演技 佐藤江梨子に関するニュース

吉岡里帆、相楽樹、佐野ひなこ……次期ドラマで注目の“グラビア出身女優”たち

リアルサウンド / 2016年06月16日08時01分

参考:『とと姉ちゃん』次女役で注目! 相楽樹の包容力あふれる演技の魅力 最近はAKB48などのアイドルがグラビア活動を積極的に行っていることや、グラビアを掲載する週刊誌が減っていることなどで、いわゆる“グラドル”と呼べる人材は少なくなっている印象だが、それでもなお、確実に新世代のグラビア出身女優たちは台頭してきている。■演技派で鳴らすグラビア出身女優 現在 [全文を読む]

瑛太、若い頃を思い出し「居酒屋で俳優論を語り合った時期もあった」

CinemaCafe.net / 2017年09月07日17時39分

また本作が演技初挑戦となった武尊さんだが、「ほかの俳優がヤバいと思うくらい、嫉妬するほど自然な演技」(武監督)、「この中で一番、得してると思います」(佐藤さん)と言い、瑛太さんも、まさに武監督の言葉通り武尊さんの演技に「嫉妬しました」と告白し、登壇陣は一様に絶賛。 さらに、この日はスペシャルゲストとして亀田兄弟が登場! 佐藤さんと瑛太さんに花束を贈呈し、大 [全文を読む]

瑛太、武尊からK-1に誘われる

シネマトゥデイ 映画情報 / 2017年09月06日21時11分

瑛太の格闘センスを絶賛した武尊だが、本作への出演は「演技の勉強も実は少しやったことあるんです。格闘技の映画と聞いて是非って」と二つ返事で受けたとのこと。そんな武尊の俳優としての奮闘について瑛太は「武尊さんには嫉妬しました」と絶賛返し。「格闘技も出来るし、演技も。これできっと映画賞の新人賞もとれると思います」と言い、「持ち上げ過ぎですよ」と武尊を大照れさせ [全文を読む]

“最後の昼ドラ”主演の佐藤江梨子に「小池栄子にはなれない」の厳しい声

アサ芸プラス / 2016年03月30日09時58分

ところが、回数を追うごとにシリアスな演技を求められる場面が増え、サトエリの演技力不足が目立ち始めたのです。そのため『サトエリは小池栄子にはなれない』『女優はあきらめてグラビアに戻れば?』など、厳しい声が急増しています」(テレビ制作会社スタッフ) ドラマでは佐藤の他に、遠藤久美子が目の不自由な茶道の家元を、宮地真緒がスナック経営者を演じているが、こちらは「エ [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】桐山漣は「段取りがまったくできない」上に「変態」? 彼自身の体験談から検証する。

TechinsightJapan / 2014年08月30日20時55分

役の中で心がけたことは、夏は不思議な事が起こる季節なので、わりとナチュラルにおかしい事が起こっているという認識で演技しました。自然な感じで…」と彼女らしい表現をしている。また、「実際の自分とは真逆で演じやすかったです。自分の憧れって感じの役だったので」という黄川田は「役柄は王子様でも上昇志向が高めで、鼻につく役だったので、面白かったです」と振り返った。一方 [全文を読む]

瑛太、K-1王者・武尊の演技力に嫉妬!?「この映画で新人賞も…」

映画.com / 2017年09月06日23時15分

また、現K-1チャンプ・武尊は今作で演技初挑戦。「芝居に興味はありましたし、監督にもレッスンしていただいて、勉強しました」と充実の表情だ。これに武監督は「ほかの俳優さんが『やばいな』と思うくらい、自然な演技だった」と称賛し、佐藤も「この映画で、一番得していると思います」とポツリ。武尊は「ハードル上げないでください」と謙そんしきりだった。 さらに瑛太も「武 [全文を読む]

佐藤江梨子に「裸にエプロンを妄想」とファン興奮 大根演技で小池栄子との格差は広まるばかり?

