柳田悠岐 千賀滉大に関するニュース

【プロ野球】ジャクソン(広島)とマテオ(阪神)は916票差!オールスター中間発表・激戦区はここだ!

デイリーニュースオンライン / 2017年05月27日16時05分

■【パ・リーグ】外野手 1位:秋山翔吾(西武) 42,482票 2位:柳田悠岐(ソフトバンク) 38,091票 3位:近藤健介(日本ハム) 27,012票 4位:T-岡田(オリックス) 26,915票 5位:上林誠知(ソフトバンク) 26,213票 柳田悠岐(ソフトバンク)が復活した影響もあり、3位争いが大混戦。成績では打率4割超の近藤健介(日本ハム)が [全文を読む]

【プロ野球】《交流戦》巨人を圧倒でソフトバンクのリーグ優勝確率は爆アゲ。交流戦巧者の吉兆ジンクスが見えた!

デイリーニュースオンライン / 2017年05月25日16時05分

2015年は、柳田悠岐が横浜スタジアムの電光掲示板を破壊する、バックスクリーンへの特大ホームランで話題を呼んだ。 また、勝率ではDeNA戦よりも下回るが、筆者がDeNAと劣らぬ相性のよさを感じるのが巨人だ。 交流戦開始以降、ソフトバンクがリーグ優勝した2010年、2011年、2014年、2015年における巨人との対戦成績は13勝2敗。また、2015年からは [全文を読む]

【プロ野球】これは強そう……。里崎智也、岡本篤志、藤田宗一が本気で選んだ「侍ジャパン仮想ドラフト」がアツい!

デイリーニュースオンライン / 2017年02月27日17時05分

※野球の見方が変わるスマホマガジンでニュースやコラムが読み放題! ■日本代表仮想ドラフトの結果は!? ■里崎JAPAN 1(中)青木宣親(アストロズ) 2(三)菊池涼介(広島) 3(二)山田哲人(ヤクルト) 4(DH)筒香嘉智(DeNA) 5(左)角中勝也(ロッテ) 6(右)鈴木誠也(広島) 7(一)中村晃(ソフトバンク) 8(捕)嶋基宏(楽天) 9(遊 [全文を読む]

【プロ野球】《ソフトバンクV奪回への道! 2017年の傾向と対策》~ロッテ編~ 相性の悪いロッテ中継ぎ陣…

デイリーニュースオンライン / 2017年02月02日17時05分

一方、打線も柳田悠岐が打率.366、5本塁打、21打点、中村晃が打率.326、1本塁打、12打点、内川聖一が打率.311、3本塁打、16打点、松田宣浩が打率.247、5本塁打、14打点と、特に主力は打ちまくった。 先制点を挙げ、先発投手がしっかり抑え、試合前半でロッテの戦意を喪失させる。来季のロッテ戦では、1試合でも多くこの試合展開に持ち込みたい。 ■開 [全文を読む]

【プロ野球】新井貴浩(広島)は781点。大谷翔平(日本ハム)は1268点。MVP投票の内訳をチェック!

デイリーニュースオンライン / 2016年12月05日16時05分

■パ・リーグは二刀流で大暴れした大谷翔平が受賞 【パ・リーグ/MVP投票獲得点数】 大谷翔平(日本ハム):1268点 レアード(日本ハム):298点 中田翔(日本ハム):190点 和田毅(ソ):100点 西川遥輝(日本ハム):44点 宮西尚生(日本ハム):41点 石川歩(ロ):31点 増井浩俊(日本ハム):28点 角中勝也(ロ):21点 内川聖一(ソ): [全文を読む]

【プロ野球】《2010年ドラフト会議を振り返る》「トリプルスリー」の2人が揃って指名された年

デイリーニュースオンライン / 2016年10月13日17時05分

※野球の見方が変わるスマホマガジンでニュースやコラムが読み放題! ■山田哲人は「外れの外れ」1位指名だった 2010年に指名された野手で大きく活躍しているのはヤクルト1位指名の山田哲人、ソフトバンク2位指名の柳田悠岐、西武3位指名の秋山翔吾だ。 履正社高時代に強打の内野手として注目を集めた山田は、大石、伊志嶺翔大(東海大→ロッテ)を外したオリックス、斎藤 [全文を読む]

【プロ野球】1軍より先に2軍が優勝! ソフトバンクがウエスタン・リーグ5連覇を達成!

デイリーニュースオンライン / 2016年09月22日17時05分

■ギータも千賀も2軍からブレイク 過去にも柳田悠岐(2011年ウエスタン本塁打王)、中村晃(2012年ウエスタン首位打者)、千賀滉大(2012年ウエスタン最高防御率)、東浜巨(2014年ウエスタン最多勝)など2軍で活躍した選手が、のちに1軍の主力選手として活躍している。 今季、先発ローテーション入りし8勝(4敗)、防御率2.48の笠原大芽、打率ウエスタン [全文を読む]

城島茂、福岡遠征で工藤公康監督のリーダー論に感心!

Smartザテレビジョン / 2016年05月13日05時00分

さらに昨シーズン、工藤監督の下、打率3割、30本塁打、30盗塁の“トリプルスリー”を達成、一気にブレークした柳田悠岐選手にも、工藤監督からの指導についてや今シーズンの意気込みなどを語ってもらった。城島は、48歳まで現役を続けていた投手時代の工藤監督を見ていただけに「きょうはドキドキワクワクしながら福岡に来ました」と胸を躍らせ、「長く現役を続けられた秘密は? [全文を読む]

ソフトバンクの無失点男、千賀とダルビッシュの共通点

週プレNEWS / 2013年07月06日12時00分

実際、入団1年目に参加した新人合同自主トレの際、彼は同期ドラフト2位入団の外野手・柳田悠岐のキャッチボールを目の当たりにし、「野手なのに俺より球が速い」と危機感を募らせるほどだったという。 「その危機感があったから今の千賀があるといってもいい。とにかくプロの世界で生き残るためには、死に物狂いでやるしかない。その危機感を胸に、倉野信次3軍投手コーチの下、最初 [全文を読む]

フォーカス