君島十和子 食事に関するニュース

働く美ママになる秘訣!君島十和子さんに学ぶ「産前産後の美習慣」3つ

BizLady / 2015年03月03日16時00分

なんとかしたいけれど、仕事と家事・育児でいっぱいいっぱいで、自分をケアする時間なんて確保できずに悶々としているという働きママも多いのはないだろうか? “美のカリスマ”君島十和子さんは、産後、「きれいにしていることは私の生命線だった」と、MOOK『MAMA MALIA』(光文社)の中で語っている。 今回は、同書でのインタビューや関連書籍を参考に、君島さんが [全文を読む]

君島十和子 長女を宝塚に合格させた執念の「美メソッド」

NEWSポストセブン / 2014年04月03日16時00分

(宝塚歌劇団100周年という)記念の年に入れたことがめちゃめちゃ嬉しい」 明るい未来に目をキラキラと輝かせ、初々しく決意を語ったのは君島十和子(47才)の長女・憂樹さん(ゆうき・16才)だ。 3月29日、兵庫県宝塚市の宝塚音楽学校では第102期生の合格発表が行われ、憂樹さんは見事合格、歓喜の涙を流した。彼女は昨年も受験したが残念ながら不合格に。リベンジを誓 [全文を読む]

“食事はコスメ”の君島十和子 即効パワー欲しいときは参鶏湯

NEWSポストセブン / 2013年08月31日16時00分

どんな肉のどの部位を、どう調理してどのくらい食べるのか、美に直結のマイルールを美容家の君島十和子さん(47才)に聞いた。 * * * 私は毎日“今日の肌と体には何が必要かしら?”と自分に聞いて、必要だと思う栄養を食事で摂るようにしています。肉はもちろん、私にとっては食事はすべて美容成分たっぷりの食べるコスメ感覚。肌に効かせるつもりで一食一食、“きれいにな~ [全文を読む]

君島十和子 ダチョウ倶楽部も仰天の「50度熱湯風呂美容法」

WEB女性自身 / 2017年04月21日17時00分

奇跡のアラフィフ として知られる君島十和子(50)の衝撃的な美容法が話題を呼んでいる。 君島は4月20日放送の『アウト デラックス』(フジテレビ系)に出演。「風呂が熱すぎて家族に迷惑をかけている美のカリスマ」と紹介され颯爽と登場した君島は、次々と仰天トークを展開した。 銀座の超高級寿司に大量のわさびをつけたり、バルサミコ酢を原液で飲むなどの食事法には、共演 [全文を読む]

マツコ「確実に異常者よね」君島十和子の“命の危険を感じる”美容法とは!?

Smartザテレビジョン / 2017年04月21日08時00分

4月20日放送「アウト×デラックス」(フジテレビ系)に君島十和子が登場。「美のカリスマ」が、知られざるアウトな美容法を披露し、スタジオ全員を驚愕させた。 君島は、JJのモデルとして活躍後、女優として数々の映画やドラマに出演。50歳を迎えた現在は、数々の化粧品のプロデュースを手掛け、「美のカリスマ」として女性から圧倒的支持を受けている。 君島がスタジオに登場 [全文を読む]

寒さ対策 森口博子は黒豆飲料、君島十和子はジュース+生姜

NEWSポストセブン / 2012年02月08日16時01分

また、「フェリーチェ・トワコ」のクリエイティブ ディレクターの君島十和子さん(45)はこう語ります。 「冷えて血流が悪くなると、内臓の働きや顔色も悪くなります。冷えはまさしく美容の敵。絶対に冷やしたくないので、自宅ではソックスとひざ掛けを常用し、毎朝飲むジュースにはしょうがをプラス。冬の外出時は厚手のウールタイツが必需品です。ブーツは多少大きめサイズを買 [全文を読む]

「変わりたい」と思うあなたがするべきこと~第一章 印象を変える11のヒント~

ハピプラニュース / 2016年09月03日08時00分

<<マインドで>> ◆FTCクリエイティブ・ディレクター/君島十和子 「私なんか……」という言葉は忘れる 自分を否定しないこと。まず自分が誰よりも自分を応援しなくては、今より輝くことなんてできないのかも、と気づかされる言葉。 ◆美容家/深澤亜希 ポジティブな気持ちになれるもので日常を埋め尽くす 「ハッピーになれるものに囲まれると、劇的に明るくキレイに。ネ [全文を読む]

忙しくて忘れがち…オトナ女子力アップの秘訣は「タカラヅカ」にあり!

WooRis / 2014年12月19日11時00分

たとえいまは忙しくて時間がとれなかったとしても、新年が明けて“自分へのご褒美”を作っておいたら、忙しい時期を乗り切れそうではないですか? そんな忙しく働いているみなさんにグッドニュース! 今回は、12月15日に行われた『かんぽ生命 ドリームステージ発表会』でリリースされた情報を参考にしつつ、“オトナ女子力アップ”の秘訣についてご紹介します! ■オトナ女子力 [全文を読む]

【ウラ芸能】十和子VS黒木瞳、バトルの行方

NewsCafe / 2014年04月12日15時00分

デスク「4月に入って受験シーズンも終わったけど、芸能界で最難関といえば…」記者「東の東大、西の宝塚と言われる宝塚音楽学校にタレント、君島十和子(47)の長女、憂樹さん(16)が2度めの挑戦で合格しました」デスク「君島の、1996年になくなった義父・君島一郎氏(享年66)は宝塚通のデザイナーだったな…」記者「もともと十和子も宝塚好きですが、娘の合格で『黒木瞳 [全文を読む]

ブスと呼ばれるのは平気な木嶋佳苗 ただし田舎者扱いは嫌い

NEWSポストセブン / 2012年03月26日16時02分

君島十和子さん(45才)行きつけの美容室に通い、君島さんと同じ担当美容師を指名していた。ネットオークションでは梨花(38才)愛用の麦わら帽子を購入。叶姉妹に憧れ、その言葉遣いまで真似した。 多くの女性は、木嶋被告が自信満々に語ることに驚いている。しかし、彼女の生い立ちを振り返ると、彼女が美醜という価値観に重きを置いていないことがわかる。裁判でブスといわれた [全文を読む]

フォーカス