女子アナ 報道ステーションに関するニュース

第11回「フジテレビ物語(後編)」

ソーシャルトレンドニュース / 2016年10月22日12時00分

女子アナはフジテレビの発明ここで、ちょっと視点を変えて、いわゆる「女子アナ」について考察してみたい。「女子アナ」――考えてみれば不思議な言葉である。「女性アナ」でも「女子アナウンサー」でもなく、「女子アナ」。意外に思われるかもしれないが、その言葉、さほど歴史があるわけではない。初めて使われたのは、1987年7月にフジテレビから出版された『アナ本』である。 [全文を読む]

テレ東・紺野あさ美が五輪アナに起用されなかった理由とは?

NEWSポストセブン / 2012年08月25日07時00分

8月24日配信の第28号では、コラムニストで放送作家の山田美保子氏が、ロンドン五輪のテレビ中継に花を添えた各局の女子アナたちを斬る。 * * * さて、「五輪と女子アナ」である。個人的にはテレビ朝日の大ベテランで、今回も現地に飛んでいた宮嶋泰子アナに興味があるが、『メルマガNEWSポストセブン』読者は“オーバー50”の女子アナになんてたぶん興味がないと思う [全文を読む]

鷲見玲奈と杉浦友紀しかいない…女子アナの“お宝写真”が減った理由

週プレNEWS / 2017年08月06日06時00分

ひと昔前は、毎週のように週刊誌に女子アナのセクシーな姿を撮影した「お宝写真」が掲載されていた。ところが近年は、彼女たちの艶姿(あですがた)が誌面を飾る機会が激減してしまった。その理由をスクープカメラマンA氏が解説してくれた。 「やはり大きいのは、スポーツ番組が減ったことと、男性スポーツキャスターが各局ともに増えたことです」 昨年4月に15年続いた『すぽると [全文を読む]

テレビ朝日から女子アナがいなくなる……? 「退社&スキャンダルラッシュ」で風雲急

日刊サイゾー / 2017年06月19日13時00分

7日には青山愛アナ(28)も7月に退社することが明らかになっており、テレ朝の女子アナ事情がかなり苦しくなりそうだ。 宇佐美アナは2012年に、青山アナは11年に同社に入社。帰国子女という共通点を持つ2人だが、30歳を前にしての退社が明らかになった。女子アナウォッチャーが語る。 「宇佐美アナはTOEICで満点を取ったこともあるという驚きの経歴を持っており、語 [全文を読む]

国立大出身の女子アナが増加傾向 私大のAO入試導入も影響か

NEWSポストセブン / 2015年04月29日16時00分

女子アナといえば、“才色兼備”の象徴的な存在だろう。漢字の読み間違えを指摘されるケースもあるが、視聴者は「女子アナは頭が良く、読み間違えないはず」という大前提の考えがあるからこそ、ネタになるのである。 昔から早稲田大学や慶應義塾大学出身者が多数を占め、高学歴ではないと就けない職業だといえる。最近も、傾向は変わらない。2010年から2014年までの5年間で、 [全文を読む]

テレ朝・宇賀なつみ 『報ステ』降板後に朝番組抜擢も正念場

NEWSポストセブン / 2014年04月02日16時00分

これは、ひとえに加藤綾子アナ、生野陽子アナという2大人気女子アナのおかげでしょう。ほかにも、山崎夕貴アナ、三田友梨佳アナといった人気女子アナをこれでもかとばかりに投入してくるので、出勤前の男性サラリーマンのハートを掴んでいます。そこに対抗するために、TBSは夏目アナを、テレ朝は宇賀アナを起用したのでしょう」 フリーになって大ブレイク中の夏目アナはともかくと [全文を読む]

フジ宮澤智アナ 「スポーツアナとして民放随一の実力」の評

NEWSポストセブン / 2015年01月31日16時00分

女子アナの分岐点といわれる年齢を間近に控えているため、フジは次世代エースとして新人の永島優美アナに期待を寄せていると言われる。人気アナへの登竜門と言われる冠番組『ユミパン』を任せ、『めざましテレビ』のキャスターにも登用。加藤アナの後継者として、育成中だ。 一方、新人の永島アナに負けじと、スタッフ間の評価を上げているのが3年目の宮澤智アナだ。先日、巨人の小林 [全文を読む]

