三菱重工 三菱商事に関するニュース

ボロボロの名門・三菱重工の没落と醜態…紛争まみれ、肝入り事業失敗連続で巨額損失地獄

Business Journal / 2016年06月09日06時00分

燃費データ不正問題を受けて三菱自動車工業の益子修会長は、「三菱御三家」の三菱重工業・宮永俊一社長、三菱東京UFJ銀行・小山田隆頭取、三菱商事・垣内威彦社長との「4社会」に臨んだ。4社会は、2000年代前半にリコールで揺れた三菱自の支援策を協議するために設けられた会議の名称だ。 この会合で益子氏は「日産自動車からの34%の出資受け入れる」と述べた。実質的に、 [全文を読む]

“再建途上”三菱自動車の足を引っ張る三菱グループの思惑

Business Journal / 2012年11月05日07時05分

そこに救いの手を差し伸べたのが三菱グループで、三菱重工業(以下、三菱重工)、三菱商事、東京三菱銀行(当時)など主要企業各社が総額約4400億円の財政支援を行った。 それは、三菱自動車の優先株(A種優先株式)を引き受け、同社に有利な条件で増資に応じて再建を手助けするというもの。それにより三菱重工の出資比率は15%を超えたため、三菱自動車は連結対象会社(持分法 [全文を読む]

三菱商事など、ブラジルで電気バスと急速充電システムを開発し走行試験開始

JCN Newswire / 2013年11月20日17時38分

公共交通に適合した電気バス運用技術の確立を目指してTokyo, Nov 20, 2013 - (JCN Newswire) - 三菱重工業株式会社(以下、三菱重工)および三菱商事株式会社(以下、三菱商事)は、サンパウロ都市圏運輸公社(EMTU/SP:Empresa Metropolitana de Transportes Urbanos de Sao Pa [全文を読む]

三菱重工・日立・三菱商事、スペイン・マラガ市でスマートコミュニティ実証システムの運転開始

JCN Newswire / 2013年04月26日16時01分

次世代交通インフラ構築を推進Tokyo, Apr 26, 2013 - (JCN Newswire) - 三菱重工業株式会社(以下、三菱重工)、株式会社日立製作所(以下、日立)および三菱商事株式会社(以下、三菱商事)は、独立行政法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の委託を受けて参画しているスペイン・マラガ市(アンダルシア州)の「スペインにお [全文を読む]

再建の三菱自動車、次は日産との合併?長い業績低迷脱出で、業界再編勃発か

Business Journal / 2014年03月26日01時00分

今回、相川氏の社長昇格で注目されたのは、相川氏が、三菱自の大株主である三菱重工業元社長で現相談役の相川賢太郎氏の長男だったからだ。社長、会長の任期はそれぞれ4年と決まっているが、賢太郎氏は社長・会長を合計で10年務め「三菱重工の帝王」として君臨した。三菱自は三菱重工から分離した会社であり、相川氏は三菱自生え抜きのプリンスとして大切に育てられてきた。●再生 [全文を読む]

三菱自、不正で巨額赤字なのに役員報酬3倍に批判殺到…ゴーン氏、日産等から総額18億円

Business Journal / 2016年12月19日06時00分

いずれも、三菱重工業、三菱商事、三菱東京UFJ銀行の“三菱御三家”の人物だ。社長の益子修氏と、海外事業、グローバルアフターセールス担当で副社長の白地浩三氏が三菱商事出身。白地氏は次期社長含みで三菱商事から送り込まれてきたが、日産の傘下に入ったことで次期社長の可能性は薄れたとみられている。 財務・経理担当で副社長の池谷光司氏は三菱東京UFJ銀行出身。社外取締 [全文を読む]

