三菱商事 総合商社に関するニュース

業界&企業研究・三菱商事:五大商社のトップ、三綱領の理念と広範な事業領域を理解

楽天みんなの就職活動日記 / 2015年12月10日12時00分

そのトップに君臨するのが三菱商事です。自動車、電機、化学、食品、金融・保険などから成る三菱グループの中核であり、事業基盤が厚く、収益性や財務体質によってグループ全体を牽引しています。売上高比率(2015年3月期)では、生活産業が43%を占め、金属が16%。他の総合商社と比較して、金属資源の領域に強みがあります。企業理念には「三綱領」を据えています。三綱領は [全文を読む]

大手総合商社を志望する学生のインターンシップ エントリーシート攻略法と必勝例文

楽天みんなの就職活動日記 / 2015年08月27日12時00分

特に三菱商事や三井物産のインターンシップには、国内海外を問わずにバリバリ働きたいチャレンジ精神旺盛で優秀な学生の応募が殺到します。実施内容は、企業から学生に課題を与え、学生がみずから解答を導き出す高度なプログラムです。2016年入社の学生には、経営に詳しいコンサルタントや企業の社長を講師として迎え、グループに分かれて提案を行うワークショップ形式で行われまし [全文を読む]

総合商社が"不要論"を乗り越えられた理由

プレジデントオンライン / 2017年08月22日09時15分

【弘兼】伊藤忠、三菱商事、三井物産、住友商事、丸紅などの総合商社は日本独自のものですよね。 【小林】ええ。同じような機能を持とうとした海外企業は過去にありました。特に1つの巨大な企業がグループ会社として商社を設けるケースが多いのですが、それはなかなか上手くいきづらい。韓国のサムスンがサムスン物産を子会社に持てば、やはりサムスンの商品が中心になってしまいま [全文を読む]

【例文あり】先輩の実例から見る商社の志望動機・書き方のポイント

楽天みんなの就職活動日記 / 2016年11月10日12時00分

▽総合商社総合商社といわれる企業は、三菱商事、伊藤忠商事、丸紅、三井物産、住友商事の5大商社に豊田通商、双日を加えた7社です。“総合”の名のとおり、取り扱う商材の幅が広いのが最大の特徴です。国内有数の一流企業ばかりで新卒者からの人気もトップクラスのため、入社難易度は高く、志望動機もしっかりと組み立てる必要があります。▽専門商社専門商社は、業種や分野に特化し [全文を読む]

伊藤忠ショック!三井物産と三菱商事が完敗で盟主陥落…怒涛の攻勢を呼んだ「魔力」

Business Journal / 2016年01月04日06時00分

伊藤忠の純利益が、2位の三井物産だけでなく、15年間トップに君臨してきた三菱商事のそれを一気に抜き去り、初めて業界トップとなることが判明したからだ。 伊藤忠は非資源分野が好調に推移しているとして、今期の純利益計画を期初予想の3,300億円に据え置いた。三菱商事は原料炭などの資源価格が低迷し、純利益の見通しを3,600億円から3,000億円に下方修正した。 [全文を読む]

三菱商事、2015年度新入社員への社長メッセージについて

JCN Newswire / 2015年04月01日16時16分

1点目は、三菱商事とはどのような会社かということ、2点目はわが社を取り巻く環境と経営戦略について、3点目は皆さんへのアドバイス、4点目はわが社が取り組む社会貢献活動について申し上げる。【三菱商事とはどのような会社か】私は約40年前に入社したが、会社のかたちは当時から大きく変化している。当時は「総合商社はラーメンからミサイルまで」と言われていたが、今は「LN [全文を読む]

ローソン、3位転落で非常事態突入へ…完全子会社化、1万店計画もたった6百店

Business Journal / 2016年09月28日06時00分

三菱商事はコンビニエンスストア3位のローソンへの出資比率を現在の33.47%から50.1%に引き上げ、子会社にする。来年1月をメドにTOB(株式公開買い付け)を実施。ローソン株式の買い増しに必要な資金は1440億円を見込む。ローソンの子会社化は、三菱商事が掲げる事業モデル転換の第一弾である。●事業投資から事業経営にビジネスモデルを転換する 三菱商事は201 [全文を読む]

