阿川佐和子 阿川弘之に関するニュース

【今週の大人センテンス】関係する人すべてが「大人」な阿川佐和子の熟年婚

citrus / 2017年05月23日18時00分

」by阿川佐和子【センテンスの生い立ち】 作家でエッセイストの阿川佐和子さん(63)が、かねてから交際していた69歳の元大学教授と、5月9日に入籍したことを発表した。5月18日発売の「週刊文春」に「今更ですが『私、結婚しました』と題した8ページの手記を掲載。28歳のときに相手の男性と出会ってからの道のりや、入籍に至った経緯を報告した。「手記まで書いて長々と [全文を読む]

石原良純氏、阿川佐和子著『強父論』にかなり賛同する

NEWSポストセブン / 2016年10月06日16時00分

【この人が語るこの本】『強父論』/阿川佐和子著/文藝春秋/1300円+税【著者】阿川佐和子(あがわ・さわこ)/1953年東京都生まれ。慶應義塾大学文学部卒業。『ああ言えばこう食う』(檀ふみ氏との共著、集英社)で講談社エッセイ賞、『ウメ子』(小学館)で坪田譲治文学賞、『婚約のあとで』(新潮社)で島清恋愛文学賞。 昨年亡くなった父であり、作家である阿川弘之氏の [全文を読む]

150万部超のベストセラー『聞く力』(阿川佐和子)の続編『叱られる力』紙書籍版、電子書籍版同時発売!

@Press / 2014年06月20日10時00分

株式会社文藝春秋(所在地:東京都千代田区、代表取締役社長:平尾隆弘)は、6月20日、阿川佐和子さんの新著『叱られる力 聞く力2』(文春新書)の紙書籍版、電子書籍版を同時刊行いたします。150万部超を記録し、2012年年間ベストセラー第1位に輝いた『聞く力』待望の続編です。 『聞く力』は2012年1月に文春新書として刊行されましたが、その半年後に電子書籍版を [全文を読む]

【書評】阿川弘之氏は短気と暴言だけの人ではなかった

NEWSポストセブン / 2016年10月05日16時00分

【書評】『強父論』/阿川佐和子・著/文藝春秋/1300円+税 【評者】関川夏央(作家) 「養われているかぎり子供に人権はないと思え。文句があるなら出ていけ。のたれ死のうが女郎屋に行こうが、俺の知ったこっちゃない」 こういう言葉を著者は父親から何度も投げつけられた。それも「歴史的仮名遣い」の感じで。 父親は作家の阿川弘之、『山本五十六』などの評伝でも知られる [全文を読む]

阿川佐和子氏 「七光りには少なからず感謝している」

NEWSポストセブン / 2016年10月18日07時00分

あまりにも厳しく理不尽すぎた阿川佐和子さん(62才)の「強父」が注目を集めている──。 阿川さんの父は、昨年亡くなった作家の阿川弘之さん(享年94)。父との思い出を綴った『強父論』(文藝春秋)が、ベストセラーになっている。「2世問題に関しては、私はノーコメントです。各家庭によって違うし、有名人の子供だから問題を起こしがちかどうかも、わからない。だいいちお小 [全文を読む]

阿川佐和子 若いうちから主義とか決めるのはもったいない

NEWSポストセブン / 2016年10月15日07時00分

阿川佐和子さん(62才)の父は、昨年亡くなった作家の阿川弘之さん(享年94)。阿川さんが、父との思い出を綴った『強父論』(文藝春秋)が、ベストセラーになっている。そんな阿川さんに父との思い出を聞いた。 戦後、家長制がなくなり、「個性を大事にしよう」と声高に叫ばれるようになった。その結果、結婚や離婚に対するハードルも低くなり、さまざまな働き方が許されるように [全文を読む]

電子版同時発売!「文藝春秋」10月号で芥川賞作家又吉直樹氏と羽田圭介の特別対談

ITライフハック / 2015年09月11日09時00分

阿川佐和子さんによる父親を偲ぶ特別寄稿ほかにも、今年8月に逝去した作家、阿川弘之氏を、ご息女の阿川佐和子さんが偲ぶ特別寄稿、日本を代表するゴルファーに成長した松山英樹選手の独占インタビューなど、いま話題のテーマが凝縮された一冊となっている。■「文藝春秋」9月号電子版は1万5000超のダウンロードを達成「文藝春秋」9月号は第153回芥川賞受賞作の『火花』『 [全文を読む]

阿川佐和子氏 「聞く力」の次に「叱られる力」に着目の理由

NEWSポストセブン / 2014年08月10日07時00分

阿川佐和子氏の著書『聞く力 心をひらく35のヒント』(文春新書)は、雑誌の対談連載で約1000人の本音を引き出してきた“アガワ流”コミュニケーションを紹介し、150万部を超えるベストセラーになった。その本について取材を受けるなかで、「現代の若者が叱られるといかに弱いか」の事例を数々耳にし、驚いたという。父に、上司に、怒られ続けて60年の阿川氏がなぜ今、若者 [全文を読む]