おたぽる / 2016年11月28日09時00分

同年8月に出産を経て、今年2月から放送開始された昼ドラマ『嵐の涙~私たちに明日はある~』(フジテレビ系)の主演で女優復帰したものの、グラビア活動を再開する様子は見せないため、『女優としてよりも、グラビアモデルとして活躍してる姿の方が見たい』『いつビキニ姿を解禁してくれるの?』などと、ファンの欲求不満は募るばかりとなってしまっているようです」(芸能関係者) [全文を読む]

来年3月で打ち切りとなるフジの昼ドラ “敗戦処理役”は、産休から復帰の佐藤江梨子で……

日刊サイゾー / 2015年12月28日09時00分

佐藤には“敗戦ムード”を吹き飛ばすような演技を期待したいものだが……。 (文=森田英雄) [全文を読む]

出産ラッシュの続く芸能界! 佐藤江梨子、マタニティ姿の最新CMで幸せオーラ全開

メンズサイゾー / 2015年08月09日12時00分

あまりにも自然な演技を見せ、幸せオーラを漂わせる佐藤は視聴者に好評なようで、放送開始からまだ日が浅いがネット上には、「赤ちゃんとの初共演おめでとう」「幸薄いイメージもあったけど、ホントに幸せそうで良かった」などと祝福コメントが寄せられている。 しかしその一方で「またママタレの誕生か」と、今の芸能界に対する不満ともとれるような声も。実際にママとなる佐藤が大き [全文を読む]

迷走する優香、女優業停滞&破局でキャラ崩壊の危機?小池栄子、佐藤江梨子と開く格差

Business Journal / 2015年04月08日06時00分

「女優としては演技が下手だという指摘もありますが、彼女は自身のキャラクターに合う役柄でこそ生きてくるタイプだと思います。柔らかい雰囲気が持ち味の優香ですが、今回演じている寿は『烈婦』とまで呼ばれた強い女性です。制作側は普段と違うキャスティングを狙ったのかもしれませんが、演出も脚本も優香の存在を生かしきれているとは言い難いです」 [全文を読む]

佐藤江梨子の“無駄”巨乳は「毎日牛乳1リットル」の賜物!?

メンズサイゾー / 2013年10月01日18時00分

「庵野秀明監督の『キューティーハニー』や、10月公開の松本人志監督の映画『R100』でのボンテージ姿のSM嬢など、体を生かしたセクシー系の役もありますが、演技力自体も高く評価されています。しかしながら、演技とは関係のないところで胸が注目されることが多いのは、もはや宿命でしょう。ドラマで小走りをすれば『揺れがすごい』とキャプチャ画像がネット上に出回り、『サ [全文を読む]

佐藤江梨子「10年ぶり写真集で三十路ビキニ披露の崖っぷち」

アサ芸プラス / 2013年05月23日10時00分

最初は体が注目されても、あとで演技が評価されればそれでいい』とも話しています。写真集のヒットで健在ぶりをアピールし、それを置き土産に事務所を移り、さらには濡れ場を演じて本格派女優にという思惑があるのでしょう」 この10年間で、色香が増したのは奔放な男性関係も一因だと語る関係者もいる。 「明らかにボディはエロさを増していますが、考えたらこの10年の間も市川海 [全文を読む]

2度と仕事したくないTV美女(3)仲里依紗、戸田恵梨香

アサ芸プラス / 2013年02月27日09時59分

演技指導すると『それは違うと思います!』と反論してくるんです。きっとまだおおらかな監督にしか当たったことがないんでしょうね。厳しい監督だったら、次の出演はなくなりますよ」(ドラマ制作スタッフ) 同じく朝ドラのヒロイン経験者である堀北真希(24)も、現場では鬼となることもあるという。 「基本的に仕事に対して誠実なんですけど、いかんせん気が強すぎる。演技[全文を読む]

