レジデンス 虎ノ門ヒルズに関するニュース

虎ノ門ヒルズ全容公開。国内外の人々が集う場所へ

FASHION HEADLINE / 2014年06月09日20時30分

レジデンスフロアの住民はホテルのサービスを利用できるという、これまでにない取り組みも行う。 建物は地下を貫通する環状2号線の緩やかなカーブの形状に合わせて形成し、そこからシンボリックな外観を作り出した。地上には四季を通して自然を楽しめる芝生広場などのオープンスペースを設けており、今後子供向けのイベント等も企画。またカルチャーの発信地としての役割も担っていき [全文を読む]

限定クリスマスケーキ&コースメニューのご案内

PR TIMES / 2014年10月30日15時43分

また、ハイアットホテルズコーポレーションの傘下には、ハイアット レジデンスとハイアット レジデンス クラブを展開、運営、販売またはライセンス契約するハイアットレジデンシャル グループ, Incがあります。2013年12月31日現在、ハイアットホテルズ コーポレーションのポートフォリオは世界48ヶ国で548施設です。詳しくはwww.hyatt.com をご覧 [全文を読む]

虎ノ門ヒルズ完成で「世界滅亡」の悪夢? 呪いに汚染された土地、虎ノ門の因縁史

tocana / 2014年06月21日17時00分

住宅フロア「虎ノ門ヒルズレジデンス」は、家賃200万円越えの賃貸があり、分譲部分も続々と売れているそうで、東京の新たなセレブスポットとなりそうです。 マスコットキャラも豪華きわまりない。日本が誇る最強キャラクター、ドラえもんを模した「トラのもん」が大活躍。「100年後の未来から来たネコ型ビジネスロボット」なる設定で、人気と話題をかっさらっています。しかし、 [全文を読む]

オシャレ最新歯科医で虎ノ門ヒルズを誰よりも早く体験する方法

NEWSポストセブン / 2014年06月03日07時00分

その下にはレジデンスフロアとオフィスフロアが入り、国際会議に対応する大規模なカンファレンス施設も配置される。そして、カフェやレストランのほか、敷地内には広大な芝生広場などの自然も多く、憩いや癒しの空間にもなっている。 また、虎ノ門と新橋をつなぐ地上の道路も「新虎通り」として現在再開発が進んでいる途中。虎ノ門ヒルズの完成とともに、周辺一帯も急速に発展しそうだ [全文を読む]

虎ノ門ヒルズ6月開業。日本初上陸ホテル、飲食充実

FASHION HEADLINE / 2014年03月25日09時00分

37から46階を占める総戸数172戸の住宅「虎ノ門ヒルズレジデンス」とサービス面で連携する。 6から35階の30フロアはオフィスが占め、天井高2.8mの無柱空間を実現。3種の制振装置による高い耐震性能、非常時に専用部に対して電源供給を可能とする非常用発電機を備えるなど、事業継続性にも配慮しており、環境性能評価「CASBEE」で最高ランクを取得している。 [全文を読む]

「ネオヒルズ族」久積篤史氏の商材ビジネスで“被害者の会”が発足!

アサ芸プラス / 2015年01月19日09時58分

「20代にして年収2億円を稼ぎだす若き成功者としてテレビに取り上げられている久積氏には信者も多く、盲目的に契約をして情報商材の顧客になる人が多いので危険だと思っていましたが…」(ジャーナリスト) 「久積篤史が新居としている虎ノ門ヒルズレジデンスを貴方の事務所として開放します」「日本のフェイスブックユーザーの2分の1にあたる1000万人が久積の投稿を見ます [全文を読む]

超高級マンションに異変?なぜ即日完売続出?1億で購入物件の評価額が2000万に下落も

Business Journal / 2014年11月02日06時00分

そのアンダーズ東京のフィットネスジム、ルームサービス、ランドリーサービスが受けられるという住居(レジデンス)総戸数172戸のうち、約70戸は分譲されている。「『平均価格は1坪当たり約1000万円』ともいわれ、名実共に国内最高峰のマンションの一つ」だが「販売前から問い合わせが非常に多く、抽選によって全戸完売した」(同特集より)という。 最近、新築マンション全 [全文を読む]

国内最大級、全1,420邸、地上53階建 KACDOKI THE TOWER始動

PR TIMES / 2013年09月19日14時50分

世界初のVDコアフレーム工法による トライスター型タワHIーレジデンス鹿島建設株式会社、三井不動産レジデンシャル株式会社、三菱地所レジデンス株式会社、住友商事株式会社、野村不動産株式会社の5社は、国内最大級(※1)、全1,420邸、地上53階建の複合大規模タワーレジデンス『KACHIDOKI THE TOWER』の物件情報を、2013年9月21日(土)より [全文を読む]

フォーカス