宮澤賢治 宮沢賢治に関するニュース

六甲オルゴールミュージアム 宮沢賢治を語る講演会を4月26日(日)に開催 音楽愛好家、賢治が愛用したヴァイオリンの生演奏も

PR TIMES / 2015年03月17日17時31分

主著『宮澤賢治 魂の言葉』(KKロングセラーズ、2011年)特別展「宮沢賢治の音楽世界~オルゴールが紡ぐ物語~」概要【開催日時】2015年4月17日(金)~7月9日(木) 【会期中無休】【企画内容】『銀河鉄道の夜』や『風の又三郎』などの文学作品で知られる宮沢賢治は音楽に造詣が深く、作中に自作曲やクラシック音楽が登場します。本展では、賢治ゆかりの楽曲をアンテ [全文を読む]

ボーダーツーリズム(国境観光) 「稚内・サハリンの旅」第2弾として宮澤賢治の足跡をたどる旅(8月31日発)/2つの国境を越える旅(9月9日発)実施

@Press / 2015年08月05日11時00分

宮澤賢治の足跡をたどる」では、鉄道ライターで宮澤賢治についての著書もある藤原浩さんと一緒にゆかりの地を旅します。■ボーダーツーリズムとは?ボーダーツーリズムは、国境に接した境界地域を“砦”ではなく“交流拠点”と考え、境界地域ならではの体験を楽しもうという旅行スタイルです。国同士が陸続きに繋がり、目に見える国境が存在する大陸では一般的な旅行スタイルとして定 [全文を読む]

稚内~サハリン、国境地域を訪ねる希少旅

Walkerplus / 2015年08月15日18時00分

宮澤賢治の足跡をたどる」では、鉄道ライターで宮澤賢治についての著書もある藤原浩氏と一緒に、ゆかりの地を旅する。 ボーダーツーリズムは、国境に接した境界地域を交流拠点と考え、境界地域ならではの体験を楽しもうという旅行スタイルだ。国同士が陸続きに繋がり、目に見える国境が存在する大陸では、一般的な旅行スタイルとして定着している。しかし四方を海に囲まれた日本で [全文を読む]

Sound Horizon「ジョジョの奇妙な冒険」の神風動画とタッグ

okmusic UP's / 2014年08月06日15時22分

リード曲「よだかの星」は、宮澤賢治著書「よだかの星」にインスパイアされて描いた、熱く燃えるような歌詞と疾走感溢れるロックサウンドが印象的な楽曲。“宮澤賢治×Sound Horizon×神風動画”のクリエーターコラボについて、Revoは「メジャーデビュー10周年という節目で挑んだ新たな表現。 それが「神風動画」さんとのコラボによる初アニメMVという形で結実し [全文を読む]

宮沢賢治『雨ニモマケズ』 清貧なのに茶碗8杯食べてる計算

NEWSポストセブン / 2014年02月26日11時00分

宮澤賢治の『雨ニモマケズ』はいうまでもなく彼の代表的な詩であり、その清貧の志は、今なお多くの人の胸を打つ。そんな名作にツッコミを入れるのは、日本大学芸術学部(文芸)の大和田守講師だ。 「《雨ニモ負ケズ 風ニモ負ケズ》と始まるこの有名な詩では《慾ハナク》の例として《一日ニ玄米四合ト味噌ト少シノ野菜ヲタベ》とあります。清貧について詠まれているのに、この量はな [全文を読む]

フォーカス