再婚 森進一に関するニュース

安室奈美恵、堀北真希、山口百恵など人気芸能人引退の「去り方と逃げ方」

週刊女性PRIME / 2017年10月05日18時05分

再婚したともウワサされますが、近況が聞こえないところを見ると帰国していないのでしょう」(写真誌カメラマン) 人生の転機は結婚や妊娠だけではない。若人たちは学業との両立に悩まされる。 '99年4月、後に国民的アイドルグループに成長した『モーニング娘。』初期メンバーだった福田明日香が、「学業に専念したい」と15歳で引退。ところが7年後、雑誌のインタビューで「あ [全文を読む]

5年で離婚した大原麗子さん 「嫌いで別れたわけではない」

NEWSポストセブン / 2017年08月30日11時00分

「渡瀬さんの家に電話すると再婚した奥さんが出て、私が『大原です』と名乗ると、『ギャッ』と驚かれちゃうのよ」なんて笑って話すんです。テレビを見ていても、「カヨさん、渡瀬さんが出てるわよ、フフフ」って、いつも嬉しそうにしていました。 渡瀬さんも、そんな麗子さんをずっと気遣ってくれていた。麗子さんのお別れ会のときには、人目につかない席でひっそり涙を流してくださ [全文を読む]

67才森進一 28才年下の恋人が「薄暗がりから出してくれた」

NEWSポストセブン / 2015年08月07日07時00分

でも、そういうところもかえってよかったんでしょうね」 ──将来的には、再婚も考えているのですか? 「いえ、籍を入れるとか、そういう話はお互いにないです。ちゃんとした形を作ってしまうと壊れてしまいますから」 ──それは経験で? 「寂しく過ごしてきたから」 ──離婚されて10年です。 「はい。ひとりでご飯つくってひとりで食べて。お酒飲めないからさっさと寝て。そ [全文を読む]

加藤茶、「若い妻のおかげで若返る」発言に「どう見ても老け込んだろ」とツッコミ殺到!

サイゾーウーマン / 2015年08月06日16時40分

1984年に大原麗子と離婚、86年に再婚した森昌子とも05年に離婚している森は、報道によれば、新しい彼女との結婚はまだ考えていないというが、これに対して『ノンストップ!』では「ある人物が森さんにエールを送っている」として、加藤のVTRを放送した。 「加藤の応援VTRは、綾菜が食べ物を箸で加藤の口に『あーん』したり、加藤の背中からぎゅっと抱きく“ラブラブ映 [全文を読む]

渡瀬恒彦さん 闘病中駆けつけていた元妻・大原麗子さんの法要

WEB女性自身 / 2017年03月25日06時00分

しかし大原さんは森進一と再婚するも、まもなく離婚。渡瀬さんは離婚後も大原さんのことを気にかけていた。大原さんは独居生活を送り、09年に自宅で孤独死するという最期だった。 2人のことをよく知る脚本家の石井ふく子さんは語る。 「渡瀬さんは世間では無骨なイメージがありますけど、優しい気性の人で、本当に麗子ちゃんを愛してくれていたんだと思います。渡瀬さんが、彼女の [全文を読む]

若い人は意外と知らない!?実は元夫婦だった芸能人ビッグカップル!【パート2】

日本タレント名鑑 / 2015年11月21日09時56分

そしてその森さん、1986年には森昌子さんと再婚し、2005年に離婚されています。実にアクティブ。 そしてもっとも結婚歴がアクティブなのが、やはり安全地帯の玉置浩二さんでしょう。なんと事実婚を含めると5回。最初こそ一般女性でしたが、二度目はなんとあの薬師丸ひろ子さん。三度目はキーボード奏者の安藤さと子さん。四度目の石原真理さんとは婚姻届が受理されず事実婚に [全文を読む]

有名人衝撃死の真相「大原麗子」“親友が明かした晩年の精神状態”

アサ芸プラス / 2015年08月06日17時57分

「古尾谷は5歳の時に父親が再婚し、継母からは愛情を得られず、父親からもストレス解消のため虐待を受けていました。麗子さんも父親の虐待で絶縁にまで至っていますが、そのせいで2人は似た部分があったと思います。自分のイメージを大事にするあまり、仲よくなるとぶつかってくる性格は同じでした」 古尾谷と同居する鹿沼はそれでも、ギリギリまで夫のグチを聞いてやれる環境にあっ [全文を読む]

女優・大原麗子の情念、俳優の自殺に過剰に反応

アサ芸プラス / 2013年03月15日10時00分

当時の麗子は森進一と再婚しており、翌年に鹿沼と古尾谷が結婚すると媒酌人を務めてくれた。長女に「麗」と名づけたのは、麗子から1文字をもらってのことだ。 「私が休業して2人の子育てに追われている頃、麗子さんから『マネジャーをやってくれない?』と言われたことがあります。子供だけじゃなく、古尾谷にだって手がかかるから、即座に『ありえない』と断りました」 麗子の提 [全文を読む]

女優・大原麗子の情念、私を女優と呼ばないで!

アサ芸プラス / 2013年03月12日10時00分

NHKで4日拘束されたら、残りの3日で民放のドラマをこなし、こうしたお金を作っていた」 また80年に再婚した森進一は、歌謡界の重鎮ではあるが、前年に起こった「渡辺プロからの独立」の余波で、干された時期だった。2人の新居の光熱費もお手伝いの給料も、麗子がせっせと稼いでいたという。 もっとも、決して「守銭奴」ではなかった。仕事の量こそこなしても、納得しない脚本 [全文を読む]

フォーカス