森進一 襟裳岬に関するニュース

ONE OK ROCKのTakaと森昌子の母子2ショット写真がなぜ胸を打つのか…荒れたジャニーズ時代、父・森進一との確執を乗り越え大人に

messy / 2016年05月11日00時00分

「Takaは日本を代表する歌手の1人、森進一と森昌子の長男として生まれました。幼い頃から人一倍厳しいしつけを受け、家族での食事の時も父親が箸をつけた後に長男のTakaが、その後次男、三男がというルールがあったそうです。三兄弟が成人した現在でも、弟は兄に対して敬語を使っていると、昌子さんは過去のインタビューで明かしていました」(芸能ライター) そんなTaka [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】吉田拓郎の『報ステ』出演に東国原氏が感慨「元気で良かった!!」

TechinsightJapan / 2016年02月12日19時55分

吉田拓郎は1974年に森進一がレコード大賞を受賞した『襟裳岬』の曲を提供している。彼が自ら歌ったデモテープでは「キャロル・キング風のアレンジにして渡した」が、仕上がって戻ってきた歌を聴くと「最初にトランペットの音がプァ~と鳴った瞬間、びっくりして倒れちゃった」と明かす。それによって演歌とはこういうものかと学び、以降は森進一の『襟裳岬』を聴いて「これしかない [全文を読む]

作詞家の岡本おさみ氏が心不全で死去

okmusic UP's / 2015年12月17日22時15分

吉田拓郎の「旅の宿」や森進一の「襟裳岬」など数々の名曲の歌詞を手がけたことで知られる、作詞家の岡本おさみ氏が11月30日に心不全で亡くなった。享年73歳だった。葬儀は氏らしさを尊重したいという遺族の意向により、過日ご家族で執り行われた。【その他の画像】吉田拓郎岡本氏は作詞家として1968年に「ふりかえらないで」でデビューすると、吉田拓郎とのコンビで「旅の宿 [全文を読む]

「襟裳岬」「おふくろさん」など大ヒット曲から最新曲まで熱唱!『The Vocalist~音楽に恋して~「森進一」』TBSチャンネル1で5月14日(日)テレビ初独占放送!

PR TIMES / 2017年05月12日10時00分

株式会社TBSテレビ(本社:東京都港区、代表取締役社長:武田信二、以下TBS)が運営するCS放送「TBSチャンネル1 最新ドラマ・音楽・映画」では、『The Vocalist~音楽に恋して~「森進一」』を5月14日(日)午後6時からテレビ初独占放送する。 [画像: https://prtimes.jp/i/3065/783/resize/d3065-783 [全文を読む]

紅白歌合戦珍事件 『襟裳岬』熱唱する森進一が社会の窓全開

NEWSポストセブン / 2016年12月21日16時00分

そんな紅白で5度の大トリを経験した森進一は、予期せぬ“珍事”に見舞われた。 1974年(第25回)、初の大トリを務めた森。同年のレコード大賞を受賞した『襟裳岬』を熱唱していると会場がザワつきはじめる。森の“社会の窓”が全開になっていた。当時、白組司会を務めた山川静夫氏が振り返る。 「森さんがステージの階段を降りてくる時に股間のあたりに白いものがチラッと見え [全文を読む]

選挙応援で『襟裳岬』歌った森進一氏 公職選挙法抵触か

NEWSポストセブン / 2016年07月22日07時00分

ぜひ皆さんご支援ください」と簡単な挨拶をしただけで、40年来の友人という歌手の森進一氏にバトンタッチ。森氏が「今日は歌じゃなくて鳥越さんの応援にやってまいりました」といいながら応援の後には、リクエストに応えて持ち歌である『襟裳岬』のサビの部分を歌った。 2人合わせて3分ほどの街頭演説に聴衆から「暑い中、長時間待ったのに」という不満があがったが、問題視されて [全文を読む]

『月曜から夜ふかし』千葉のローカルスター・ジャガーさんが「あの名曲」をカラオケで熱唱、「まさかの選曲すぎるwww」と話題に

AOLニュース / 2016年01月19日12時00分

影響受けてますね」と語っていたものの、いざ始まってみると、なぜか「おふくろさん」「襟裳岬」といった森進一の楽曲を立て続けに熱唱し、さらには長渕剛の「とんぼ」をアレンジしまくって披露した。そのハスキーボイスの魅力も相まってネット上の視聴者からも「ジャガーさんwwww」「まさかの森進一www」「まさかの選曲w」「微妙に上手いから困るw」「ジャガーさん遠征しすぎ [全文を読む]

