独身 阿川佐和子に関するニュース

50過ぎでの結婚 出産や親の不介入などのメリットあり

NEWSポストセブン / 2016年11月27日16時00分

《「独身で、子供のいない人生が不幸とは限らないだろう」って思ったら前向きになれて…。一種の“開き直り”のようなものが芽生えてきたんでしょうかね》 週刊誌のレギュラー対談など連載を数多く抱え、人気エッセイストとしてベストセラーを連発。阿川さんは「働くシングル女性」の理想的存在でもあった。天海祐希(49才)、石田ゆり子(47才)、中谷美紀(40才)など独身で輝 [全文を読む]

阿川佐和子新著 『叱られる力』と受動的な題名になった理由

NEWSポストセブン / 2014年08月23日07時00分

夫婦間でもグー、チョキ、パーのように、ときには母と息子の関係になったり、父と娘の関係になったり、場面に応じて関係が変化したほうが飽きないままでいられるんじゃないのかしら? ずっと独身の私が言うのもナンですけど(笑い)」 (取材・文/長谷川晶一) ※女性セブン2014年9月4日号 [全文を読む]

阿川佐和子 しゃべりすぎてしまい『聞く力』読めと言われる

NEWSポストセブン / 2013年02月04日16時00分

59才、独身。その人生のなかで、阿川さんはいかにして「聞く力」を身につけたのだろう。 そこでひとつ気になるのは、女性の話し好き。一般に女性は他人の話を聞かない、聞くのが下手だといわれる。確かに女性が寄ると、「ねえねえ、聞いて」で、自分がしゃべるばかりだ。 それについてどう思うかと話を振ると、「私自身、おしゃべりだから、聞くことよりもついついしゃべってしまう [全文を読む]

阿川佐和子が結婚発表も作家タブーでふれられない「相手との不倫関係」! そんななか当の阿川が手記で...

リテラ / 2017年05月24日12時21分

これまで数々のお見合い失敗談を開陳するなど、"結婚できない独身キャラ"を前面に出してきた阿川の熟年結婚に、多くのメディアが祝福ムードでそれを伝えている。 しかし、どの報道もやはり"あのこと"にはふれていない。"あのこと"とはもちろん、2人が長く不倫関係にあったのではないかというものだ。 昨年秋、阿川がもうすぐ、この元大学教授S氏と結婚するのではないか、とい [全文を読む]

柔道・松本薫 「好きだからで結婚する」は理解できない

NEWSポストセブン / 2016年11月25日11時00分

そして、うら若き学生時代から専業主婦を夢見て、30回以上ものお見合いをしてきたものの、ずっと独身を貫いていた阿川佐和子さん。63才にして、結婚を考えているという昔からの友人の存在が明らかになった。男性の元妻と阿川さんが友人関係だったことが縁だったとの報道もある。 世代は違えど、いくつになっても、何度でも、結婚はしたいものだし、幸せなもの──彼女たちの話か [全文を読む]

<TBSドラマ「まっしろ」>絶妙なキャスティングの木村多江とナースの階段を登る堀北真希の距離に注目

メディアゴン / 2015年03月06日01時47分

男性患者が入院してくると、すばやく左手薬指をチェックして独身か否かを確認し、指輪をしていないと一層誠意を尽くして看護し、玉の輿の座を狙う。結局は、毎回、そのセレブ患者には奥さんがいたり他の人を好きだったりして野望はかなわないのだが、それでも患者に感謝されたり上司や仲間たちの心に触れて、ナース道の階段を登っていく。もう一人、看護師長役で出演している木村多江の [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】ミッツ・マングローブ、鼻の美容整形を宣言。ネットの中傷が原因か?

TechinsightJapan / 2014年12月05日20時25分

彼の大きな目元が独身時代は好きだったという千秋。娘の顔を見ながら、“あぁ私は、これで結婚したんだ”とさえ感じたという。この千秋の発言に進行役の阿川佐和子が、「補填本能というのが生物学的にあるらしい」と話す。無意識のうちに自分に足らないものや、無いものを遺伝に求める行為だという。 大竹まことが離婚について指摘すると、千秋は「だから生まれたから、もう用が無くな [全文を読む]

フォーカス