強み 村田製作所に関するニュース

シャオミやテスラはなぜ、世界規模に急伸したか?

プレジデントオンライン / 2017年01月02日11時15分

このように、国境を越えた多数の企業が連携して1つの製品やサービスをつくり上げることにより、強みを発揮することが当たり前の時代になっています。これを私は、「世界的な価値連鎖の時代」と呼んでいます。 この変化は、日本企業の強みが小さくなった理由の1つでもあります。かつての日本では、完成品メーカーが自社を頂点とするサプライヤーネットワークを国内に構築し、製品を作 [全文を読む]

電子部品の雄、村田製作所に注目 注目銘柄を斬る【ビジネス塾】

ITライフハック / 2014年03月05日00時00分

■村田の強みは機動性IT(情報技術)業界は浮沈が激しく、「覇者」は数年で入れ替わる。スマホが主流のIT製品も、今後は眼鏡や時計型のウェアラブル(装着型)端末へと移行することが確実だ。村田製作所は、顧客からの注文を待つだけではなく、情報収集によって有望企業を積極的に発掘している。むろん、技術優位があるゆえの戦略だ。同社は主力製品の積層セラミックコンデンサで優 [全文を読む]

「日本企業は自尊心を捨て収益を得た」と韓国メディア

ZUU online / 2017年06月10日12時10分

ただ日本8大電機メーカーの売り上げは、サムスン電子の2倍に及ばず、営業利益は最も高い三菱でさえ6.37%でサムスン電子(14.49%)の半分にも達していないとし、さまざまな分野に進出するサムスンと比較して「総合優勝」より「種目優勝」に方向を定めて、日本の強みである部品技術や素材技術で市場を握ろうとする戦略とみている。■自尊心より収益性とみるノキアやモトロー [全文を読む]

精密で誠実な日本人と新発想できる米国人は最強の組み合わせ

NEWSポストセブン / 2016年03月02日16時00分

このような代わりの利かないモノづくりはまさに日本の強みなのです」 今や日本の最大の貿易相手国は中国だが、輸出額は今でも対米輸出が1位であるうえ、貿易黒字額も6兆円超と、日本にとってアメリカが一番のお得意様であることに変わりはない。 そして、アメリカが依然として世界最大の経済大国であり続けることを示すデータがある。最も目を引くのが、人口動態だ。 「アメリカの [全文を読む]

ルネサス、村田製作所、ユビキタスが車載情報機器の高速ネットワーク技術の共同開発を開始

@Press / 2013年09月25日11時30分

今後はさらに、車内でのネットワークサービスを快適に利用できるようにするため、IVIとスマートフォンをつなぐWi-Fiの高速なリンクアップが重要な要素になると予測し、3社が持つ強みを活かしたソリューションの創出を目指し共同で開発に取り組むこととしました。■IVIのネットワーク対応動向スマートフォンの爆発的な普及に伴い、車載環境におけるネットワークサービスの検 [全文を読む]

ユビキタス、「第1回 IoT/M2M展(秋)」へ出展~パートナー協業によるIoTクラウドプラットフォームの適用例などを展示~

@Press / 2015年10月23日13時00分

組込み技術やネットワーク技術に強みを持つユビキタス社とパートナー企業の製品・サービスの組み合わせにより、デバイスからビッグデータ分析までをより迅速・簡単に実現する方法をご紹介します。また、当日はブース内でミニセミナーを実施し、パートナー企業によるプレゼンテーションを行います。<主な出展内容>・自動発注システムへの「dalchymia」活用例ブースを店舗に見 [全文を読む]

小型内需銘柄に活路! 注目銘柄を斬る【ビジネス塾】

ITライフハック / 2014年03月12日00時00分

日本M&Aセンターの強みは、このようなニーズに中立的立場で仲介できること。仲介だけでなく、企業の情報や評価、M&Aに関するノウハウを提供すサービスを行ったり、人材教育に協力したりする点でも実績がある。また、相談無料、着手金以外は「成功報酬ベース」という料金体系も、中堅・中小企業に安心感を与えている。手がけた仲介数は年間約200件、通算で2000件以上に達す [全文を読む]

フォーカス