テレビ朝日 報道ステーションに関するニュース

第13回「テレ朝の時代」

ソーシャルトレンドニュース / 2016年12月03日12時30分

テレビ朝日のドラマ『ドクターX~外科医・大門未知子~』が絶好調だ。4シーズン目となる今作は、8話までの平均視聴率が21.3%(関東地区・以下同)。20%を割ったのは、わずかに2話の19.7%のみ。これは前3シリーズに引けを取らない堂々の数字だ。連ドラの視聴率が年々下がる昨今、いやはやすごい。いくら巷で『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)が話題沸騰といって [全文を読む]

安倍首相が「テレ朝」に激怒。党首討論で何が起きたのか?

まぐまぐニュース! / 2016年06月30日19時30分

6月21日にテレビ朝日系列「報道ステーション」で放送された党首討論。この席上で安倍総理が見せた大人げない言動とその後のSNSでのテレ朝批判が大きな話題となりました。メルマガ『国家権力&メディア一刀両断』では、著者の新 恭さんが討論の肝心なシーンを誌上再現するとともに、マスメディアに圧力をかける総理とその周辺を徹底批判、「参院選で自民党を勝たすわけにはいかな [全文を読む]

『報ステ』党首討論“1分遅れにブチ切れ“安倍首相がFacebookでさらに番組攻撃! 詭弁と嘘だらけの言い分に愕然

リテラ / 2016年06月23日17時30分

逆ギレクレームに他党攻撃のデマまで撒き散らす......これのどこが「美しい国」の首相の姿なのか? 6月21日にテレビ朝日『報道ステーション』で放送された9党党首会談。収録後、安倍首相が"プッツン"。「ちょっと6時に出なきゃいけないんだよ、飛行機の問題があるから!」とわめき散らしたのだが、議論をダラダラ引き伸ばしたのは安倍首相本人であり、理不尽極まりない逆 [全文を読む]

古館伊知郎「報ステ降板」の次は…囁かれる「東京オリンピック総合司会」説

デイリーニュースオンライン / 2015年12月27日12時00分

テレビ朝日は12月24日、古舘伊知郎キャスター(61)がテレビ朝日系「報道ステーション」を2016年3月末で降板すると発表し、メディア各社も一斉に報じた。4月以降も、番組自体は継続する。 「報道ステーション」は久米宏がメインキャスターを務めた「ニュースステーション」の後継番組として2004年に開始した。以降、古舘はメインキャスターを12年継続、12月24日 [全文を読む]

『のび太の日本誕生』は反ヘイト・反ネトウヨ映画!? ネットの指摘は正しいか?

tocana / 2015年08月17日11時00分

原作-藤子・F・不二雄監督・脚本-八鍬新之介制作-藤子プロ、小学館、テレビ朝日、シンエイ動画、ADK、ShoPro配給-東宝■制作スタッフは左翼!? さて、まずは制作である。そもそも中心になっているのがテレビ朝日だ。テレビ朝日といえば、朝日新聞とグループ関係を結んでいるテレビ局で、『報道ステーション』をはじめ「反ネトウヨ・反ヘイト」的な報道を行っていること [全文を読む]

露骨なステマで崩れ落ちた「報道ステーション」の信頼感

メディアゴン / 2016年11月06日07時30分

高橋秀樹[放送作家/日本放送作家協会・常務理事]* * *11月4日のテレビ朝日「報道ステーション」には、あきれた。番組の正味放送時間(CMを除いた放送時間)のほぼ4分の1を使って自社宣伝が放送されたのである。この日のゲストコメンテーターは、芸能人の個人ブログなどが注目されているアメーバブログを運営するサイバーエージェント社・藤田晋社長。社長が紹介された途 [全文を読む]

「報ステ」新テーマ曲のためにNYの日本人音楽家が集結

Smartザテレビジョン / 2016年04月11日18時00分

4月11日(月)夜9時54分より、テレビ朝日の富川悠太アナをメーンキャスターにリニューアルスタートする「報道ステーション」(テレビ朝日系)で、番組のもう一つの“顔”となるオープニングテーマ曲も新装されることが分かった。新テーマ曲は「報道ステーション」のために結成されたスペシャルJAZZバンド、“J Squad”による書き下ろし楽曲「Starting Fiv [全文を読む]