フェロモンムンムン!2016上半期「美女アナ“ツヤツヤ”大賞」(3)テレ朝・宇賀なつみアナは合コンでのウケ抜群

アサ芸プラス / 2016年07月17日09時57分

最後はNHKから、お堅いイメージを覆すフェロモン女子アナを紹介しよう。 4月番組改編でリニューアルした「クローズアップ現代+」に出演中の杉浦友紀アナ(33)は、以前にも増してFカップのバストに注目が集まっている。「担当番組『サンデースポーツ』でも“爆乳ストレッチ”を実演し、伝説を残しました。最近はゆったりめの衣装なのに、ふとした瞬間にデスクにズッシリと胸 [全文を読む]

宇賀アナ 主婦ウケよく『モーニングショー』好調にも貢献

NEWSポストセブン / 2016年03月01日07時00分

女子アナウォッチャーの上杉純也さんによれば、宇賀アナには、朝の情報番組の主要視聴者である主婦層ウケのよさがあるという。「品が良くて笑顔がさわやか。清潔感があってしっかり者。まさに”うちの息子の嫁に欲しい”タイプなのが宇賀アナです。彼女は2009年の入社以来、『報道ステーション』の天気コーナーやスポーツコーナーを担当してきましたが、夜は男性の視聴者が多いの [全文を読む]

大谷投手めぐる女子アナバトル テレ朝・宇賀アナが一歩リード

WEB女性自身 / 2013年04月18日07時00分

惜しくも4回3失点で敗戦投手になったが、この超大物ルーキーをめぐって、女子アナたちがバトルを繰り広げている。この日、姿を見せた女子アナたちのなかでも『大谷番』として一歩リードしているのは、『報道ステーション』のスポーツコーナーを仕切るテレビ朝日の宇賀なつみアナ(26)。「宇賀アナは、テレ朝の女子アナには珍しく現場主義。大谷の取材では、ほかの女子アナが来てい [全文を読む]

TBS田中みな実アナのすっぴん絶賛にテレ朝D「ウチの方が!」

NEWSポストセブン / 2012年06月19日07時00分

テレビでは、メイクばっちりの見目麗しい女子アナたち。だが彼女たちは、有名タレントや業界人がひしめく局内をすっぴんのまま闊歩していることが多い。 TBSの田中みな実アナ(25)はテレビ番組で自らのすっぴんを公開し、ネット上でも「可愛すぎる」と評判になった。 これで“すっぴん競争”に火がついたわけでもないのだろうが、「TBSより、ウチの局のほうがすっぴんに自信 [全文を読む]

美バスト女子アナの“極秘”「パィナマ文書」を公開!(3)テレビ東京・鷲見玲奈アナは外国人にも大ウケ

アサ芸プラス / 2016年04月30日09時57分

美巨乳アナとして、お色気路線を続けてほしいものです」(女子アナウオッチャー・丸山大次郎氏) 4月改編のキャッチフレーズ「変わります。よるのNHK」とはこういう意味だったのか! フリーの夏目三久に代わって「マツコ&有吉の怒り新党」に起用されたのがテレビ朝日の青山愛アナ(27)。 4月13日の初回放送で、「京大出身の帰国子女」、さらに3月まで「報道ステーション [全文を読む]

各局ともに粒ぞろい! 大抜擢された新人アナの気になる素性とは…

週プレNEWS / 2016年04月17日06時00分

世代交代の進む女子アナ業界。そうした中、4月入社の新人アナたちは粒ぞろいだ。 フジテレビは3人の女子アナが入社したが、注目は堤礼実(つつみ・れいみ)アナ。学生時代にファッション誌の読者モデルを務め、かわいすぎるカフェ店員としてTVで取り上げられたこともある美女なのだ。 「大妻女子大学卒業で、ちょっとギャルっぽい一面がある。まだ顔を見た程度だけど、3人の中で [全文を読む]

