北海道電力 九州電力に関するニュース

Looopでんき、北海道、中国エリアの提供価格を決定

@Press / 2016年10月06日13時00分

これまでの東北電力、東京電力、中部電力、関西電力、九州電力管内の5エリアに加え、北海道電力管内を今年11月、中国電力管内を今年12月から、既に発表していた通り、順次、開始します。【拡大の背景】自然エネルギーの最大普及を通して社会に貢献することを目指すLooopでは、「電気も、自然派でいこう!」をキャッチフレーズに、今年4月より、低圧向け電力「Looopでん [全文を読む]

テレビ・インターネット・電話などとセットになった「J:COM電力 家庭用コース」開通世帯数20万突破!

PR TIMES / 2017年02月06日16時16分

*3 北海道電力、東北電力、東京電力、九州電力エリアのメニューは従量電灯BまたはC、関西電力、中国電力エリアのメニューは従量電灯AまたはBとなります。 *4 北海道電力の場合は、第3段階料金部分が280kWhを超過する分となります。 *5 北海道電力の場合は、第2段階料金部分が120kWhをこえ280kWhまでとなります。 *6 関西電力、中国電力の場合 [全文を読む]

Looopでんき、低圧向け電力の販売エリアを拡大 東北/九州/北海道/中国電力にて9月サービス提供開始~東北3県/熊本の方全員対象 初月無料キャンペーン~

@Press / 2016年08月19日13時00分

これまでの東京電力、中部電力、関西電力管内の3エリアに加え、東北電力、九州電力、北海道電力、中国電力管内の4エリアでのサービスを2016年9月から順次開始します。 それに伴い、福島・宮城・岩手・熊本県在住で切り替えをお申込みいただいた方1,000名を対象に、初月無料のキャンペーンを実施することを発表しておりましたが、その後、多数のお問い合わせをいただいたこ [全文を読む]

「原発ゼロ」が終わった日。川内原発再稼働を新聞各紙はどう伝えた?

まぐまぐニュース! / 2015年08月12日19時50分

特に経営の厳しいとされる北海道電力、関西電力では2回、九州電力も1回、電気料金の値上げを行った。 安倍政権は原発を「重要なベースロード電源」と位置づけ、2030年の電源構成比率で決めた、原発割合20~22%に向けて原発による電力供給を増やしていく方針。電力各社も停止中の原発を再稼働させ、収益の大幅改善を図りたい考え。 ところが、東日本大震災後の節電や太陽光 [全文を読む]

九電ハガキで節電ヒステリック加速 30℃超でエアコンつけず

NEWSポストセブン / 2012年07月26日16時00分

【※注】節電要請/九州電力では10%以上、四国電力、北海道電力(7月23日~9月14日まで)では7%以上。これらの電力会社は関電に電力融通を行なっていないので、目標数値が据え置きになっている ※週刊ポスト2012年8月3日号 【関連ニュース】節電主婦 外から帰ったら水シャワー、冷却ジェル枕を活用する昼間の打ち水 湿度上昇で電力需要を増やすので節電効果なし [全文を読む]

関電 7/2~9/7に亘る長い節電要請に「過大なものでない」

NEWSポストセブン / 2012年05月31日07時00分

九州電力では10%以上、四国電力、北海道電力(7月23日~9月14日))では7%以上となっている。関電への電力融通を行なう中部・北陸・中国の3社も5%の節電を行なう。 国民生活と経済に与える影響は甚大だ。すでに阪急電鉄では一部列車の運行区間の短縮、阪神電鉄では日中の急行列車を減らす検討をしている。大阪市交通局では全133駅の冷房を正午~午後3時まで止める案 [全文を読む]

ハルエネが「ハルエネでんき」の提供エリアを全国(沖縄除く)に拡大いたします。

PR TIMES / 2016年11月02日15時28分

<PPSご提供可能エリア> 北海道電力エリア・東北電力エリア・北陸電力エリア・東京電力エリア・中部電力エリア・関西電力エリア 中国電力エリア・四国電力エリア・九州電力エリア 合計9エリア (現状、HP上は、北陸電力エリア・関西電力エリア・中国電力エリア・四国電力エリア・九州電力エリアの記載ですが、その他エリアに関しては近日中に公開予定) [画像: htt [全文を読む]

大東建託グループが管理する賃貸住宅向け電力小売サービス DK SELECT「いい部屋でんき」がスタート!