「気難しさゆえ......」佐藤江梨子 突然のブログ休止と難航する移籍ロード

日刊サイゾー / 2012年07月22日08時00分

また、彼女には演技への独自のこだわりがあるらしく、自分のことを"演者"と称するなど、かなり気難しい性格。さらに最近は喜怒哀楽が激しく、機嫌の悪い日は仏頂面だったり文句を言いだしたりと、撮影現場は大混乱で必ずしも評判が良くないんです」(同) 抜群のプロポーションに加え、演技力も備えるという、芸能プロダクションなら喉から手が出るほど欲しい逸材のはずなのだが、そ [全文を読む]

舞台「レシピエント」制作発表記者会見

PR TIMES / 2012年02月02日18時35分

そういったことを演技を通して伝えていければと思います。橋本淳:加藤さん演じる取り立て屋会田の部下、木塚を演じます。会田が武闘派なら、木塚は慎重派で頭が切れる、作品の中では含みが多い役というのが自分のイメージです。今日から稽古が始まるので、稽古をしていく中で、G2さんの演出とのすり合わせをしっかりしていきたいです。初めての方が多いので、まっさらな中で稽古に励 [全文を読む]

瑛太がガッキーに言われた「打ち上げの二次会で聞くようなこと」

ananweb / 2017年10月07日16時00分

――人間の生々しい感情や弱さなどがものすごくリアルに描かれていて、役者さんたちの演技がすばらしく、心に残る作品でした。 瑛太:こういう映画が日本でも撮れるんだよ、と伝えたいですね。ジェフ・ミルズの音楽の力も強くて素晴らしいんですが、映画の世界観として、ただ悲しみを悲しく、怒りを怒りとして描いているだけじゃない。観ている側の心に、お前はどう思う? これ観て [全文を読む]

佐藤江梨子、子育て通してギラギラしたサトエリから大らかな“ママエリ”に「人に対して優しくなった」

dmenu映画 / 2017年10月03日07時00分

「最近はシリアスな演技が上手な方が多いような気がして、それは自分に欠けている部分でもあるので羨ましいけれど、私は観客の方に『なんだかこの人楽しそうだなぁ』と思われるような女優でありたい。おせっかいなおばちゃん道を着実に歩いていきますよ」。佐藤がママエリとして刻む人生の第2章は始まったばかりだが、にぎやかな歩みになることだけは間違いなさそうだ。 (文・石井隼 [全文を読む]

格闘技で!卓球で!スポーツの秋は瑛太が猛ハッスル!?

Movie Walker / 2017年09月26日18時33分

秀でた演技力と男前なルックスでファンを獲得してきた瑛太。あまり多くを語らぬクール&ミステリアスな雰囲気が似合う彼が、10月公開の『リングサイド・ストーリー』(10月14日公開)、『ミックス。』(10月21日公開)の2作で、意外(!?)にも体育会系男子役に相次いで挑戦している。 佐藤江梨子とW主演を務めた『リングサイド・ストーリー』では、10年来の恋人カナコ [全文を読む]

また視聴率下落の『セシル~』、もはや前回の内容を無視…演出もずさんで見るに耐えず

Business Journal / 2017年08月04日20時00分

この場面の真木の演技はとても良かったが、それ以上に気になってしまったことがある。それは、全体的に前回の内容をすっかり忘れてしまったかのような展開になっているということだ。 その筆頭が奈央とハマユカの関係性だ。前回ハマユカは、読者モデルとカバーモデルでは覚悟も生き方も違うと奈央にキッパリ宣言していた。普通に考えれば、多少は気まずくなるはずだ。ところが今回ハマ [全文を読む]

“ダメ男”瑛太が佐藤江梨子のためにリングに立つ!?

ザテレビジョン / 2017年07月15日15時58分

主演の二人の他、武藤敬司、武尊、黒潮“イケメン”二郎など、プロレスやK-1界のトップアスリートたちの演技にも注目だ。 また、主題歌にフラワーカンパニーズの「消えぞこない」を起用。エンディングは「唇」、挿入歌には「キャンバス」と、エンディング、挿入歌ともに、フラワーカンパニーズの楽曲が使用される。 さらに、ポスタービジュアルが解禁。売れない役者の“ダメ男” [全文を読む]

フォーカス