財津和夫 井上陽水に関するニュース

“日本のリヴァプール”博多スーパースター列伝<第1回>井上陽水(3)

アサ芸プラス / 2014年01月08日09時58分

93年4月10日に行われた福岡ドームのこけら落としコンサートには、陽水、武田鉄矢、財津和夫、甲斐よしひろの「福岡BIG4」が集結。この夢の組み合わせは、野見山がRKBを定年退社することへの恩返しがきっかけであった。 「鉄矢が言い出しっぺで、陽水がいろんなミュージシャンに声をかけてくれた。東京からマスコミも150人くらい来ましたし、会場も超満員。あれをきっか [全文を読む]

「芸能界の都市伝説」これが真相だ!<ドリフ加入をいかりや長介に口説かれた桑田佳祐>

アサ芸プラス / 2017年02月27日12時57分

チューリップを率いた財津和夫の音楽的評価は高いが、一方で博多の街ではこうも呼ばれていた。「財津は引き抜き屋」 温厚に見えるが、理想の音作りのためには、気になるミュージシャンに声をかける。そのため、引き抜かれたバンドは解散、もしくは方向性をガラリと変えてしまうことが多かった。 武田鉄矢が率いた海援隊も、ドラマーを引き抜かれたため編成を変えた。そんな武田は拓郎 [全文を読む]

甲斐バンドが気高くもストイックな活動スタンスの末に辿り着いた名作『虜 –TORIKO-』

okmusic UP's / 2016年06月08日18時00分

93年4月、福岡ドームのこけら落とし公演である『ドリームライブ in 福岡ドーム』では、井上陽水、財津和夫、武田鉄矢と並ぶ福岡出身のビッグ4のひとりとして出演。また、09年7月には『ap bank fes '09』において桜井和寿、Bank Bandと共演し、「漂泊者(アウトロー)」「翼あるもの」「破れたハートを売り物に」「HERO(ヒーローになる時、それ [全文を読む]

浜崎あゆみも卒業撤回!?「NHK紅白」タモリ司会で色めきたつ“福岡歌手”たち

アサジョ / 2015年10月10日09時59分

『ブラタモリ』のテーマ曲も歌っていますし、NHKと縁がないわけではない」(週刊誌記者) ほかにも福岡出身では、松田聖子、藤井フミヤ、甲斐まさひろ、財津和夫など大御所が目白押し。「タモリ総合司会」で、出場を決める大物歌手が現れるに違いない!? [全文を読む]

“日本のリバプール”博多スーパースター列伝<第2回>チューリップ(1)

アサ芸プラス / 2014年01月10日09時58分

特に詞に対しては、すべての詞曲を手がける財津和夫に対し、ドラスティックな言い方をしていた‥‥。 そんな財津の“デビュー前夜”を、福岡・RKB毎日のディレクターだった野見山実は目にしている。 「彼がまだ西南学院大学で『フォークメイツ』というアマチュアグループだった頃ですね。それから『ザ・フォーシンガーズ』を結成して、大学対抗のコンテストにもよく出ていました。 [全文を読む]

フォーカス