@Press / 2016年03月22日16時30分

<メリット3> ・全国のお部屋でサービスを提供します サービスは、北海道電力から九州電力までの全国の電力会社管内で提供します。 ※沖縄電力管内は除きます。 ■全ての管理建物への電力供給を視野に 大東建託グループの大東建物管理では、2011年9月より電力会社から高圧電力を一括購入し、低圧に変圧して各部屋へ供給する「電力アグリゲーター事業」を開始しました。現 [全文を読む]

省令改正された再エネ買い取り制度の見直しに対応!ソーラーパートナーズが住宅用太陽光発電向け出力制御補償サービスの受付を2015年1月22日に正式に開始 住宅用太陽光発電向けに拒否された売電収入を補償

@Press / 2015年01月23日10時30分

九電ショックを皮切りに、四国電力・東北電力・北海道電力・沖縄電力の各社からも同様の回答保留が発生し、再エネ導入に向けた大きな問題となっていました。これらの問題の解決を図るため、経済産業省は2014年12月18日、「再生可能エネルギーの最大限導入に向けた固定価格買取制度の運用見直し等について」をとりまとめ、2015年1月9日まで公募していたパブリックコメント [全文を読む]

ついに決定した再エネ買い取り制度の見直しに対応!日本初!ソーラーパートナーズが再エネ買い取り抑制補償サービスを開始 住宅用太陽光発電向けに拒否された売電収入を補償

@Press / 2014年12月19日16時30分

九電ショックを皮切りに、四国電力・東北電力・北海道電力・沖縄電力の各社からも同様の回答保留が発生し、再エネ導入に向けた大きな問題となっていました。これらの問題の解決を図るため、経済産業省は2014年12月18日、「再生可能エネルギーの最大限導入に向けた固定価格買取制度の運用見直し等について」をとりまとめました。───────────────■経済産業省が再 [全文を読む]

一部電力会社による系統連系「回答保留」に対する生活クラブ連合会の見解を表明します。

PR TIMES / 2014年11月13日13時24分

9月24日の九州電力を皮切りに、北海道電力、東北電力、四国電力から、相次いで再生可能エネルギー(再エネ)の連系接続申込みに対する「回答の保留」が発表されました。安定供給という電力会社の責務が強調されていますが、以後の動きのようにその根拠には疑問があり、今後の対応次第では再エネ普及にとって 大きなマイナスとなることが懸念されますので、以下のとおり、再生可能エ [全文を読む]

<原発停止が招く電気料金の値上げ>北海道民のおカネが「1日6億円」も海外に流出し続ける!

メディアゴン / 2014年11月11日17時00分

北海道電力でも、泊(とまり)原子力発電所1~3号機の全てが止まり続けている。主に石油火力発電の追加燃料費等が嵩んでおり、2013年9月1日に値上げした。この時は、1号機が2013年12月に、2号機が2014年1月に、3号機が2014年6月に再稼働する前提で、家庭用は7.73%、産業用は11.00%の値上げ幅であった。だが、泊発電所の再稼働は未だ予定が立って [全文を読む]

電気代が5割上がる現実を直視しよう - 池田信夫 エコノMIX異論正論

ニューズウィーク日本版 / 2014年07月30日18時23分

北海道電力は、7月30日に予定していた電気料金の値上げの申請を延期した。今年3月期の決算では3年連続の赤字になり、再値上げを行なうとみられていたが、経済産業省との調整が難航しているようだ。 東日本大震災のあと、すべての原発が止められたため、LNG(液化天然ガス)の輸入が増え、電力会社は電気料金を上げたが、大幅な赤字が続いている。北電では、次の図のように震災 [全文を読む]