阿川佐和子 入籍直前目撃していた69歳元教授とのアツアツ現場

WEB女性自身 / 2017年05月26日06時00分

笑顔で料理を取りわけたり、会話を楽しんでいたので、もうすでに新婚気分だったんでしょう」(居合わせた客) エッセイストの阿川佐和子(63)が電撃入籍した。63歳にして初婚となる。 その数日前に2人が目撃された東京・渋谷区内のオープンカフェは、生ウニを乗せたとうもろこしのムースや、トリュフをふんだんに使ったふわふわオムレツなど、本格的な南仏プロヴァンス料理が楽 [全文を読む]

運行開始から25年、新幹線「のぞみ」誕生秘話 筆者だけが知る、試乗会に現れた「あの人」

東洋経済オンライン / 2017年04月29日07時50分

エッセイストで「のぞみ」列車名決定の際に委員を務めた阿川佐和子さんが決定当日の朝、父であり鉄道に造詣が深い作家阿川弘之さんから「これまで列車名は大和言葉で名づけられてきたいきさつがある。『希望』を大和言葉にすると『のぞみ』」とアドバイスを受けた。それを命名委員会で進言したことから「のぞみ」が採用されたといわれている。 [全文を読む]

『家族という病』の著者が「挫折や人の痛みがわからないと、あの辞めた都知事みたいになっちゃうのよ」

週プレNEWS / 2017年02月25日06時00分

以前、阿川佐和子さんにインタビューさせていただいて、阿川さんの『聞く力』も共通点があるなと。やはり読者にティーチングしているわけではなく、自身の経験を元に「こういうことをやらかして」という失敗を晒しつつ伝えています。 下重 そう思いますね。家族という意味では、阿川さんもあのお父さん(作家・阿川弘之)に育てられているので、やっぱり大変だったと思います。「逃れ [全文を読む]

阿川佐和子63歳、ついに結婚へ!お相手は元大学教授

WEB女性自身 / 2016年11月14日17時00分

本誌の直撃に、阿川佐和子さん(63)は満面の笑みで応じた。作家の阿川弘之を父に持ち、自身もタレント、エッセイストとして活躍。2012年に刊行した 『聞く力』は累計150万部以上を売り上げ、大ヒットした。 「お見合い歴30回」を公言するなど、「結婚できない女」の先駆けとして、独身生活を貫いてきた阿川さんだが、ついに結婚話が浮上。 お相手は、6歳年上のS氏だ。 [全文を読む]

阿川佐和子 バッシングされた「置き去り父親」に同情的

NEWSポストセブン / 2016年10月13日16時00分

あまりにも厳しく理不尽すぎた阿川佐和子さん(62才)の「強父」が注目を集めている──。 阿川さんの父は、昨年亡くなった作家の阿川弘之さん(享年94)。父との思い出を綴った『強父論』(文藝春秋)が、ベストセラーになっている。阿川さんは「何がそんなにウケているのかわからないが、父がかなり珍しい動物だということは認めます」と話す。 生前から「父を讃える本を出すな [全文を読む]

阿川佐和子氏 父を看取り「人は理想通りには死ねない」と悟る

NEWSポストセブン / 2016年10月07日16時00分

作家・エッセイストの阿川佐和子氏(62)が、「父の死」に際して見たこと、学んだことを明かす。 * * * 父・阿川弘之(作家)は老人病院(介護療養型医療施設)で3年半の入院生活を送り、2015年8月に亡くなりました。私は臨終に間に合いませんでしたが、暴れるとか苦しむことなく、穏やかに旅立ったそうです。 94歳という高齢でしたが、ドラマのように「そろそろ最期 [全文を読む]

阿川佐和子 5年美容院へ行っておらず入浴20分前に白髪染め

NEWSポストセブン / 2016年10月03日07時00分

少なくとも髪の毛に関するかぎり、ヘアカラーが時計の針を止めることに成功したのである》 作家・エッセイストの阿川佐和子さん(62才)は、エフロンの意見に賛同しながら、同書の和訳を担当したと振り返る。 「若返りたいけど整形に対しては否定的で、頬っぺたを釣り上げたら首はどうするんだっていうこととか、アンチエイジングなんて、てやんでえ! みたいな、年配女ならではの [全文を読む]

「文藝春秋」10月号には芥川賞作家又吉直樹氏と羽田圭介の特別対談が掲載!電子版も同時発売

@Press / 2015年09月10日10時15分

ほかにも、今年8月に逝去した作家、阿川弘之氏を、ご息女の阿川佐和子さんが偲ぶ特別寄稿、日本を代表するゴルファーに成長した松山英樹選手の独占インタビューなど、いま話題のテーマが一冊に詰まっています。 「文藝春秋」9月号は第153回芥川賞受賞作の『火花』『スクラップ・アンド・ビルド』が掲載された効果もあって、過去最高の1万5000を超えるダウンロードを記録し [全文を読む]

ベストセラー『叱られる力』は中高年向けポルノ小説である!

リテラ / 2014年08月25日08時00分

阿川佐和子氏の『叱られる力』(文藝春秋)が売れている。キャッチコピーは「叱られて、叱ってわかることはたくさんある」。前著の『聞く力』は150万部を突破し、2012年の年間ベストセラーに輝いた。第二弾にあたる本著も、年間ベストセラー入りは確実だろう。 しかし、この本、読んでいくとちょっと引っかかる。ある一定の読者層に向けて書かれている感じがするのだ。その対象 [全文を読む]

フォーカス