兄弟 昭和天皇に関するニュース

兄に子が生まれた高松宮綴った「重荷のおりた様なうれしさ」

NEWSポストセブン / 2013年05月25日07時00分

近代日本で「天皇家の兄弟たち」はそれぞれの務めを果たしてきた。その歴史を小田部雄次・静岡福祉大学教授(日本近現代史)が紐解く。ここでは昭和天皇の弟・高松宮の苦悩について解説する。 * * * 海軍兵学校を卒業した高松宮は青年期、弟宮という立場に悩んでいた。昭和4年(29年)ごろの日記では「単にスペアーとして生きておるのが皇族であるとも云へない」と揺れる胸中 [全文を読む]

昭和天皇の弟・高松宮宣仁親王が友達を作らなかった理由とは

NEWSポストセブン / 2013年05月23日07時00分

時代が移り変わる中でも、「天皇家の兄弟たち」はそれぞれの務めを果たしてきた。その歴史を小田部雄次・静岡福祉大学教授(日本近現代史)が紐解く。ここでは昭和天皇の弟・秩父宮と高松宮の人柄について解説する。 * * * 古来、皇位は慣行に基づき天皇や朝廷公家らの意向で決定されるもので、皇長子に限らず皇族から多様に選ばれ、近代以前には兄弟姉妹間での継承が数多くあっ [全文を読む]

<批判は思想の違い?>安倍昭恵夫人のズレた感性と軽率さ

メディアゴン / 2017年03月22日07時49分

教育勅語を評価される方の多くが、親孝行、夫婦・兄弟・友達とは仲良く、博愛、勤勉、等々の素晴らしい道徳律が示されていて、何も悪いことはなく現代でも評価すべきだと言います。しかし、これらの道徳観はいつの世も、世界中どこの国でもごくあたりまえの価値観です。なにもわざわざ戦前の教育勅語を引っ張り出すまでもありません。教育勅語を通読されれば誰でもすぐに分かることです [全文を読む]

天皇は「ジミー」で常陸宮は「火星ちゃん」の愛称で呼ばれた

NEWSポストセブン / 2013年05月30日07時00分

時代が移り変わる中でも、「天皇家の兄弟たち」はそれぞれの務めを果たしてきた。その歴史を小田部雄次・静岡福祉大学教授(日本近現代史)が紐解く。ここでは今上天皇と弟の常陸宮の二人三脚について解説する。 * * * 今上天皇と常陸宮は2歳違いである。2人とも成年前に敗戦を迎え、叔父たちのように軍隊に入ることはなく、戦後社会の教育を受けることになった。今上天皇がア [全文を読む]

日本を分割占領から救った、スリランカ代表の「愛」の演説

まぐまぐニュース! / 2016年04月26日19時00分

次ページ>>敵国日本から学んだ「愛国心」 「インドとスリランカにいる兄弟・姉妹に呼びかけます」 1932(昭和7)年にコロンボに生まれ、スリランカ独立後に海軍兵学校部隊長となったソマシリ・デヴェンドラ氏は、次のように語っている。 1941年に日本が真珠湾を攻撃し、第2次大戦に参戦した時には、スリランカ人は日本に対してある種の同情を寄せていました。 194 [全文を読む]

第18回「王者日テレの歴史」(前編)

ソーシャルトレンドニュース / 2017年03月10日20時00分

力道山と木村政彦のタッグが、シャープ兄弟と対戦した。多くの人々が都内の街頭テレビの前に群がり、新橋に設置された街頭テレビに至っては、実に2万人もの群衆が殺到したという。 正力は街頭テレビの前に大衆を集めることで、民放テレビの価値をスポンサーに理解させることに成功したのである。■ハプニングだらけの黎明期 今でこそ日テレはグループ合わせて社員数4000人を超え [全文を読む]

