佐藤浩市 アンフェアに関するニュース

EXILE・AKIRAに違和感なし!? 映画『アンフェア the end』の“ロボット演技”に一見の価値アリ

日刊サイゾー / 2015年09月15日17時00分

「篠原涼子、佐藤浩市、永山絢斗など主要キャストの演技は“さすが”の一言。脚本にもスピード感があってヒットするのも頷けます。ですが、その中でのAKIRAの演技は……まあ、ご想像の通りです。登場から最後までセリフはカタコトのようだし、アクセントもどこかおかしい。緊張しているからなのか動きもまるで“ロボット”です。どんな場面でも背筋が常にピンと張っていて、躍動 [全文を読む]

雪平スーツも着納め!篠原涼子「淋しい…」と号泣

Movie Walker / 2015年09月17日20時38分

さらに、シリーズを引っ張ってきた“座長”の篠原へのサプライズ演出として、共演者である永山絢斗、阿部サダヲ、加藤雅也、向井地美音、AKIRA、寺島進、佐藤浩市からのビデオレターを上映。 「篠原とどんな役柄で再共演したい?」という質問に、永山、阿部は「泥棒、強盗」。加藤と寺島は「夫婦役」。佐藤浩市からは「ワケありの兄弟」とさまざまな回答が寄せられた。「みんな [全文を読む]

篠原涼子 映画・CMで大胆姿を披露する理由は夫・市村正親のひと言が原因?

アサ芸プラス / 2015年09月12日17時57分

前作『アンフェア the answer』でも佐藤浩市との濡れ場を披露するなど、お色気シーンもたっぷりでした。今回は、篠原のほうから“濡れ場”が足りないと、台本になかった入浴シーンを盛り込んだといいます」(映画ライター) 篠原にとって「アンフェア」は9年越しのライフワーク。まさに決意の美尻公開だったわけだ。 私生活では2児の母でもある篠原だが、このみごとな肢 [全文を読む]

篠原涼子、永山絢斗の「キスしてしまいました」に照れ笑い

Movie Walker / 2015年08月18日20時10分

登壇したのは、篠原涼子、佐藤浩市、永山絢斗、阿部サダヲ、加藤雅也、向井地美音、AKIRA、佐藤嗣麻子監督の8名。AKIRAは篠原について「めちゃくちゃきれいでテンションが上がりました。篠原さんは『踊って踊って!いつも踊ってるやん、こういうの』と見せてくれるんですが、それが弟分の三代目 J Soul Brothersが踊ってるやつで」と苦笑い。 篠原は「す [全文を読む]

佐藤浩市 共演の本田翼に最初は「大丈夫か?」

anan NEWS / 2015年11月10日20時00分

直木賞作家・桜木紫乃さんの短編小説を映画化した『起終点駅 ターミナル』で共演した、佐藤浩市さんと本田翼さん。消せない罪を抱える国選弁護人と、彼を頼る身寄りのない女性。複雑かつ繊細な関係を演じたふたりの、息がピッタリな対談をお届けします。 * * * 佐藤:共演が本田翼だと最初に聞いたときは、「大丈夫か?」って正直思ったよ。結果的に大丈夫だったから、こうやっ [全文を読む]

佐藤浩市 新作映画で鶏の唐揚げを前日から仕込み自ら味付け

NEWSポストセブン / 2015年11月07日07時00分

老若男女を問わず幅広い層から支持される俳優・佐藤浩市(54才)。今年は『愛を積むひと』を皮切りに、『HERO』『アンフェア the end』など、出演した5本の映画が公開。今年のトリを飾る『起帰点駅 ターミナル』(11月7日から全国公開)の公開を前に、演技のこと料理の腕前など幅広く話を聞いた。――本作『ターミナル 起終点駅』出演の決め手はなんでしたか?佐藤 [全文を読む]

篠原涼子、『アンフェア』完結に「裸で始まり裸で終わる」

Movie Walker / 2015年09月05日13時42分

登壇したキャストは、篠原、佐藤浩市、永山絢斗、阿部サダヲ、加藤雅也、寺島進、AKIRA、向井地美音。恋人役を務めた佐藤は、篠原について「前作から4年経っても、全くお美しさに変わりなく、素敵な笑顔をふりまいてらっしゃる」とほめちぎった後「ああ、なんて俺は杓子定規なんだ!」とうなり、会場は大爆笑。 佐藤監督は、「涼子ちゃんあっての『アンフェア』、プレッシャー [全文を読む]

AKIRAが現場に台本を持ち込まない理由とは?

Movie Walker / 2015年09月01日11時13分

また、もう一人、共演シーンが多かったのが佐藤浩市だ。「浩市さんもすごくフランクでいてくださったので、僕が初対面でおどおどする間もなく、入り込みやすい空気を作ってくださいました。でも、ファン心理が働いてしまい『ヤバイ!浩市さん、かっけえー!』となってしまって。普通だと緊張するんですが、浩市さんが格好良すぎて、その隣にいる自分に酔っちゃうんです。浩市さんと並ん [全文を読む]

フォーカス