伏見稲荷大社 浅草寺に関するニュース

【トリップアドバイザー】「外国人に人気の日本の観光スポット2013」を発表

PR TIMES / 2013年05月14日15時48分

「広島平和記念資料館」「伏見稲荷大社」「東大寺」がトップ3に!世界最大の旅行口コミサイトTripAdvisor(R)(トリップアドバイザー、本社:マサチューセッツ州ニュートン、NASDAQ:TRIP、CEO:スティーブン・カウファー、日本語版サイト:http://www.tripadvisor.jp)は、過去1年間に外国人観光客から投稿された口コミでの評価 [全文を読む]

さすがは京都! 世界中の旅人が選んだ「日本のランドマークTOP10」はこれだ

IGNITE / 2015年06月07日21時07分

1位 伏見稲荷大社(京都府)世界のランキングで日本の1位を獲得したのは「伏見稲荷大社」。 初詣では近畿地方の社寺で最多の参拝者を集める事で有名だが、近頃は海外旅行者の注目度も高くなってきているようで「どこまでも長く続く鳥居」は圧巻という声も多くなっていた。 2位 金閣寺(京都府)日本の2位となったのは、同じく京都の「金閣寺」。 建物の内外に金箔を貼った造 [全文を読む]

アジア勢強し! 「世界の人気観光スポット2015 ランドマーク編」発表

ダ・ヴィンチニュース / 2015年06月05日18時00分

<アジアのランドマーク トップ10>1位:アンコールワット(カンボジア)2位:タージ・マハル(インド)3位:慕田峪長城(中国)4位:ペトロナスツインタワー(マレーシア)5位:涅槃寺(ワット・ポー)(タイ)6位:王宮(タイ)7位:シュエダゴン・パゴダ(ミャンマー)8位:暁の寺(ワット・アルン)(タイ)9位:アンベール城(インド)10位:伏見稲荷大社(日本) [全文を読む]

外国人観光客がSNS発信する日本の観光地ランキング、初の1位はどこ?

TABIZINE / 2017年01月17日12時00分

ちなみに総合6位は浅草寺、7位は先ほども紹介した東京スカイツリー、8位は伏見稲荷大社、9位は東京ディズニーシー、10位は明治神宮となっています。皆さんのお気に入りの観光地は含まれていましたか? [第4回共同調査レポート 「インバウンドレポート」 (2016年7-9月期)発行のお知らせ] [Photos by Shutterstock.com] ■あわせて [全文を読む]

今年インスタグラムで一番人気の写真は―やっぱり #猫 #ねこ

インターネットコム / 2016年12月02日12時45分

1. 東京ディズ二―リゾート 2. ユニバーサル・スタジオ・ジャパン 3. 清水寺 4. 浅草寺・雷門 5. 東京スカイツリー 6. 成田国際空港 7. 伏見稲荷大社 8. 渋谷スクランブル交差点 9. 東京タワー 10. 関西国際空港 世界で最もいいね!が多かった写真は、人気歌手のセレーナ・ゴメス氏(@selenagomez)が投稿したもの。彼女は20 [全文を読む]

ディズニーやUSJを超えた!外国人がツイートする日本の観光名所第1位は?

TABIZINE / 2016年04月26日12時00分

京都で最もツイートの多かった観光スポットのベスト3を見ると、 1位・・・清水寺(総合6位) 2位・・・伏見稲荷大社(総合10位) 3位・・・金閣寺(総合12位) といった結果に。その他、人気の大阪や沖縄の結果を見ると、琉球王国遺跡(総合11位)、大阪城公園(総合17位)、沖縄美ら海水族館(総合18位)などがランクインしました。 やはり定番の観光地ぞろい。 [全文を読む]

【お正月】2014年の初詣で願った内容、67.4%の人は覚えていないことが判明

しらべぇ / 2015年01月01日13時00分

関西だと住吉大社(大阪)や伏見稲荷大社(京都)、中部だと熱田神宮(愛知)、九州では太宰府天満宮(福岡)あたりは、例年通りの混雑が予想されるだろう。 さて、「初詣」といえば、お賽銭を投げ、願い事をして手を合わせる。厄年の人はお守りを買ったりお祓いを受けたり、また特に受験生やその家族は絵馬を書く。それぞれの目標や願い、または決意を新たにした“瞬間”だったかもし [全文を読む]

ロケーションベースSNS「Spectee」、全国の初詣スポットから「あけおめ」メッセージをリアルタイム配信

DreamNews / 2014年12月29日12時00分

iPhoneアプリ「Spectee」のダウンロードはこちらからhttp://www.spectee.com <配信予定スポット>明治神宮川崎大師成田山新勝寺浅草寺伏見稲荷大社鶴岡八幡宮 【本件に関するお問い合わせ先】 ユークリッドラボ株式会社 広報担当 Email: contact-pr@euclidlabs.net URL: http://www.eu [全文を読む]

フォーカス