九電川内原発、なぜ再稼動一番手に?“談合破り”の裏に厳しい財務事情、全国で再値上げも

Business Journal / 2014年04月09日01時00分

北海道電力泊原発(北海道)、関西電力の大飯原発(福井県)と高浜原発(同)、四国電力伊方原発(愛媛県)、九州電力玄海原発(佐賀県)の審査もほぼ同時期に始まったが、川内原発がその中から抜け出したのは“談合破り”を決断したからだ。●九電の“談合破り”「ちょっと乱暴なところもあるが、エイヤっと大きくしました」。九電幹部は規制委の審査会合で、川内原発の地震想定を大幅 [全文を読む]

東電管内への越境売電で色めき立つ電力業界〜新電力、完全自由化加速は視界不良

Business Journal / 2013年10月28日06時00分

原発事故後、国の認可を受けて電気料金を本格値上げしたのは東京電力、関西電力、九州電力、東北電力、四国電力、北海道電力の計6社。特に、関西電力、九州電力、四国電力は事故前の原発比率が4割程度と高く、原発事故が経営を直撃した。 中部電力は原発依存度が低く、浜岡原子力発電所(静岡県御前崎市)の長期停止の影響は比較的小さかったが、火力発電の燃料費増加に耐え切れな [全文を読む]

“エコめがねモバイルパック”新オプション“つながるアラカルト(出力制御)”提供開始について

PR TIMES / 2017年02月13日13時15分

1、背景2015年1月の省令変更において、太陽光発電の出力制御ルールが新しくなり、北海道電力、東北電力、北陸電力、中国電力、四国電力、九州電力、沖縄電力の電力会社管内において出力制御対応機器の設置が義務付けられました。そして、電力会社の求めに応じて出力制御機能を整備することを条件に接続契約が結ばれています。 これに対応するためには、出力制御に対応したパワー [全文を読む]

~新規事業“電力自由化”に伴う「新電力サービス」販売開始~株式会社ハルエネとの業務提携による協業展開のお知らせ

PR TIMES / 2016年08月12日15時45分

※1・※2:経済産業省 資源エネルギー庁「電力の小売全面自由化の概要」から(引用 2016年8月12日)そのような市場背景のもと、「ハルエネ」は2010年6月に設立された新電力サービス提供事業会社であり、北海道電力・東北電力・東京電力・中部電力・九州電力の日本全国各電力会社供給エリアに対して展開可能な新電力サービス「ハルエネでんき」を提供する企業です。この [全文を読む]

Looop、住宅用太陽光発電向けプレミアム買取キャンペーン開始

@Press / 2016年07月26日11時30分

北海道電力・東北電力・北陸電力・中国電力・四国電力・九州電力・沖縄電力の需給制御に係る区域において、2015年4月1日以降に接続契約申込が受領された発電設備は、出力制御対応機器の設置が義務付けられます。【キャンペーン概要】<キャンペーン名>「Looop Home プレミアム買取キャンペーン」キャンペーンページ: http://looop.co.jp/lp [全文を読む]

2016年4月1日 電力自由化スタート 緊急レポート 【タイナビ総研】電力会社切り替えを検討したユーザー動向調査を実施 電力自由化最激戦区、首都圏がプラン診断実施数トップ!~新電力会社参入数が少ない北陸圏に垣間見える、異色の傾向とは?~

@Press / 2016年04月18日12時00分

次いで元関西電力管内(以下、関西圏)、元中部電力管内(以下、中部圏)、元東北電力管内(以下、東北圏)、元北海道電力管内(以下、北海道)と続きます。首都圏は多くの企業が参入し、既に60を超えるプランが乱立していることもあり、消費者の電力自由化への意識も高いことが伺えます。一方、新電力会社の参入が少ない元北陸電力管内(以下、北陸圏)・元沖縄電力管内(以下、沖縄 [全文を読む]

<甘くはない?電力小売自由化>切り替え予定は全世帯0.1%未満という現実

メディアゴン / 2016年02月29日07時30分

(出所:2016.2.5 日本経済新聞朝刊)この切替え予定数については、東京電力管内で約3万3千件、関西電力管内で約2万1千件、北海道電力管内で約400件、九州電力管内で約100件、中部電力管内で100件未満。東北、北陸、中国、四国、沖縄の各管内はゼロ。日経新聞は、大手マスコミの中でも特に、今回の電力小売自由化の急先鋒として電力自由化至上主義になったかのよ [全文を読む]

フォーカス