ショーンK以外も消えていた! テレ朝「●●ステーション」番組は呪われている? 続々と人が消える理由と「六本木の怖い呪い」

tocana / 2016年04月06日09時00分

これまでテレビ朝日「報道ステーション」やフジテレビ「とくダネ!」などに出演しているコメンテーターで、経営コンサルタントという肩書きをもつ男だ。経歴は完全に嘘ばかりだったことが文春のスクープで発覚した。ショーンKはこの「不祥事」によって、出演・出演予定のテレビ・ラジオ番組からの自粛を発表。長年のレギュラー番組も打ち切りが決定した。【その他の画像はコチラから [全文を読む]

反権力色が薄れる「報道ステーション」の行く末

デイリーニュースオンライン / 2015年02月12日07時50分

「早河会長が古館テイストを嫌っている」 テレビ朝日関係者が証言する。 「当社に君臨するのは、朝日新聞の天下りではなく、初めてテレビ朝日のプロパーから社長に就任、昨年6月には会長となって院政を敷いた早河(洋)さんです。その早河さんが、古舘(伊知郎キャスター)色を嫌っており、路線を変更したがっていました」 そして、BPOはその路線変更に使われた、という指摘が [全文を読む]

安倍政権と警察の闇--元TBS政治部記者のレイプ疑惑をもみ消した?「中村格刑事部長」とは何者なのか

週プレNEWS / 2017年06月17日06時00分

2015年3月いっぱいで、私はテレビ朝日の『報道ステーション』のコメンテーターを降板した。その2ヵ月前の1月23日のオンエアで、安倍首相が外遊中、「イスラム国と戦う周辺国に2億ドルを出す」と表明したことを批判し、「I am not ABE」と発言したのが原因だった。 このとき、私の発言に激怒した官邸からテレビ朝日の幹部に直接、抗議のメールをしてきたのが当 [全文を読む]

政権圧力はあったのか? 古舘伊知郎ら降板キャスター「最後の発言」

まぐまぐニュース! / 2016年04月10日19時30分

なんとか、私のテレビ局古巣である、学び舎である、このテレビ朝日に貢献できればという思いも強くあって、この大任を引き受けさせていただきました。お蔭をもちまして、皆さん、風邪などひとつ引くこともなく無遅刻無欠勤で12年やらせていただくことができました。これも、ひとえにテレビの前で今、ご覧になっている皆様方の支えあったればこそだなと、本当に痛感をしております。あ [全文を読む]

安倍政権のテレビ局への圧力は「放送法」の拡大解釈だった! メディア法の専門家に聞く

リテラ / 2015年04月15日08時00分

総選挙後は『NEWS23』に続き、『報道ステーション』(テレビ朝日系)のアベノミクスに関する放送への注意文書送付。今年2月から3月にかけては『報道ステーション』古賀茂明氏の「I am not Abe」発言に対する圧力問題もあった。 そして、4月17日には自民党の情報通信戦略調査会がNHKとテレビ朝日の経営幹部を呼びつけ、事情聴取することも決まった。NHKか [全文を読む]

「古賀氏は近々、新党結成」(首相官邸筋)、『報ステ』利用した古賀氏の宣伝活動は大成功

Business Journal / 2015年04月08日06時00分

3月27日放送のテレビ番組『報道ステーション』(テレビ朝日系)生放送中に起こった、キャスター古舘伊知郎氏と元経済産業省官僚・古賀氏の激しいやりとりが、今に至るも大きく尾を引いている。 改めて指摘するまでもなく、この1件は「古舘氏vs.古賀氏」という矮小化された見方では、絶対にその本質に迫ることはできない。しかし、「官邸からの圧力」の有無にフォーカスしてみ [全文を読む]