​吉田拓郎「旅の宿」や森進一「襟裳岬」手がけた作詞家、岡本おさみさんが心不全で逝去

AOLニュース / 2015年12月19日22時15分

作詞家として、1968年に「ふりかえらないで」でデビューすると、「旅の宿」(吉田拓郎)、日本レコード大賞受賞曲「襟裳岬」(森進一)、「黄金の花」(ネーネーズ)など数多くのヒット曲を世に送り出した。のちに、作家としても「旅に唄あり」などを上梓し、晩年にはミュージカル「泣きたくなったら笑うんだ」など舞台演出家としても活躍。今年10月に発売されたフォー・セインツ [全文を読む]

“干された芸能人”のタブー真相を一挙暴露「許されなかった独立騒動篇」(1)

アサ芸プラス / 2014年10月28日09時58分

演歌界の大御所・森進一(66)がナベプロ(渡辺プロダクション)から独立したのは79年のこと。それまでに「おふくろさん」、レコード大賞を受賞した「襟裳岬」などでヒットを飛ばし、まさに絶頂期だったが‥‥。 肥留間氏が言う。 「あれだけヒット曲に恵まれていた森だが、独立後、彼にいい楽曲を書こうと言う人がいなくなった。加えて森は、スタッフのウケがよくなかったんで [全文を読む]

森進一 「演歌歌手と呼ばれるのは不愉快、自分は流行歌手」

NEWSポストセブン / 2013年01月20日07時00分

団塊世代を代表する歌手、森進一が鹿児島から上京して作曲家・チャーリー石黒のもとに弟子入りした。続けて、森が流行歌手として活躍した時代のことをジャーナリスト・鳥越俊太郎氏が訊く。 1970年から10年間のレコード大賞受賞曲は、鳥越氏が冒頭で指摘した〈日本庶民共有の財産〉を生んだと鳥越氏は指摘する。そこには「今日でお別れ」「また逢う日まで」「喝采」「夜空」「襟 [全文を読む]

1000人アンケート「夢の紅白歌合戦」大トリは山口百恵

アサ芸プラス / 2012年11月14日11時00分

一方、白組の森進一さんは、フォークと演歌の垣根を取り払った名曲「襟裳岬」です。どうぞ! 「『赤いスイートピー』の作曲はユーミン。『襟裳岬』の作曲は吉田拓郎。“ドリーム紅白”に出演している2人がそれぞれピアノとギターで参加しての対決、ぜひ見てみたいですね」 八代亜紀が「舟唄 ジャズバージョン」で、舟唄の新しい側面をじっくりと聴かせたあとは、会場の空気が一変。 [全文を読む]

SMAP“あの名曲”は、お経がヒント!? 大ヒット曲の「意外すぎる真実」

日刊大衆 / 2016年11月18日10時00分

森進一の『襟裳岬』(作詞・岡本おさみ/作曲・吉田拓郎 73年12月発売)も、その一つだが、当初はやや行き違いもあった。「何もない春」という言葉に、えりも町の人々が反発し、抗議するという一幕があったのだが、これは誤解。「あの“何もない”は、作詞家の岡本おさみが当地で悪天候に見舞われ、民家に避難したところ、老夫婦が“何もないけど”とお茶を出してくれたのがヒント [全文を読む]

SMAPのあの名曲は◯◯がもとだった!? ヒット曲の意外な真相ベスト10!秘話満載のカラオケ必携品

ダ・ヴィンチニュース / 2016年09月24日15時00分

本書に登場する思わず人に話したくなる意外な真相ベスト10! 第1位/「世界に一つだけの花」はお経がもとだった(SMAP) 第2位/当時は存在しなかった「赤いスイートピー」(松田聖子) 第3位/「シクラメンのかほり」は匂いではなく妻の名前(布施明) 第4位/桑田がトシちゃんを真似た「チャコの海岸物語」(サザンオールスターズ) 第5位/「卒業写真」の‘あの人 [全文を読む]

