著作 佐藤優に関するニュース

原稿用紙約1000枚、5年以上の歳月をかけた、知の巨人・佐藤優の集大成『宗教改革の物語―近代、民族、国家の起源―』刊行!!

PR TIMES / 2014年04月25日12時16分

現代の危機の源泉に挑む!!【各部の内容】まえがき――この作品に私の過去と未来と現在の、すべてが盛り込まれている→これまでの著作では触れられてこなかった、作家・佐藤優の方向性を決定づけた井上ひさし氏との会話を再現。さらに、佐藤優さん読者は必読! これも初公開!! 佐藤優さんが“残りの作家人生で書きたいテーマ”を優先順位ごとに記載。なぜ、『宗教改革の物語』は“ [全文を読む]

「金正恩とISが手を組んだ」? 今、情報筋から流れる“すごく怖い情報”とは…

週プレNEWS / 2016年06月16日06時00分

『金日成著作選』は最初8巻だった。その後、新しい文書が発見され、『金日成著作集』44巻になり、さらに『金日成全集』が出た時には100巻になっていた(笑)。要は新しい遺訓が発見されたという形でしか、時代に合わせた政治ができなかったわけです。もちろん、文書は捏造(ねつぞう)しているんですよ。 ところが、3代目の金正恩(キムジョンウン)は『金日成全集』は100 [全文を読む]

佐藤優氏(作家・元外務省主任分析官)推薦!!時間を征する者が人生の成功をつかむ!新刊書籍『自分の時間』(著者:アーノルド・ベネット/訳・解説:渡部昇一)5月11日(水)発売!

DreamNews / 2016年05月13日16時00分

日常生活の質を高めるための具体的なヒントを与えてくれる本書『自分の時間』は、彼の著作の中で最もよく愛読され、世界中の一流人が刺激を受けたとされるベストセラー。代表作に、20世紀英国小説の最高傑作といわれる『二人の女の物語』(岩波書店)がある。また自己修養、知的鍛錬の方法をまとめた啓発書として、本書のほかに『自分を最高に生きる』(三笠書房《知的生きかた文庫》 [全文を読む]

「心に効く、愛と毒舌」米原万里没後10年フェア開催!

PR TIMES / 2016年05月13日19時25分

決して長くはない56 年の生涯に書かれた著作は熱狂的なファンが多く、今も広く読まれつづけている。 [画像1: http://prtimes.jp/i/7006/2362/resize/d7006-2362-356391-0.jpg ] 著作のあるKADOKAWA・集英社・新潮社・筑摩書房・中央公論社・文藝春秋(五十音順)では共同で没後10年フェアを開催中。 [全文を読む]

知性の重要性

クオリティ埼玉 / 2015年06月09日13時27分

森本あんり著 反知性主義:アメリカが生んだ「熱病」の正体(新潮選書) 佐藤優著 知性とは何か(祥伝社新書) などこの反知性主義について問う著作も多く刊行されている。 バブル崩壊以降長く続いたこの国の経済的停滞が、短絡的にすっきり と世の中を理解したいという欲求に拍車をかけてしまった点は否めない。 民主政治は時としてまどろっこしい制度と受け止められているよ [全文を読む]

香山リカ氏解説、権力側にだけ表現の自由許される近未来描く書

NEWSポストセブン / 2016年12月25日16時00分

冒頭の佐藤氏とジェンダー問題の著作で知られる北原みのり氏との対談集『性と国家』はそのタイトル通り、最もプライベートな領域である「性」にも「国家の影」が忍び寄っているというのがテーマだ。 佐藤氏は、「国の性管理においては、圧倒的にジェンダー非対称で、女性がその対象になって搾取と暴力と差別の対象になっている」と言い、北原氏はそこでの免罪符として使われるのが「女 [全文を読む]

独メルケル首相の「不都合な行動」が、ドイツとEUを滅ぼしつつある

まぐまぐニュース! / 2016年08月03日04時30分

無料メルマガ『ロシア政治経済ジャーナル』の著者・北野幸伯さんが、メルケル氏の言動と識者の著作を引きながら、真相究明を試みています。 メルケルがドイツとEUを滅ぼす 皆さん、もう思い出すこともあまりないかもしれませんが。欧州では、「大量難民危機」が続いています。2015年、欧州には、シリア、イラク、アフガニスタン、リビアなどから150万人(!)の難民がやって [全文を読む]

世界を揺るがす衝撃のベストセラー、ついに日本上陸。シャルリー・エブドのテロ当日に発売されたミシェル・ウエルベック最新作。

PR TIMES / 2015年09月10日18時37分

フランス語で著作活動を行うイラン人女性作家、シャルドット・ジャヴァーンは、本書の刊行当日、『フィガロ』紙に好意的な書評を寄せていた。イスラーム文化圏でも欧米に倣った女性の自立を求め、『ヴェール、くそくらえ!』という挑発的な著書のある作家からすると意外に思われるが、彼女は、政治的イスラームのヨーロッパにおける台頭、拡大する脅威、そしてオイルダラーに屈するフラ [全文を読む]

月500冊読む佐藤優氏 速読は1冊30分、超速読なら1冊5分

NEWSポストセブン / 2012年07月25日16時00分

・本には3種類ある ・速読の目的は、読まなくてもよい本をはじき出すこと ・基本書は3冊、5冊と奇数にする ・1冊を5分で読む『超速読』と、30分で読む『普通の速読』 ・ノートは1冊主義 ・レーニンの読書ノートに学ぶ ・筆者の漫画の読み方 ・村上春樹『1Q84』をどう読むか…… 「佐藤さんの著作は、これまでにたくさん出版されてきました。しかし、彼が日々実践 [全文を読む]

フォーカス