ジオデシック・キャピタル、3億3,500万ドルのファンドを設立 米シリコンバレーと日本、アジアを繋ぐベンチャーキャピタル

JCN Newswire / 2016年05月17日09時35分

ジョン・ルース前駐日米国大使、アシュヴィン・バチレディ(アンドリーセン・ホロウィッツ元パートナー)、三菱商事が共同で創業Tokyo and Silicon Valley, May 17, 2016 - (JCN Newswire) - ジオデシック・キャピタル(本社:米国カリフォルニア州シリコンバレー)は本日、第一号ファンドである「Geodesic Cap [全文を読む]

伊藤忠社長の「か・け・ふ」哲学 三菱・三井超えの原動力

NEWSポストセブン / 2016年04月05日16時00分

長年業界トップに君臨してきた三菱商事の2016年3月期連結最終赤字は1500億円、2位の三井物産も赤字額が700億円と、両社ともに初の連結赤字に陥る見通しだ。 そんな中、三菱商事が15年間守り抜いてきたトップの座を奪ったのは、非財閥系で野武士集団とも呼ばれる伊藤忠商事だった。3300億円の利益をたたき出しての王座奪取だ。ジャーナリスト・有森隆氏がいう。 「 [全文を読む]

マック、31カ月連続客数減の惨状 実質値上げ、閉店加速で本格的縮小開始

Business Journal / 2015年12月17日06時00分

三菱商事は11月、ケンタッキー・フライド・チキンを運営する日本KFCホールディングス(HD)の保有株式を最大689万株売却すると発表した。三菱商事の出資比率は65.86%から37.90%に下がり親会社でなくなる。11月19日の終値(2191円)で計算すると、三菱商事は株式売却で150億円を得ることになる。 1970年3月、日本万国博覧会にKFCインターナ [全文を読む]

【外資系・金融・総合商社・大手企業】インターンシップ面接通過のための極意

楽天みんなの就職活動日記 / 2015年08月27日12時00分

人気企業別に見ても、全国での第一位はP&Gジャパン、第二位は三菱商事となり、関西地域での人気企業第一位は三菱商事となっています。なかでも5大商社と呼ばれる「三菱商事・三井物産・伊藤忠商事・住友商事・丸紅」は、各社100~150名ほどの採用人数に対し、1万人以上の応募者が殺到しているといわれ、非常に倍率が高いようです。ここで、総合商社のインターンシップ面接通 [全文を読む]

三菱商事・三井物産が揃って復活 日本経済にインパクト大

NEWSポストセブン / 2017年02月13日07時00分

三菱商事は2月2日、2017年3月期の連結最終損益が4400億円の黒字になる見通しだと発表した。従来予想の3300億円を1100億円上回る、2度目の上方修正となる。 振り返れば三菱商事にとって、この1年は屈辱とともに過ぎ去った。2016年3月期の決算は資源部門の低迷が響いて4260億円もの減損損失を計上し、創業以来初となる赤字に転落。岡藤正広社長のもと、 [全文を読む]

三井物産と住友商事の合併観測「あり得なくない」と社員

NEWSポストセブン / 2016年04月18日16時00分

業界ツートップの三菱商事と三井物産は3月下旬、相次いで業績見通しの下方修正を発表。2016年3月期は両社とも発足以来初の赤字に転落する(三菱が1500億円、物産が700億円の赤字見通し)。住商も一足先に2015年3月期で731億円の赤字に転落している。総合商社「冬の時代」の到来を受け、再編の観測記事が出たというわけだ。 コラムが説得力を持ったのは、利益に [全文を読む]

