恋人 阿川佐和子に関するニュース

阿川佐和子の63歳結婚、とにかく多種多様な意見が噴出

NEWSポストセブン / 2017年06月03日07時00分

体力の衰えや更年期障害などを実感し、パートナーとの関係を見つめ直したのでは」 そう話すのは恋人・夫婦仲相談所所長の三松真由美さん(57才)。三松さんによると、婚活するシニア女性の大半は、相手に経済力を求めているという。だが、テレビ出演や執筆活動で多忙な阿川さんに収入面の心配はない。 [全文を読む]

阿川佐和子が語る「明治女の“生きる力”」

WEB女性自身 / 2015年03月19日13時00分

携帯やメールですぐにやり取りできる現代社会とは違って、恋人に手紙を出しても、返事がくるのは1週間後。じっと待っている間はとても長いもの。そんな時間が、恋を燃え上がらるのかもしれません」 女性が今よりも生きづらい世の中ではあったが、そのなかで伸び伸びとした自由な発想を持って生きていた女性たちも少なくない。戦争、関東大震災、長男の病死と度重なる困難にもひるむこ [全文を読む]

インタビューの妙手・阿川佐和子が明かす、人から話を引き出す技術

週プレNEWS / 2012年05月15日13時00分

インタビューというと特殊技能みたいだけど、上司と意見を交わすのも、恋人の悩み事を聞くのだって同じこと。この本を読んだ人が、そのためのヒントを見つけてくれたらうれしいです。 ●阿川佐和子(あがわ・さわこ) 1953年生まれ、東京都出身。81年、『朝のホットライン』で未経験ながらもリポーターになる。『週刊文春』の対談「阿川佐和子のこの人に会いたい」は連載900 [全文を読む]

阿川佐和子 入籍直前目撃していた69歳元教授とのアツアツ現場

WEB女性自身 / 2017年05月26日06時00分

お相手の男性は後ろ姿でしたが、あの白髪姿で 噂の恋人 だとわかりました。笑顔で料理を取りわけたり、会話を楽しんでいたので、もうすでに新婚気分だったんでしょう」(居合わせた客) エッセイストの阿川佐和子(63)が電撃入籍した。63歳にして初婚となる。 その数日前に2人が目撃された東京・渋谷区内のオープンカフェは、生ウニを乗せたとうもろこしのムースや、トリュフ [全文を読む]

「ハナミズキ」もアレの歌!一青窈“出産直前”暴露話に女性陣が総スカン

アサ芸プラス / 2015年10月02日05時59分

対談相手の阿川佐和子が“過去の恋愛”について話題を向けると、『7年間、恋人だった相手に家庭があることは知らなかった』『あきらめきれず、相手への思いを詩にして送り続けた』『相手は離婚したが、自分は結婚も出産も求められる身分ではなかった』などと赤裸々に告白していました。出産前で“マタニティハイ”だったのが暴露の原因ではと言われているのですが‥‥」(週刊誌記者) [全文を読む]

語っていいとも! 第4回ゲスト・ピーター「普段の生活は狂気じゃないほうがいい。自分に正直に普通でいたいんですよね」

週プレNEWS / 2015年06月14日12時00分

後は魔法のランプみたいな恋人が欲しいとかいうのは、すごくいいなって思う。「今日来て」って言ってペッと出てきてくれて、「帰って」って言ったらパッといなくなって。映画見る時に3時間だけここにいてほしいんだけどみたいな(笑)。 ―なんて都合のいい(笑)。でも慣れちゃうとそれも悲しくなるんじゃないですか? ピーター そうかなぁ。…なんか折りたたみでハンドバックに入 [全文を読む]

『NEWS ZERO』新キャスター・山岸舞彩「できないことがなるべく少ない人間でありたい」

週プレNEWS / 2013年05月01日12時00分

NHK『サタデースポーツ』『サンデースポーツ』ではメインキャスターを務めオジサマたちの“週末夜の恋人”として人気を博した山岸舞彩。4月からは日本テレビ系『NEWS ZERO』のキャスターとして報道という未知のフィールドへ挑戦、キャスターとしての彼女の人気と注目度の高さがあらためて浮き彫りになった。ともすれば「美脚」や「ミニスカート」というわかりやすい言葉が [全文を読む]

阿川佐和子著 女性検事の成長を描く異色のお仕事青春小説

NEWSポストセブン / 2013年04月07日16時01分

主人公の凛々子は、堅い仕事をしているが、新人なのに重要案件を任されたり、恋人には結婚か仕事かを迫られたりするので、直面している悩みは等身大。そのため凛々子の言動には共感しやすい。 凛々子が犯行を否認するヤクザを自供させる方法を考える終盤は、ベストセラー『聞く力』を書いた著者らしさも出ていた。続編となる2、3巻も発売されている。 ※女性セブン2013年4月1 [全文を読む]

フォーカス