晩年を取材した記者が「実録」から読み解く新たな昭和天皇像

NEWSポストセブン / 2015年10月28日11時00分

「重要なのは兄弟2人ではなく秩父宮妃、高松宮妃も一緒に会っていることで、妃のほうが皇太后との関係も密なんです。妃の意見を前面に出して皇太后を説得したのでは。17日に、ようやく、皇太后と天皇は会います。ここにも、息づまるドラマがあったんです」 この夏、リメイクされた映画『日本のいちばん長い日』は、ポツダム宣言受諾から玉音放送までの緊迫した刻々を描くが、ぜひ [全文を読む]

皇太子退位論に「即位してないのに退位とは意味不明」と意見

NEWSポストセブン / 2013年05月27日07時01分

皇太子と秋篠宮の兄弟が「継ぐ者」と「支える者」という役割分担を果たせているかと言えば、必ずしもそうは見えない。原因はどこにあるのか。大原康男・國學院大學大学院客員教授が解説する。 * * * 昭和天皇が崩御されて24年余り、マスメディアでは「天皇の戦争責任」を問う論調がめっきり減った。その代わりというわけではなかろうが、ここ10年来続いているのが、皇太子妃 [全文を読む]

忘れがたき「昭和のいい女」を一斉追跡!<直撃1・桑原幸子(プレイガール)>

アサ芸プラス / 2017年05月05日09時57分

皆さん、無償で撮ってくれたから、いわゆる“兄弟”じゃないかってウワサされたくらい(笑)。──そのカレンダーが飛躍のきっかけになったんですね。桑原 そう、雑誌にも載ったし、所属していた東映の大川博社長が「お前たちも幸子の売り込み方を見習え」って宣伝部員にハッパをかけてたよ。──さて「プレイガール」ですが、男相手に派手なアクションを披露する女優ばかりですので、 [全文を読む]

台湾人は忘れない。命を落としてまで台湾に尽くした5人の日本人

まぐまぐニュース! / 2017年03月30日04時30分

しかし、両親や兄弟が日本語を常用していたため、家庭内で戦後も日本語との接点が保たれた。老婆は今もNHK衛星放送で大相撲やのど自慢を観るのが何よりもの楽しみだと笑っていたが、突然真顔になって、「一度でいいからのど自慢を台湾でやってくれないものかね」と迫られた。(同上) ハルヤマ先生は終戦で日本に引き揚げ、再び、この地を訪れることはなかった。そしてそれから6 [全文を読む]

安倍政権 参院選後に女性宮家創設を検討か

NEWSポストセブン / 2016年04月13日07時00分

皇太子殿下と秋篠宮殿下の間にも幾度も“確執”が伝えられただけに兄弟で話をするいい機会となりました」(宮内庁関係者) こうした三者会談などの成果もあり、4月3日に執り行なわれた、奈良県橿原市での神武天皇陵で同天皇崩御2600年に合わせた式年祭には天皇皇后両陛下に秋篠宮夫妻が付き従う一方、皇太子夫妻は皇居・宮中三殿で行われた皇霊殿での祭祀では皇太子は天皇の名代 [全文を読む]

天皇、皇太子、秋篠宮による頂上会談で皇室新時代へ

NEWSポストセブン / 2016年04月11日07時00分

皇太子殿下と秋篠宮殿下の間にも幾度も“確執”が伝えられただけに兄弟で話をするいい機会となりました。またこの会談には宮内庁長官や侍従長が同席することもあるようです」(宮内庁関係者) 皇統問題に始まり皇族減少問題、天皇の公務の分担、雅子妃の病気、悠仁親王の帝王学など、皇太子と秋篠宮が中心となる「皇室の未来」についての話し合いを重ねているという。 だが「三者会談 [全文を読む]

編纂から1300年の『古事記』原文 文庫本換算で100ページ弱

NEWSポストセブン / 2012年02月24日07時00分

ニニギはコノハナノサクヤビメと結婚、生まれた兄弟を主人公に「海幸山幸」の物語が展開し、ニニギの曾孫にあたるカムヤマトイワレビコ(神武天皇)を登場させる。 中巻は、神武天皇の東征から始まる。高千穂を出て東へ進軍した神武天皇は、大和の橿原(かしはら)に到達、天下を治めた。こののち第2代綏靖(すいぜい)天皇から第15代応神天皇までの系譜とエピソードを収める。なか [全文を読む]

フォーカス