ブラジルでIHI、三菱重、川崎重が壊滅…こぞって進出&巨額投資、こぞって巨額損失&撤退

Business Journal / 2016年05月05日06時00分

●IHI、三菱重工は撤退、川崎重工は損失を計上 IHI、日揮、ジャパン マリンユナイテッドの3社は、共同で出資するブラジル最大級の造船所から撤退する。3社は、現地に設立した特定目的会社を通じてブラジル最大級の造船所、アトランチコスルに対し、14年までに3社で計140億円程度を投じた。しかし、保有する33%の株式すべてを現地の建設会社2社へ4月中旬に譲渡し、 [全文を読む]

三菱自、倒産が現実味高まる…名門没落の元凶「A級戦犯」の院政、御曹子社長の失態

Business Journal / 2016年05月04日06時00分

・1位:三菱重工業(12.6%)・2位:三菱商事(10.0%)・3位:三菱東京UFJ銀行(3.9%) 三菱重工の連結対象会社ではなくなったが、持ち分法適用会社である。三菱自の相川哲郎社長は、三菱重工の社長・会長を10年間務めた相川賢太郎氏の長男である。賢太郎氏は「三菱重工の帝王」と評された。三菱自では14年4月1日付で益子修前社長が会長兼CEO、相川哲郎常 [全文を読む]

三菱重工など、トリニダード・トバゴ共和国におけるメタノール/ジメチルエーテルの製造販売事業に関する最終投資を決定

JCN Newswire / 2015年09月07日15時32分

TOKYO, Sept 7, 2015 - (JCN Newswire) - 三菱ガス化学株式会社(以下、三菱ガス化学)、三菱商事株式会社(以下、三菱商事)および三菱重工業株式会社(以下、三菱重工)は、トリニダード・トバゴ共和国において、同国国営ガス会社であるNational Gas Company of Trinidad and Tobago Limit [全文を読む]

三菱商事と三菱重工、シンガポール公益事業庁と下水処理場向け技術の総合実証プラント建設で合意

JCN Newswire / 2015年09月07日15時29分

TOKYO, Sept 7, 2015 - (JCN Newswire) - シンガポール公益事業庁(Public Utility Board:PUB)と三菱商事/三菱重工業は、PUBが新設するトゥアス(Tuas)新下水処理場の下水処理コストの低減とエネルギー効率の向上を実現するため、先進の水処理・再利用技術を導入した総合実証プラントを建設することで合意し [全文を読む]

三菱商事、米国キャメロンLNGプロジェクトに係る定期傭船契約基本合意書締結について

JCN Newswire / 2015年05月14日16時19分

【定期傭船契約基本合意書概要】傭船者: Diamond Gas International Pte. Ltd.(当社100%出資 在シンガポールLNG販売子会社)船主: 日本郵船 ※2建造造船所: 三菱重工業株式会社 (本社:東京都港区、代表取締役社長:宮永 俊一、以下三菱重工)船型: 165,000m3型LNG船「サヤリンゴSTaGE」※3傭船期間: 約 [全文を読む]

三菱商事など、トルクメニスタン向け大型肥料プラントを受注

JCN Newswire / 2014年08月19日17時52分

Tokyo, Aug 19, 2014 - (JCN Newswire) - 三菱商事株式会社(以下、三菱商事)とGAP Insaat Yatirim ve Dis Ticaret A.S.(以下、GAP社)は、トルクメニスタン政府による正式発注決議を受け、三菱重工業株式会社(以下、三菱重工)と共に、トルクメニスタンの国営化学公社トルクメンヒミヤより大規模 [全文を読む]

三菱重工コンプレッサ、ブラジル現地法人MCO-Bが本格始動

JCN Newswire / 2016年09月23日16時21分

開所式を開催、FPSO向けなど中南米市場を深耕TOKYO, Sept 23, 2016 - (JCN Newswire) - 三菱重工グループの三菱重工コンプレッサ株式会社(MCO、社長:大崎 裕章、本社:広島市西区)が三菱商事株式会社と合弁で設立したブラジルの現地法人MHI Compressor do Brasil Ltda.(MCO-B)は21日(現地 [全文を読む]

