周辺 広島大学に関するニュース

今こそ北方領土問題を解決し歴史を動かす時。窮地のロシアに安倍外交が切る起死回生のカードとは

週プレNEWS / 2016年02月17日06時00分

これは、安倍政権の周辺に谷内(やち)正太郎・国家安全保障局長や元外務省欧州局審議官の武藤顕氏など、頭がいい人がいるからできたんでしょう。 そういえば鈴木先生、このロシアとの交渉の件で面白い人事がありました。“外務省の悪の三田(サンタ)”のひとりが戻ってきましたね。 鈴木 名前に「田」がつく、いわくつきの人ですね(笑)。松田邦紀(現香港総領事。首席事務官時 [全文を読む]

日本人の99%は、足首に“コリ”がある~知らないと一生の損!「足首の新常識」を大公開!~

@Press / 2015年03月03日10時00分

・足先にあたたかい血がめぐり始め、周辺の筋肉がほぐれる・すぐさま全身の血液の流れがよくなり、細胞まで活性化・筋肉が動くことで熱が発生し、ダイエット効果も高まる・自然治癒力が高まる・生活習慣病のリスクが格段にさがる・血圧が正常値で安定・よく眠れて、気持ちも明るくうつを克服■7万人以上が足首まわしの効果を実感足首がやわらかくなり、膝関節 → 股関節 → 骨盤と [全文を読む]

三菱重工、放射線治療装置を広島県の先端的医療施設向けに受注

JCN Newswire / 2014年07月24日18時32分

加えて、照射部位における線量分布の強度を変調させ、多方向から照射することで、複雑ながん病巣の形状に適合した高線量領域をつくるとともに、周辺の正常細胞への照射線量を減らす強度変調放射線治療(IMRT)にも対応しており、同センターの目指すコンセプトに合致した最先端の高精度放射線治療を提供することが可能です。Vero4DRTは、新エネルギー・産業技術総合開発機構 [全文を読む]

損傷した軟骨を再生する新治療法 既に保険適用されている

NEWSポストセブン / 2013年09月26日16時00分

皮膚などの組織は血管が通っており、傷つくと出血して細胞や液性因子が損傷した周辺に集まり組織を修復する。軟骨には血管や神経がないため、擦り減ったり欠損してもほとんど修復しない。このため根本治療はなく、人工関節置換術など手術療法が行なわれてきた。 1994年、スウェーデンの研究グループが新しい治療法を発表。軟骨の細胞を体外で10倍に増やし、増殖細胞を液体に入れ [全文を読む]

活断層の危険性 適切評価なく原発再稼働容認できぬと専門家

NEWSポストセブン / 2012年07月24日16時00分

原発周辺で見過ごされている活断層をいくつも指摘し、「評価をやり直すべき」と訴えてきた渡辺満久・東洋大学教授(変動地形学)。そして今、全国で唯一運転が再開された大飯原発の敷地内に、活断層の存在が疑われている。6月末に現地を視察した渡辺教授が、新たに判明した重大な事実を報告する。 * * * 原発の危険性ばかり訴えているため誤解されがちだが、私は再稼働に絶対反 [全文を読む]

フォーカス