美空ひばり 加山雄三に関するニュース

【エンタがビタミン♪】カバー曲「カバーされた回数」ランキング&「このカバー曲がスゴイ」ナンバーは?

TechinsightJapan / 2017年05月26日16時51分

■カバーされた回数の多い曲 TOP8(カバーしたアーティストの一部)8位『なごり雪』かぐや姫(イルカ、五木ひろし、天地真理、河村隆一、ももいろクローバーZ等、全117組)7位『いい日旅立ち』山口百恵(秋川雅史、森光子、鬼束ちひろ、森昌子等、全123組)6位『卒業写真』ハイ・ファイ・セット(浜崎あゆみ、今井美樹、石田ひかり、コブクロ、松山千春等、全139組) [全文を読む]

加山雄三「紅白仮面ライダー事件」 リハから懸念していた

NEWSポストセブン / 2016年12月26日07時00分

最も有名な言い間違いといえば司会者がアンコールを歌い終えた都はるみを紹介する際、美空ひばりを一瞬頭に思い浮かべたのか、「ミソ……」といってしまった事件だろう。司会者は年明けに謝罪をする騒動に発展した。だが、言い間違いでも笑い話で済んだ人もいる。 1986年(第37回)、白組司会の加山雄三がトップバッターの少年隊を紹介する際、『仮面舞踏会』を「おい! 張り切 [全文を読む]

日本橋三越本店 昭和のスターとアイドル展 ~テレビからヒット曲が生まれた時代~ 5月3日(火・祝)~5月9日(月)新館7階ギャラリー 午前10時30分~午後7時【午後7時30分閉場】

PR TIMES / 2016年04月27日19時27分

そして復興から高度成長時代に数多くの歌が生まれ、美空ひばりを筆頭にマスメディアから新しいスターやアイドルが登場してきます。 [画像: http://prtimes.jp/i/8372/230/resize/d8372-230-295346-1.jpg ] 本展では歌謡曲の歴史を彩ったシングル・レコードのジャケットが、壁面いっぱいに飾られるなかで、当時のポス [全文を読む]

『昭和のスターとアイドル展』、5月に日本橋三越本店にて開催決定! コンサートや屋上ライブも

okmusic UP's / 2016年04月04日20時30分

そして復興から高度成長時代に数多くの歌が生まれ、美空ひばりを筆頭にマスメディアから新しいスターやアイドルが登場してきた。『昭和のスターとアイドル展』では、歌謡曲の歴史を彩ったシングル・レコードのジャケットが壁面いっぱいに飾られるなかで、当時のポスター・写真・ビデオ・パンフレット・原稿・楽譜・楽器・雑誌・衣装などが展示される。また、山野楽器、ディスクユニオン [全文を読む]

紅白歌合戦の事件級ハプニングシーン5選 吉川晃司大暴れ、綾瀬はるかの司会など

AOLニュース / 2014年12月29日12時00分

しかも美空ひばりが身内の不祥事で出演自粛している最中ということでより話がややこしくなった。 その後週刊誌などが叩きまくって、生方アナは、翌年大阪に移動になり、その年に退職(退職はミソラ事件が原因ではないと本人は生前否定していた)。美空ひばりも都はるみも後に生方アナを気遣うなど、本人たちも気にしていないのに回りが騒ぎすぎた、単なるいい間違えで人を追い込む民衆 [全文を読む]

グラビアを席巻する“リアル峰不二子”染谷有香が匂わせる官能美。ファン騒然のあの話の真相は…

週プレNEWS / 2016年02月02日16時00分

音楽も美空ひばりさんとか山口百恵さんとか大好きだし。 ―流行りのSEKAI NO OWARIやmiwaちゃんではないと。 染谷 違いますね。一番好きな曲は『人生一路』ですし。 ―生まれてくる時代を間違えたかも(笑)。ちなみに休日は何をやってるの? 染谷 ジムに行きますけど、基本インドアで。TVやネットの動画サイトを見てることが多いです。あ、でも最近はなるべ [全文を読む]

フォーカス