<報ステ降板問題>番組の都合を無視した古賀氏、外部圧力はない踏ん張るテレビ朝日、その意に沿って説明を繰り返した古舘氏

メディアゴン / 2015年04月08日03時20分

両角敏明[テレビディレクター/プロデューサー]* * *3月27日(金)のテレビ朝日「報道ステーション」での古舘伊知郎氏と、この日最後の出演となったコメンテイター・古賀茂明氏のやり取りが話題となっています。筆者はたまたま生で視ておりましたが様々な思いが去来しました。筆者はニュース番組に近い番組のディレクターやプロデューサーのひとりであったこともあり、コメン [全文を読む]

解散発表当日、安倍首相が『報道ステーション』にだけ出演しなかった理由

リテラ / 2014年11月19日22時30分

それは、古舘伊知郎がキャスターをつとめる『報道ステーション』(テレビ朝日系)。この日の『報ステ』のトップは解散ではなく高倉健の訃報で、冒頭から延々と高倉健の回顧特集が流された。かなりの時間が経ってから、ようやく解散のニュースになったが、共同会見の映像が放映されただけで、安倍首相の単独取材映像は1秒もなかった。 そんなところから、メディア関係者の間では「朝日 [全文を読む]

木村拓哉にインタビューした「報ステ」富川悠太アナになぜか猛省を促す声

アサジョ / 2017年04月24日18時14分

4月18日には異例ともいえる報道番組「報道ステーション」(テレビ朝日系)に出演し、独占インタビューを受けた。「テレビ朝日は木村ために関西の夜桜を眺められる庭園を用意し、メインキャスターの富川悠太アナにインタビューをさせました。折良く桜が満開の美しい庭園に、木村は『めちゃくちゃ、報道ステーション』と独特な言い回しで感激。ニュース番組もよく見ていて『報道ステー [全文を読む]

「報ステ」に熱い空気!寺川綾がスポーツキャスターに

Smartザテレビジョン / 2016年04月09日05時00分

4月11日(月)より装いも新たにスタートする、テレビ朝日・富川悠太新キャスターによる「報道ステーション」(テレビ朝日系)で、競泳元日本代表の寺川綾が金曜日のスポーツ担当として出演することが決定した。帯番組でのスポーツキャスターのレギュラーは今回が初となる。 番組では競泳はもちろん、野球、サッカー、オリンピックなど幅広いジャンルのスポーツニュースを“アンカー [全文を読む]

相次ぐキャスター降板の背景にあるもの…問題視すべきはメディア側の自粛と安倍政権の自信のなさ

週プレNEWS / 2016年04月07日10時00分

NHK「クローズアップ現代」の国谷裕子氏、TBS「NEWS23」の岸井成格氏、そしてテレビ朝日「報道ステーション」の古舘伊知郎氏ーー。 その背景には、安倍政権からの圧力があったのではないかという見方も根強い。「週プレ外国人記者クラブ」第28回は、『安倍政権にひれ伏す日本のメディア』(双葉社)を上梓したニューヨーク・タイムズ前東京支局長、マーティン・ファクラ [全文を読む]

報ステ・古舘、最後の言葉1「窮屈になってきました」

Smartザテレビジョン / 2016年04月01日03時00分

3月31日の放送をもって、古舘伊知郎が「報道ステーション」(テレビ朝日系)のメーンキャスターの座を降りた。'04年4月のキャスター就任から丸12年。古舘は、さまざまなニュースと向き合い、国内外を精力的に取材してきた。この日はお天気キャスターの林美沙希アナ、スポーツキャスターの青山愛アナもそろって最後に。番組最後のおよそ10分間、古舘は下記のようなコメントで [全文を読む]

「放送弾圧」に警鐘を鳴らしたBPOに、脅しをかけた自民党議員の正体

まぐまぐニュース! / 2015年11月12日20時00分

テレビ朝日の「報道ステーション」における古賀茂明の官邸批判発言が許せぬというので、テレ朝幹部を呼んでつるしあげようということになった。が、1社だけだと、あまりにも意図が見え見えだ。もちろん、彼らとて、言論弾圧になるという自覚くらいはあるだろう。 そこで、NHK「クローズアップ現代」の「やらせ」問題もいっしょに取り上げることにした。まったく性格の異なる案件 [全文を読む]

フォーカス