、新たな材料が浮上した場合、買いが集中する傾向がある。 ほかにも、富士電機や三菱重工なども地熱 [全文を読む]

再稼動される原発は、最終的に20基になる!

週プレNEWS / 2014年04月24日06時00分

地元自治体の同意というポイントが、再稼働にあたっての高いハードルになるかもしれない、と崎山氏は解説する。 「川内原発については、鹿児島県の伊藤祐一郎知事が、原発立地自治体の薩摩川内市と隣のいちき串木野(くしきの)市に限って説明会を行なうという方針で、その他周辺の自治体の不満が募っています。県がそうした自治体の同意を取りつけるには少なくとも3、4ヵ月の期間 [全文を読む]

フォーカス