三菱電機 村田製作所に関するニュース

「日本企業は自尊心を捨て収益を得た」と韓国メディア

ZUU online / 2017年06月10日12時10分

ソニー 、日立製作所 、東芝 、NEC 、パナソニック 、三菱電機 、シャープ 、富士通 といった8大電機メーカーの2016年4月から2017年3月期の売上は44兆4232億円で、2012年度と比べてわずか0.18%しか増えていないが、営業利益は71.8%増加している。ただ日本8大電機メーカーの売り上げは、サムスン電子の2倍に及ばず、営業利益は最も高い三菱 [全文を読む]

【電気機器】特許資産規模ランキング、トップ3は三菱電機、パナソニック、東芝

DreamNews / 2016年10月26日11時00分

その結果、1位 三菱電機、2位 パナソニック、3位 東芝となりました。 1位の三菱電機の注目度の高い特許には、「電力会社からの電力供給が停止した場合に、電力会社の電力系統を切り離したうえで、電力の供給を電気自動車に切り替えることのできる電源切替装置」や「太陽光発電システムによる余剰電力の貯蔵用に蓄電池を利用するよりも、低コストで余剰電力を有効活用し、電力 [全文を読む]

巨像・トヨタに激震…利益1兆円消失の危機

Business Journal / 2016年06月07日06時00分

【円安メリット企業が前提としている今期の1ドルの為替レート】・100円日精樹脂工業・105円トヨタ自動車、トヨタ紡績、豊田自動織機、小松製作所(コマツ)、三菱電機、ファナック、小糸製作所、日野自動車、豊田合成、富士重工業、本田技研工業(ホンダ)、日産自動車、スズキ、東レ・108円 ヒロセ電機、商船三井、オリンパス、日本ガイシ・109円 オークマ・110円イ [全文を読む]

【電気機器】特許資産規模ランキング、トップ3は三菱電機、パナソニック、東芝

DreamNews / 2015年11月02日11時00分

その結果、1位 三菱電機、2位 パナソニック、3位 東芝となりました。 1位 三菱電機の注目度の高い特許には、「圧縮機から吐出される冷媒の温度を低減できる空気調和装置」や「高圧系電源装置に使われる部品の小型化、絶縁性向上、生産性改善を図る技術」などが挙げられます。 2位 パナソニックは、「時分割シャッター方式の立体視画像表示装置などに用いられる画像表示方 [全文を読む]

「BtoBサイトランキング」 1位は8年連続オムロン(FA) ―日本ブランド戦略研究所調べ― FA(制御機器等)分野のサイトが高評価

@Press / 2014年07月04日09時30分

次いで三菱電機(FA) 47.6%、キーエンス 43.4%、パナソニック(制御機器) 39.2%と、FA(制御機器等)分野のWebサイトが上位を占めた。 その他上位には、電子部品・材料、建材・住設機器・設備・エネルギーソリューション、オフィス機器などのサイトが並んだ。■ニーズ充足度ランキング(上位20サイト)順位/企業名(サイト名)/製品・サービス分野名 [全文を読む]

グローバル投資家の間で日本版コーポレートガバナンス・コードが注目を集める

JCN Newswire / 2016年06月01日12時38分

- アサヒグループホールディングス (飲料、食品、タバコ)- アステラス製薬 (ヘルスケア&製薬)- 大和ハウス工業 (建設)- 電通 (放送)- 小松製作所 (機械)- 三菱商事 (商社)- 三菱電機 (エレクトロニクス/工業)- 三井化学 (化学)- 村田製作所 (エレクトロニクス/部品)- 日産自動車 (自動車)- 楽天 (インターネット)- ソニー [全文を読む]

【自動車部品業界】他社牽制力ランキング2015トップ3はデンソー、矢崎総業、住友電装

DreamNews / 2016年05月31日11時00分

2015年に、デンソーの特許によって影響を受けた件数が最も多い企業はトヨタ自動車の467件、次いで三菱電機の221件、日立オートモティブシステムズの136件と続いています。 2位矢崎総業の最も引用された特許は、「端子と電線の接続部の防水構造」に関する特許(特願2001-12311)で、後発の特許6件の審査過程で拒絶理由として引用されており、この6件はいず [全文を読む]

中国リスク急増、世界的価格下落…好業績ラッシュの中でも、なぜ赤字企業続出?

Business Journal / 2015年06月12日06時00分

電機大手については、三菱電機と日立製作所が最高益を更新するなど好調だったが、最高益を更新予定だった東芝は過年度の「不適切な会計処理」があり、ソニーとシャープは赤字決算となるなどまだら模様である。 ちなみに東芝は、少なくとも500億円規模の利益が減額見込みとなっているほか、不適切な会計処理の範囲と深さが共にさらに広がる可能性があり、着地点が見えない。ソニー [全文を読む]

フォーカス