鳥越俊太郎、公職選挙法違反の疑惑浮上…懲役刑の可能性も

Business Journal / 2016年07月21日06時00分

野党統一候補として出馬したジャーナリストの鳥越俊太郎氏は、7月18日、東京・巣鴨で街頭演説を行ったが、約40秒という短さで「40年来の友人」である歌手の森進一にバトンタッチ。 森は、「東京都民の1人として、高齢者として、鳥越さんに託したい」などと応援演説を行い、聴衆からの「歌って」というリクエストに応えるかたちで、代表曲「襟裳岬」のサビを披露する場面もあっ [全文を読む]

真心ブラザーズや三浦大知ら豪華ゲストが登場する、リリー・フランキー主催の歌謡ショー「ザンジバルナイト2015」をWOWOWで放送!

PR TIMES / 2015年08月03日17時47分

多くのライブを経験してきた鈴木だが、やはりいつもとは違う感覚なのか、森進一の「襟裳岬」を歌う様子は少し緊張しているようにも見えた。しかし2曲目で自分たちのオリジナル曲「深夜高速」を歌い、いつものロックボーカリストの佇まいに。無事、トップバッターとしての重責を果たした。 2番手以降も個性的なゲストが続々と出演。水谷千重子(友近)は松田聖子の「夏の扉」など3曲 [全文を読む]

吉井和哉、TRIADレーベルに移籍&第1弾シングルは1月28日リリース

okmusic UP's / 2014年11月18日13時00分

リスナーからの質問コーナーやクイズなど盛りだくさんの予定なので、こちらも要チェック!■アルバム『ヨシー・ファンクJr.~此レガ原点!!~』2014年11月19日発売 【CD】 COCP-38893/¥3,000+税 【アナログ盤】※初回生産限定 COJA-9285/¥3,800+税 <収録曲> 01.SPINNING TOE HOLD~OPENING~(ク [全文を読む]

吉井和哉、年末の武道館公演は久しぶりとなる全方位解放!

okmusic UP's / 2014年10月08日13時00分

■ニコニコ生放送 「吉井和哉 初のカヴァーアルバム発売記念24時間特番」11月01日(土)~11月2日(日) 開場:20:50 開演:21:00 http://live.nicovideo.jp/watch/lv194599285■「YOSHII KAZUYA SUPER LIVE 2014〜此コガ原点!!〜」12月28日(日) 日本武道館 Open 17 [全文を読む]

吉井和哉、キャリア初となるカヴァーアルバムは日本の昭和歌謡をフィーチャー

okmusic UP's / 2014年10月01日17時00分

今回の作品の発売元、日本コロムビアに所属し、昭和の歌謡界の女王と呼ばれた美空ひばりの「真赤な太陽」(1967年)、弘田美枝子の「人形の家」(1969年)など吉井和哉の幼少期だった60年代の名曲から、前川清の熱唱で一世を風靡した内山田洋とクール・ファイブ「噂の女」(1970年)、吉田拓郎作曲、森進一の代表曲「襟裳岬」(1974年)など、70年代に流行した演歌 [全文を読む]

あの伝説の歌番組がDVDで甦る テレビ東京開局50周年記念「演歌の花道」DVD-BOX 発売決定!

PR TIMES / 2013年10月23日15時37分

テレビ東京開局50周年記念「演歌の花道」DVD-BOX 2013年12月18日発売 価格:¥25,200(税込) ★収録内容 【第一巻 春…夏…】「襟裳岬」森進一、「無法松の一生~度胸千両~」村田英雄、ほか全20曲 【第二巻 秋…冬…】「津軽海峡・冬景色」石川さゆり、「雪椿」小林幸子、ほか全20曲 【第三巻 港まち…】「北の漁場」北島三郎、「舟唄」八代亜 [全文を読む]

演歌の名盤BEST100(2)島倉千代子「人生いろいろ」で借金を完済

アサ芸プラス / 2013年01月15日10時00分

まさに人生いろいろだと言われました」(石川氏) 演歌の名曲に交じって、8位に坂本冬美(45)の「また君に恋してる」、12位に森進一(65)の「冬のリヴィエラ」、18位にも森の「襟裳岬」がランクイン。いずれもフォークやポップスの香りのする曲が上位に入っている。そのあたりを音楽評論家の富澤一誠氏に聞いてみた。 「最近、演歌や歌謡曲のカテゴリーに入らない新しいジ [全文を読む]

フォーカス