打倒『報ステ』狙うNHK「七人の女侍」はポスト有働の試金石

NEWSポストセブン / 2016年03月27日16時00分

今回の改編は女子アナたちにとって「大人事異動」となりそうだ。近年、女子アナの存在感が低下し、それに伴うかのように視聴率も下降気味のテレビ朝日では、「屋台骨」ともいえる番組でキャスター交代が控える。 『報道ステーション』に12年間「君臨」した古舘伊知郎(61)が降板し、同局の富川悠太アナ(39)が後任を務めるが「ポスト古舘」の大役が務まるかは不透明だ。サブキ [全文を読む]

抜擢美女アナ20人の“縄張り争い”を一斉実況!(2)夜のニュース戦線にNHKが抜擢した7人の美女アナたち

アサ芸プラス / 2016年03月12日17時57分

それぞれの女子アナの得意分野を生かしながら、日替わりで登板させることになる。毎日美女アナが代わればオヤジの視線を釘づけにでき、古舘が降りてパワーダウンした『報ステ』を一気に叩けるわけです」(芸能デスク) NHKの豊富な人材から選りすぐりで抜擢された7人の美女侍は杉浦友紀アナ(32)、久保田祐佳アナ(33)、井上あさひアナ(34)、松村正代アナ(34)、小郷 [全文を読む]

一番人気はNHKアナ 女子アナプロ野球キャンプ採点簿

WEB女性自身 / 2015年02月26日04時00分

今キャンプにも各局がエース級女子アナを投入。そこで、選手や記者らにその仕事ぶりや人気を聞き、5段階評価で採点した。テレビはやらない女子アナ採点簿! 最高の評価「5」がついたのはNHKが誇るツートップ、杉浦友紀アナ(31)と廣瀬智美アナ(33)。「杉浦アナは話すときに視線を外さない。なんとなく吸い込まれそうで、よけいに話してしまう。接近しての取材も嬉しいね。 [全文を読む]

高橋真麻、小林麻耶、馬場典子……フリー転身後の勝ち組は女子アナは?

日刊サイゾー / 2014年11月15日19時00分

先日、結婚を発表したフジテレビの生野陽子アナや、過労が原因で番組中にダウンした加藤綾子アナなど、このところ、人気女子アナのフリー転身がささやかれている。局アナに比べ、時間の融通が利き、収入も大幅アップするという話もよく耳にするが、一方で元日テレの脊山麻理子アナは退社後に仕事がなく、金欠状態だったとか。そこで今回は、フリーアナウンサーのテレビ出演状況を調査し [全文を読む]

TBS田中みな実アナ 給与水準の低さがフリー転身の背中押す

NEWSポストセブン / 2012年11月23日16時00分

近年の安上がりな番組作りには欠かせない女子アナたち。だが「ギャラのいらないタレント」として酷使されることからも、フリーへの転身が相次いでいる。人材豊富と言われたフジテレビでも、高島彩(33)や中野美奈子(32)、平井理央(29)らの退社が続き、嘆きが絶えないようだ。 こういった悩みは各局共通で、青木裕子アナ(29)や竹内香苗アナ(34)といった主力の退社が [全文を読む]

テレ朝女子アナカレンダー 中心に小川彩佳の意外な判断背景

NEWSポストセブン / 2017年09月20日07時00分

民放キー局の女子アナカレンダーの発売に先立って発表される表紙の“立ち位置”は、彼女たちにとって特別な意味を持つ。テレビでは分からない女子アナたちのセンターをめぐる熱いバトルをお届けしよう。 テレビ朝日では壁掛け用カレンダーとともに、週めくりの卓上カレンダーを作成している。 「関係者向けのプレゼントとしては卓上のほうが圧倒的にニーズが高い。卓上なら仕事机の上 [全文を読む]

テレ朝・小川彩佳アナ、ミニスカ衣装で太もも露出! テーブルの下にファン釘づけ

メンズサイゾー / 2017年08月01日17時00分

女子アナといえば、同性から反感を買うケースもあるが、落ち着いた雰囲気で主婦層からも支持されている小川。しかし、ネット上の視聴者の反応を見るに、男性人気の方が圧倒的なようだ。それを示すように、先月31日の『報ステ』をチェックした男性ファンから歓喜の声が上がっている。 この日、小川は太ももまで丸見えのミニスカ衣装で登場。ノースリーブのワンピースを身につけた彼 [全文を読む]

フォーカス