三菱商事と三菱重工、シンガポール国際空港の全自動無人運転車両システム増強工事を受注

JCN Newswire / 2016年03月03日15時14分

TOKYO, Mar 3, 2016 - (JCN Newswire) - 三菱商事株式会社(以下「当社」)は、三菱重工業株式会社(以下「三菱重工業」)と共同で、シンガポールのチャンギ国際空港(Changi Airport)向けに全自動無人運転車両システム(Automated People Mover: APM)の増強工事を受注しました。受注内容は、現在運 [全文を読む]

三菱商事など、トリニダード・トバゴ共和国におけるメタノール/ジメチルエーテルの製造事業に関する契約に調印

JCN Newswire / 2015年04月13日16時38分

TOKYO, Apr 13, 2015 - (JCN Newswire) - 三菱ガス化学株式会社(以下、三菱ガス化学)、三菱商事株式会社(以下、三菱商事)および三菱重工業株式会社(以下、三菱重工)は、トリニダード・トバゴ共和国において、同国国営ガス会社であるNational Gas Company of Trinidad and Tobago Limit [全文を読む]

三菱商事と三菱重工、国際協力銀行とドバイの総合水事業会社へ資本参画

JCN Newswire / 2014年07月08日16時22分

中東/アフリカ/アジア地域での水事業を推進Tokyo, July 8, 2014 - (JCN Newswire) - 三菱商事株式会社(以下、「三菱商事」)と三菱重工業株式会社(以下「三菱重工」)は、株式会社国際協力銀行(以下、「JBIC」)とともに、ドバイを拠点とする総合水事業会社であるMetito Holdings Ltd.(以下、「Metito」) [全文を読む]

三菱重工、タイKEGCOから出力97万7,000kW GTCC発電所建設プロジェクトを受注

JCN Newswire / 2013年08月20日17時22分

併せて、長期メンテナンス契約も締結Tokyo, Aug 20, 2013 - (JCN Newswire) - 三菱重工業は、タイの独立系発電事業者(IPP)であるカノム・エレクトリシティ・ジェネレーティング・カンパニー(Khanom Electricity Generating Company Limited:KEGCO)から、出力97万7,000kW( [全文を読む]

三菱重工と三菱商事、トルコ ゲルメンチック地熱発電所2号機向け蒸気タービンを受注

JCN Newswire / 2013年06月27日17時26分

1号機向けに続き連続受注Tokyo, June 27, 2013 - (JCN Newswire) - 三菱重工業は、三菱商事と共同で、トルコの独立系発電事業者(IPP)であるグルマット社(GÜRMAT ELECTRICITY GENERATION CO. INC.)から、出力4万7,000kWのゲルメンチック(Germencik)地熱発電所2号機向け蒸気 [全文を読む]

三菱重工と三菱商事、シンガポールの新交通システム輸送力増強工事を受注

JCN Newswire / 2013年05月22日17時20分

センカン・プンゴル両線の2両連結化プロジェクトTokyo, May 22, 2013 - (JCN Newswire) - 三菱重工業は、三菱商事株式会社と共同で、シンガポールの北東部にある新興住宅地のセンカンおよびプンゴル両地区を走る新交通システムの輸送力増強工事を、同国陸上交通局(LTA:Land Transport Authority)から受注しまし [全文を読む]

納期5度目の延期のMRJ、債務超過へ…9年間利益ゼロで実質破綻状態、新規受注も困難

Business Journal / 2017年08月24日06時00分

親会社の三菱重工業が資金の不足分を毎月補填している。三菱航空機の存亡は、三菱重工がいつまで開発費用の支援を続けることができるかにかかっている。【三菱航空機・出資者及び出資比率】(17年7月1日現在)三菱重工業 64.0%三菱商事 10.0%トヨタ自動車 10.0%住友商事 5.0%三井物産 5.0%東京海上日動火災保険 1.5%日揮 1.5%三菱電機 1. [全文を読む]

フォーカス