伊藤忠、一瞬で1位から転落で揺らぐ「自信」…牙をむく三菱商事と三井物産の強力な底力

Business Journal / 2017年05月23日06時00分

三菱商事の最終利益は4402億円となり、伊藤忠商事(3522億円)を抜いて再び首位に返り咲いた。 三菱商事は石炭価格の上昇や原油価格の底打ちが収益を大きく押し上げた。石炭事業を含む金属事業の損益は、16年3月期の3607億円の赤字から1479億円の黒字に転換。流通・サービス事業など非資源事業の収益拡大を目指し、2月に子会社にしたコンビニエンスストア大手のロ [全文を読む]

総合商社のボーナスに明暗 伊藤忠は特別ボーナスも

NEWSポストセブン / 2016年06月21日07時00分

2016年3月期決算の純利益で三菱商事、三井物産を抜き去り、初めて業界トップに立ったのは「非資源」を強みとする伊藤忠商事。 「額は昨年とそんなに変わらないのですが、今年は特別ボーナスが出るんです」と話す20代社員はえびす顔だ。 「特別ボーナスは夏のボーナスと同時に全社員に支給されます。金額は年次や階級によって異なり、8年目以上の階級なら25万円くらい。 も [全文を読む]

伊藤忠と丸紅ほか 総合商社の部門合従連衡はすでに開始

NEWSポストセブン / 2016年04月22日07時00分

仮に両社が合併すれば、長く業界トップを走ってきた三菱商事も、非資源分野の成功で躍進した伊藤忠も凌ぐ巨大総合商社の誕生となる。 もっともビジネス環境を見渡せば、「総合商社の統合」のハードルは低くなっている。業界関係者が語る。 「商社以外の業界で再編が進んだことの意味は大きい。たとえば、かつて住商は同じ住友グループの住友金属から独占的に商品を卸していた。一方 [全文を読む]

総合商社ランキングから始める業界研究! それぞれの企業の特色、志望の決め手とは?

楽天みんなの就職活動日記 / 2015年12月17日12時00分

【専門商社・総合商社のベスト5】順位企業名総合順位 1位伊藤忠商事3位 2位三菱商事19位 3位丸紅31位 4位三井物産33位 5位住友商事39位ランキング5位は、いわゆる「五大商社」と呼ばれる総合商社で占められています。そのトップを飾ったのは伊藤忠商事です。伊藤忠商事は、総合ランキングでも1位の電通、2位の全日本空輸(ANA)に続く3位にランクイン。昨年 [全文を読む]

丸紅に危険事態、住友商事は赤字寸前…総合商社に異変 資源下落ショックで巨額減損

Business Journal / 2015年03月16日06時00分

15年3月期の期初予想を据え置いたのは、三菱商事と伊藤忠商事のみ。三菱商事の純利益は4000億円(前期4447億円)、伊藤忠は3000億円(同3102億円)。ともに第3四半期までの非資源分野の利益が過去最高となり、資源分野の落ち込みを補った。 資源分野の比率が高い三井物産は15年3月期の利益予想を3200億円(同4221億円)に引き下げた。巨額減損を計上 [全文を読む]

エイベックス、松浦社長の報酬4億、2億以上も続出 1億以上の役員が商社と証券で増加

Business Journal / 2014年07月19日14時00分

商社では、三菱商事が前年同期の6人から8人、三井物産が4人から8人、伊藤忠商事が4人から6人に、それぞれ増えた。伊藤忠商事の岡藤正広社長(2億5900万円)と小林栄三会長(2億3600万円)が業界1、2位を独占し、岡藤社長は2年連続のトップとなった。 証券では、野村ホールディングス(HD)が5人から7人、大和証券グループ本社が5人から6人に増えた。トップ [全文を読む]

「結婚したい会社」ランキング 業績連動効果でトヨタが1位

NEWSポストセブン / 2013年12月04日07時00分

【1位】トヨタ自動車(自動車)【2位】ANA(航空運輸)【3位】サントリー(飲料)【4位】三菱商事(総合商社)【5位】三菱東京UFJ銀行(金融)【6位】ホンダ(自動車)【7位】タニタ(機械器具)【8位】アップル(電気機械器具)【9位】伊藤忠商事(総合商社)【10位】グーグル(情報サービス) 10位以下の企業は割愛するが、もっとも注目すべきはトップ20のうち [全文を読む]

フォーカス