美空ひばり 八代亜紀に関するニュース

【DAM 音源カラオケベストシリーズ】16タイトルをMEG-CDで発売!

DreamNews / 2016年08月24日10時00分

発売商品■DAMカラオケベスト 演歌・歌謡曲 Vol.34 品番:DAM-EK034 収録曲:1.長崎の鐘/藤山一郎 2.懐しのブルース/高峰三枝子 3.喫茶店の片隅で/松島詩子 4.雨の夜汽車/奈良光枝¥5.君待てども/平野愛子 6.蘇州夜曲/渡辺はま子 7.みかんの花咲く丘/童謡 8.高原の旅愁/伊藤久男 9.古き花園/二葉あき子 10.小判鮫の歌/小 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】亀梨和也&松下奈緒『阿久悠物語』に続編期待する声 「SPドラマで終わるのが勿体ない」

TechinsightJapan / 2017年08月27日14時14分

また、阿久悠が歌詞提供しなかった大物歌手が美空ひばりだった。美空ひばりがあまりに大きな存在で「提供できなかった」といった方が近いのかもしれない。彼は1976年頃にラジオ番組の企画で美空ひばりが歌うことを想定して書いた歌詞を公表しており、直接アプローチしきれずにいたようだ。結局その歌詞は1979年に八代亜紀が『舟唄』として歌い彼女の代表曲となった。 一方で [全文を読む]

藤圭子さん、引退前テレビ最後の映像発掘 SMAPの懐かしい映像も

ORICON NEWS / 2017年10月07日15時00分

美空ひばり、山口百恵、松田聖子、SMAPなど、スターの懐かしい歌唱シーンや、一流歌手の衝撃モノマネ映像など、同局の秘蔵映像を大量発掘し、3時間半にわたり100曲紹介。あすの放送に先駆け、楽曲とレア映像の内容を一部が解禁された。 【写真】宇多田ヒカルは藤圭子さんの娘 ベスト100以外の特集コーナーでは、今では考えられない歌の特殊演出を発掘。八代亜紀がトラック [全文を読む]

ビートたけし「おいらの居酒屋に突然やって来た」――生誕80年・美空ひばりとわたし

文春オンライン / 2017年06月25日07時00分

「戦後」という時代背景があったから、美空ひばりが生まれたんじゃないかな。長嶋(茂雄)さんや(高倉)健さんもそうだけど、時代を背負っていた。無理やり売り出したわけじゃなく、自然と、時代から生れ落ちるように現れた。 今もスターはいるけど、「誰々の時代」と言われるには、エンターテインメントの種類が多すぎる。あの頃のスターのような影響力を持てない。長嶋さんの時代は [全文を読む]

日本レコード大賞 炎の四番勝負!<最終回>「1989年~美空ひばり VS Wink~」(1)

アサ芸プラス / 2013年12月20日09時58分

昭和を代表する歌手・美空ひばりの「川の流れのように」か? 年間のシングル売上げベストテンに3曲を送り込んだWinkの「淋しい熱帯魚」か? 平成になって初めてのレコード大賞は、2組の決戦という下馬評であった。 キャリアも違えばカラーもまったく違う。構図として、みごとな対比を描いた89年12月31日──。 ただし、例年との決定的な差は、本命候補の美空ひばり[全文を読む]

美空ひばり・石原裕次郎・天童よしみ・八代亜紀・坂本冬美 日本の心“演歌”をレコード会社・レーベルの枠を超えて収録「演歌あっぱれ!」本格販売開始

PR TIMES / 2016年04月07日11時55分

●69組の演歌スターが大集結! 演歌界をリードしてきた12のレーベルの合同企画 美空ひばり、石原裕次郎、天童よしみ、八代亜紀、五木ひろし、森進一、テレサ・テンなど、輝かしい経歴を誇る演歌の歌い手たち69組が勢ぞろい。懐かしい演歌の名曲の数々を、一流歌手たちの素晴らしい歌声でたっぷりとお楽しみいただけます。 ●厳選した名曲をたっぷり90曲収録 ショップジャ [全文を読む]

2年ぶりに「コロムビア大行進」開催決定! 23日(金)よりチケット一般発売スタート!

okmusic UP's / 2015年01月21日12時00分

豪華スターが競演し、その全ての回で美空ひばりがトリを務めたショーは、テレビ音楽番組の黄金時代を飾った。その後、昭和60年を最後に行われていなかったが、2013年に総勢24組が出演して29年ぶりに復活し、今回は2年ぶりの開催となる。 チケットの一般発売は1月23日(金)よりスタート。チケットぴあ、ローソンチケットで発売される他、サンプラザプレイガイド(03- [全文を読む]

故・高倉健さんが『レコ大』の特別栄誉賞受賞で「便乗商法だろ!」との声も

日刊サイゾー / 2014年11月23日09時00分

スポーツニッポン(11月20日)の報道によると、これは高倉さんのためだけに新設された賞で、同様のケースとしては1989年に、同年6月に亡くなった美空ひばりさんに贈られた「特別栄誉歌手賞」がある。事務局は授賞理由として「映画界での活躍はもちろん、映画の主題歌や挿入歌を歌ってきたことで、音楽界に多大な影響を与えた」と説明している。 『レコ大』は近年、「権威が失 [全文を読む]

八代亜紀「ロックやポップ歌手は表現者、演歌歌手は代弁者」

NEWSポストセブン / 2013年12月31日16時00分

授賞式では、8000人のお客さんの前で、“雨々ふれふれ♪”を振りつけしながら、みんなで大合唱したのを覚えてます」(八代・以下「」内同) 1980年以降も、石川さゆり(55才)『天城越え』(1986年)、島倉千代子さん(享年75)『人生いろいろ』(1987年)、美空ひばりさん(享年52)『川の流れのように』(1989年)と、日本人なら誰でも口ずさめるヒット曲 [全文を読む]

テリー伊藤対談、小林幸子「自由になって、すごく楽です」

アサ芸プラス / 2012年12月28日09時54分

テリー それが何で美空ひばりになっちゃったの? 小林 まず家の隣がお寺で、お経が聞こえてくるんですね。それで3軒先がちっちゃな映画館で、上映している劇中歌を外に流してたんですよ。渡り鳥シリーズとかチャンバラとか、雑多な音が聞こえてきて、ポップスもあって、学校に行ったら唱歌があって。 テリー 紅白歌合戦みたいな環境だ。AKB48からサブちゃんまである。 小 [全文を読む]

フォーカス