高校野球 菊池雄星に関するニュース

岩手・花巻東高校野球部の伝統行事に長島三奈が涙…

Smartザテレビジョン / 2015年07月08日10時00分

花巻東高校野球部は、菊池雄星投手や大谷翔平投手など数多くのプロ選手を輩出した名門校。ことしの部員数は約130人で、レギュラー争いもさることながら、背番号をもらえるメンバー入りでさえ道のりは険しい。 そんな同校では、夏の大会のメンバーが発表されると、ベンチ入りから漏れた3年生は引退試合を行う。熱い夏が始まる前に、彼らの夏は終わってしまうが、そこに涙はない。 [全文を読む]

スカウトの眼力はホンモノか? 過去20年間のプロ野球ドラフト1位競合選手を振り返る

デイリーニュースオンライン / 2015年10月29日11時30分

【1997年】川口知哉(平安高・投手) ○オリックス ×近鉄、ヤクルト、横浜 【2001年】寺原隼人(日南学園高・投手) ○ダイエー ×巨人、中日、横浜 【2006年・高】田中将大(駒大苫小牧高・投手) ○楽天 ×日本ハム、オリックス、横浜 【2007年・高】中田翔(大阪桐蔭高・外野手) ○日本ハム ×ソフトバンク、オリックス 【2010年】斎藤佑樹(早 [全文を読む]

【プロ野球】《センバツトリビアPart 2》アメリカに行きたいか!? センバツ史に名を刻んだ伝説のチームたち

デイリーニュースオンライン / 2017年03月27日17時05分

その対局にあるのが高校野球だ。センバツのテンポのよさは実に心地いい。大会3目、東海大市原望洋(千葉) 対滋賀学園(滋賀)の一戦は、延長14回までかかったにもかかわらず、試合時間は3時間で済んでしまった。 そんな“アップテンポ”な高校野球のなかでも、群を抜いて「短かった」試合が1932年の第9回大会。京都師範(現・京都教育大付)対海草中(現・向陽)の一戦だ。 [全文を読む]

「春の選抜」21世紀枠出場からベスト4まで勝ち進んだ2校

アサ芸プラス / 2017年03月19日17時59分

準決勝ではこの大会ナンバーワン左腕との呼び声高い菊池雄星(現・埼玉西武)擁する花巻東(岩手)の前に2対5で惜敗したものの、その実力がフロックではないことを高校野球ファンに知らしめたのだった。 多治見と中村。ともに相手は甲子園常連の強豪校だが、一泡吹かせる活躍を期待したい。(高校野球評論家・上杉純也) [全文を読む]

【高校野球】《高校球児スピードスター列伝》甲子園・歴代最速男たちの成長の軌跡

デイリーニュースオンライン / 2016年08月27日16時05分

文=オグマナオト 【関連記事】 [全文を読む]


夏の甲子園でスターになれなかった男たち(2)菊池雄星は肋骨を折りながら154キロ

アサ芸プラス / 2016年08月07日17時58分

高校野球評論家・上杉純也) [全文を読む]

中日権藤コーチ 155km/h出す菊池雄星が打たれる理由解説

NEWSポストセブン / 2012年08月18日07時00分

そもそも甲子園に向かって、若い肩で速い球を投げさせ、連投連投させる高校野球。いかに多くの逸材が、連投でつぶれていったか。それでも、松坂が生まれ、江川、桑田がいる。分からない。 「大谷も、大事に育ってほしいですね。教えず、本人の順応、成長を黙って見る。これが160キロ投手を育てるただひとつの途です」 ※週刊ポスト2012年8月31日号 【関連ニュース】160 [全文を読む]

甲子園常連校はユニフォームの着こなしも勝利に結びつける?

NEWSポストセブン / 2012年08月02日07時00分

球児たちの懸命な姿を“魅せる”ことで甲子園を埋めた高校野球ファンを花巻東ファンへと誘うのだ。 「結果として甲子園を味方につけることにつながればと思っています」(同前) 野球留学全盛のこの時代に、とりわけ東北圏には大阪第2代表のような高校があふれている中、全選手が地元出身というのも、花巻東が好感を抱かせる要因だ。現在、週刊ヤングマガジンで『砂の栄冠』を連載す [全文を読む]

高校生初の160キロ右腕、花巻東・大谷はホンモノか?

週プレNEWS / 2012年07月31日11時00分

夏の高校野球・岩手県大会準決勝の一関学院戦で160キロをマークした花巻東の超大型右腕・大谷翔平投手(3年)。その試合で彼が投じた全99球のうち、150キロ超えは実に40球! しかも、試合の行なわれた岩手県営野球場は、花巻東の先輩・菊池雄星(現西武)でさえ、一度も150キロ超えを果たしたことがない“鬼門”だった。 この試合を見たスポーツ紙記者が興奮気味に語る [全文を読む]

【プロ野球】現役プロもやってる?高校球界で大ブームを巻き起こした“魔法のキス”

デイリーニュースオンライン / 2016年07月23日17時05分

友情を超越した愛情の下で戦う男たちは強いのだ……! そんな世界史の逸話を思い出す場面が、日本の高校野球でもあったことを覚えているだろうか。2008年、にわかに湧いた“魔法のキス”ブームである。 ※野球の見方が変わるスマホマガジンでニュースやコラムが読み放題! ■お茶の間がしかと見た“熱いキス” 2008年、春のセンバツ3回戦、智辯和歌山(和歌山)と宇治山田 [全文を読む]

九国付・山本武白志と早実・加藤雅樹が向いているプロ球団は?

NEWSポストセブン / 2015年08月22日16時00分

腕を振れていることを評価するスカウトも多いです」(スポーツ紙の高校野球担当記者) ※週刊ポスト2015年9月4日号 [全文を読む]

本当にメジャー挑戦? 花巻東・大谷の先に待つイバラ道

週プレNEWS / 2012年10月31日10時00分

高校野球に詳しいスポーツライターの田尻賢誉(まさたか)氏はこう語る。 「彼は高校入学時から『高校で160キロ』と『高校からメジャー』という夢を持っていました。そして見事に前者の夢を成し遂げ、後者もその権利を有した選手に成長した。『誰もやったことがない選手になりたい』という彼の言葉を借りるなら、この決断は当然のことかもしれません」 大谷の高校の先輩で同じ夢 [全文を読む]

フォーカス