水森かおり 演歌歌手に関するニュース

おニャン子・城之内 以来25年ぶり! AKB岩佐 演歌デビュー曲が史上最年少TOP10入り

リッスンジャパン / 2012年02月07日04時00分

「演歌を歌いたい」という本人の強い希望により、昨年4月には山川豊・田川寿美・水森かおり・氷川きよしら数多くの演歌歌手が所属する長良プロダクションに移籍、「AKB48」「渡り廊下走り隊7」として活動する傍ら演歌を猛勉強してきた。本作の初回盤には、秋元康が作詞を手掛けた表題曲のほか、AKB48の代表曲「ヘビーローテーション」の演歌バージョン、DVDにはAKBメ [全文を読む]

冬に聴きたい曲を実力派・演歌歌手4人が熱唱!『冬の演歌スペシャル!山川豊・氷川きよし・田川寿美・水森かおり豪華共演!』TBSチャンネル1で11月30日(水)テレビ初独占放送!

PR TIMES / 2016年11月29日18時27分

株式会社TBSテレビ(本社:東京都港区、代表取締役社長:武田信二、以下TBS)が運営するCS放送「TBSチャンネル1 最新ドラマ・音楽・映画」では、『冬の演歌スペシャル!山川豊・氷川きよし・田川寿美・水森かおり豪華共演!』を11月30日(水)午後8時30分からテレビ初独占放送する。 [画像: http://prtimes.jp/i/3065/725/res [全文を読む]

北海道・知床の絶品海鮮料理

ぐるなび / 2015年08月31日16時10分

8月29日放送の「朝だ!生です旅サラダ」(テレビ朝日系、午前08時00分~)では、演歌歌手の水森かおりさんが北海道・知床を旅した中で、海鮮料理のお店「番屋」(北海道斜里郡斜里町)を訪れた。 まずは店主のおすすめという「メンメの開き」を紹介。メンメとはキンキのことで、同店では干物ではなく生のメンメを使用しており、焼き上がりがふっくらとやわらかく仕上がるという [全文を読む]

水森かおり、結婚願望は変わらず「いつでもウェルカムです」

WEB女性自身 / 2013年09月25日00時00分

演歌歌手の水森かおり(40)が、9月25日に東京・中野サンプラザでメモリアルコンサートを開催した。 「40歳までに結婚したい」と5年前から話していた水森も、今年で40歳に。「『何歳までに結婚したい』と言うのはやめます。いつでもウェルカムです」と発言を改めた。続けてAKB48などアイドルの恋愛禁止についても「若い子が恋愛禁止ってかわいそう。私は禁止しているわ [全文を読む]

紅白初出場の40歳新人歌手「市川由紀乃」という新スター

日刊大衆 / 2016年12月18日18時00分

以後、ロングヒットを記録しています」(芸能記者) 水森かおり以来、13年ぶりとなる女性演歌歌手の紅白初出場という快挙だ。11月24日、この吉報を受けた市川は大号泣。歌への思い入れはハンパではない。「6歳で演歌の魅力にハマった彼女ですが、多難な思春期を送っています。中学1年生のとき、両親が離婚。母は女手ひとつで、7歳上の障害を持つ兄と市川を育ててきました」( [全文を読む]

「ネプリーグ」大遅刻の千原ジュニアにゆりやん激怒

Smartザテレビジョン / 2017年01月28日05時00分

1月30日(月)夜7時から放送される「ネプリーグ」(フジテレビ系)で、氷川きよし、水森かおりら“長良グループ演歌まつりチーム”と千原ジュニア、村本大輔ら“舞台「THE EMPTY STAGE」チーム”が対決する。 1stステージは小・中学校の教科書から出題される穴埋め問題を音読し解答する「音読ルーム」。 “「THE EMPTY STAGE」チーム”はジュニ [全文を読む]

紅白落選組を調査!ゴールデンボンバー5年目の『女々しくて』ならず

しらべぇ / 2016年11月24日16時30分

■第67回 NHK 紅白歌合戦 出場歌手(50音順・カッコ内は出場回数)紅組・AI(2)・絢香(8)・E-girls(4)・いきものがかり(9)・石川さゆり(39)・市川由紀乃(初)・宇多田ヒカル(初)・AKB48(9)・大竹しのぶ(初)・欅坂46(初)・香西かおり(19)・坂本冬美(28)・椎名林檎(4)・島津亜矢(3)・髙橋真梨子(4)・天童よしみ(2 [全文を読む]

三代目JSBの名前が…?日本有線大賞のノミネートめぐって物議

デイリーニュースオンライン / 2016年11月19日10時03分

大賞候補となる「有線音楽優秀賞」には今回、AKB48や大月みやこ(70)、JUJU(40)、西内まりや(22)、西野カナ(27)、氷川きよし(39)、水森かおり(43)、三山ひろし(36)ら8組が選ばれている。そこに三代目JSBの名前はなかった。 各受賞者がメディアを通じて発表されると音楽ファンが反応。「レコ大に負けず劣らずのお金の香り」「やらせくさい内 [全文を読む]

「芸能界のドンの意向が9割!」完全に支配された『レコ大』のお寒い既定路線

日刊サイゾー / 2012年11月24日12時00分

一方で“定位置”を明け渡してしまったのが、演歌歌手の水森かおりだ。音楽関係者は「昨年まで氷川と水森は優秀作品10枠の常連でした。しかし、視聴率を少しでも上げたいTBSは、かねてから演歌枠を減らしたかった。今年はそれが反映され、斉藤和義がノミネートされた」と明かす。 水森が漏れた背景には、所属プロダクション「長良グループ」の会長で、芸能界に多大な影響力を持 [全文を読む]

売れっ子アーティストが続々移籍で演歌系レコード会社から聞こえる悲鳴

日刊サイゾー / 2012年03月04日08時00分

同社は演歌に力を入れているレコード会社のひとつで、同社の演歌歌手のエースは水森かおりだが、昨年11月に発売したアルバム『歌謡紀行X』は2万枚程度しか売れなかった。同社からは吉川晃司もユニバーサルに移籍した」(同) ほかに業界内では演歌系と呼ばれているレコード会社は、氷川きよしらが所属する日本コロムビア、北島三郎らが所属する日本クラウン、川中美幸らが所属する [全文を読む]

フォーカス