さわこ 阿川佐和子に関するニュース

150万部超のベストセラー『聞く力』(阿川佐和子)の続編『叱られる力』紙書籍版、電子書籍版同時発売!

@Press / 2014年06月20日10時00分

「二匹目のどじょうを狙うつもりはない(とは言い切れない)本書では、『聞く力』から派生して生まれた新たな疑問を、著名人に限らず、折々に出会ったさまざまな立場の人にぶつけ、ときに杯を酌み交わしながら『他人とつき合うとき、みんな、どうしてる?』問題について取材してまわった意見や悩みを私なりに解釈し、つれづれに語っていきたいと思います」(「まえがきにかえて」より [全文を読む]

石原良純氏、阿川佐和子著『強父論』にかなり賛同する

NEWSポストセブン / 2016年10月06日16時00分

【この人が語るこの本】『強父論』/阿川佐和子著/文藝春秋/1300円+税【著者】阿川佐和子(あがわ・さわこ)/1953年東京都生まれ。慶應義塾大学文学部卒業。『ああ言えばこう食う』(檀ふみ氏との共著、集英社)で講談社エッセイ賞、『ウメ子』(小学館)で坪田譲治文学賞、『婚約のあとで』(新潮社)で島清恋愛文学賞。 昨年亡くなった父であり、作家である阿川弘之氏の [全文を読む]

語っていいとも! 第3回ゲスト・阿川佐和子「仕事嫌いっていったって、お嫁にいけないんだからしょうがないよね」

週プレNEWS / 2015年05月31日12時00分

◆阿川佐和子(あがわ・さわこ) 1953年生まれ、東京都出身。慶應義塾大学文学部卒業。TBS「情報デスクToday」「筑紫哲也NEWS23」「報道特集」などでキャスターを務め、 以後、執筆を中心にインタビュー、TV、ラジオ等幅広く活動。1999年『ああ言えばこう食う』(檀ふみとの共著)で第15回講談社エッセイ賞、2000 年『ウメ子』で第15回坪田譲治文 [全文を読む]

語っていいとも! 第3回ゲスト・阿川佐和子「週プレが私に何用? グラビアですかぁ!?なんてね(笑)」

週プレNEWS / 2015年05月24日12時00分

お時間いただけるということで後編に突入です! ●この後編は次週、5月31日(日)12時に配信予定! ◆阿川佐和子(あがわ・さわこ) 1953年生まれ、東京都出身。慶應義塾大学文学部卒業。TBS「情報デスクToday」「筑紫哲也NEWS23」「報道特集」などでキャスターを務め、以後、執筆を中心にインタビュー、TV、ラジオ等幅広く活動。1999年『ああ言えばこ [全文を読む]

阿川佐和子氏 「聞く力」の次に「叱られる力」に着目の理由

NEWSポストセブン / 2014年08月10日07時00分

〈阿川佐和子(あがわ・さわこ)。1953年、東京都生まれ。作家・阿川弘之の長女として生まれ、慶應義塾大学文学部卒業後、織物職人を目指しさまざまなアルバイトを経験。1983年からテレビのアシスタントやキャスターとして活躍、朗らかだが直截的な物言いで人気を博す。作家、エッセイストとしても活躍し、コミュニケーション能力について論じた2012年の『聞く力』(文春 [全文を読む]

インタビューの妙手・阿川佐和子が明かす、人から話を引き出す技術

週プレNEWS / 2012年05月15日13時00分

●阿川佐和子(あがわ・さわこ) 1953年生まれ、東京都出身。81年、『朝のホットライン』で未経験ながらもリポーターになる。『週刊文春』の対談「阿川佐和子のこの人に会いたい」は連載900回を超える。『ウメ子』(小学館文庫)で坪田譲治文学賞、『婚約のあとで』(新潮文庫)で島清恋愛文学賞を受賞。 『聞く力 心をひらく35のヒント』 文春新書 840円 インタ [全文を読む]

フォーカス