プロボクサー 竹原慎二に関するニュース

「亀田興毅に勝ったら1000万円」に挑戦したYouTuber・ジョーがボクシングのプロテスト合格

ねとらぼ / 2017年09月27日18時23分

AbemaTVの「亀田興毅に勝ったら1000万円」に亀田興毅さんへのチャレンジャーとして出演していたYouTuber・ジョーさんが、プロボクサーのテストに合格したことを自身のTwitterで報告しました。 ジョーさんは同番組の第2試合に登場し、ダウンをとられながらも立ち上がりつづけ、果敢にパンチを繰り出すなど善戦。3ラウンド目でTKOを喫したものの、解説の [全文を読む]

元プロボクサー「余命1年宣告」で見た地獄 なぜ2人の医師は見過ごしたのか

東洋経済オンライン / 2017年08月13日17時00分

■もうやるしかない、ってだけだった [全文を読む]

【悲報】有名ライター佐藤英典氏、24時間テレビ「100キロマラソン」の走者を拒否すると表明

ロケットニュース24 / 2017年08月01日20時15分

指名されたランナーにとってはあまりにも過酷な条件となるため、ネット上では批判的な声が多いが、8月1日には元プロボクサーの竹原慎二さんが、自身のブログ上で走者に指名されても拒否することを表明した。そしてもう1人……有名ライターの佐藤英典氏も、早々に100キロマラソン走者の拒否を表明したのでお伝えしたい。 ・勝手に表明 竹原さんが走者の拒否を表明したのと同じ [全文を読む]

ガン克服の元プロボクサー竹原慎二が激白 セカンドオピニオンの選び方とは

しらべぇ / 2017年07月27日05時00分

2014年に膀胱ガンと診断されたが、懸命な治療によってタレント復帰を果たすことに成功した元プロボクサー・竹原慎二がセカンドオピニオンの選び方を語った。■1人の医者を信じて後悔竹原は、26日に放送された、フジテレビ系『ノンストップ!』に出演。「激痛が来たときは本当に辛くて、先生に電話して伝えたら、『そんなはずはない』と否定する。1人の医者を信じすぎて後悔した [全文を読む]

がんと戦う竹原慎二氏「闘病は弱気なぐらいがちょうどいい」

NEWSポストセブン / 2017年02月15日07時00分

【プロフィール】たけはら・しんじ/元プロボクサー。1972年広島県生まれ。1989年にプロデビューし、1995年に日本人初のWBAミドル級王座獲得。現在は「竹原慎二&畑山隆則のボクサ・フィットネス・ジム」で指導も行なう。 撮影■北村崇 ※週刊ポスト2017年2月24日号 [全文を読む]

村田諒太、WBAミドル級世界王者に「より強い世界の舞台にチャレンジする」

ORICON NEWS / 2017年10月23日00時07分

プロボクサーの村田諒太(31)が22日、東京・両国国技館で行われた「WBA世界ミドル級タイトルマッチ」で、WBA世界ミドル級王者アッサン・エンダム選手と対戦し、7回終了TKO勝ちを収めた。日本人選手がミドル級世界王者になるのは、1995年の竹原慎二以来、22年ぶり史上2人目の快挙となる。 【写真】5月の試合前はビートたけしが激励 村田は2012年のロンドン [全文を読む]

タオル投入批判に「外野は黙ってろ!!」 山中慎介のTKO負けで

J-CASTトレンド / 2017年08月16日18時20分

プロボクサーの竹原慎二氏(45)も、15日のブログで、 「俺だったらあんな止められ方は納得いかないな」 と苦言を呈す。 極めつけは、山中選手が所属する帝拳ジムの本田会長だ。試合後、 「(トレーナー)個人の感情が入った。最悪なストップ」 と怒りを隠さなかった。 山中選手「責める気持ちはないです」 業界内からは、厳しい声が多数あがっているが、ファンたちには [全文を読む]

吉田沙保里CDは“珍盤”殿堂入りなるか? アスリート歌手の歴史から考察

日刊サイゾー / 2015年09月05日09時00分

プロボクサーのガッツ石松は、74年に「石松おとこ節」で歌手デビューし、その後も不定期ながら作品をたびたび発表。15年、ガッツ石松&ポカスカジャン名義でリリースした「OK食堂」は、NHK『みんなのうた』で放送されるなど、子どもたちが口ずさめる歌として親しまれている。一方、竹原慎二が00年にリリースした1stシングル「下の下のゲットー。」は、タイトルも中身も [全文を読む]

内藤大助があの亀田戦をいま振り返って語る!「ヒールを目指した自分が逆に“いい人”に…人生ってわからないもんです」

週プレNEWS / 2014年12月19日11時00分

プロボクサーになって、日本ランクに入って、深夜放送とはいえテレビ放送がついたりするようになったものだから、一時期は完全に調子に乗ってましたね。遊び呆けて、自らチャラ男を目指していたような節さえありました」 それでも練習だけは手を抜かなかったそうで、実際、その後も内藤氏は勝ち続ける。 そして無敗のまま20戦目で迎えたのが、坂田健史が持つ日本タイトルへの挑戦で [全文を読む]

25年間愛され続ける、肉汁たっぷりの「巨大ハンバーグ」があるお店

ぐるなび / 2014年10月08日17時10分

当時のリポーターだった元プロボクサーの竹原慎二さんは、デカ盛りメニュー「自家製ハンバーグ 1500g」について「このハンバーグはワシの中で革命が起こるハンバーグじゃ、うまいっす」とコメントしていた。 4年半たった現在でも同メニューは存在しており、さらに当時より1つ変わったことがあるという。それは、まかないで食べていたことをきっかけに、チーズインのトッピング [全文を読む]

デカ盛り「かき揚げ丼」は今も健在! かき揚げが42枚に増えてさらにパワーアップ!!

ぐるなび / 2014年08月11日12時10分

当時同店を訪れた元プロボクサーの竹原慎二さんは同店の「かき揚げ丼」を「デカ盛りの中のデカ盛りじゃ!」と評し、味についても絶賛していた。この「かき揚げ丼」がまだ提供されているか。また、何か変化したところはないかを調査するため、相沢さんは同店の店長に尋ねた。 すると、「かき揚げ丼」(要予約 1日1食限定)はまだ健在とのこと。当時と比べて変わったところは、トッピ [全文を読む]

あの女優や作家、お笑い芸人も! 著名人35名がおすすめするマンガ作品 計5300冊の期間限定ポイント増量キャンペーンを実施!

PR TIMES / 2013年09月10日17時26分

【特集ページURL】「屋根の上のマンガ読み」http://www.ebookjapan.jp/ebj/special/special_yaneue.asp【インタビュー掲載 著名人一覧】(敬称略)齋藤孝(明治大学文学部教授)風間トオル(俳優)林家木久扇(落語家)鳥越俊太郎(ジャーナリスト)なぎら健壱(シンガーソングライター・タレント)荒俣宏(作家・博物学者 [全文を読む]

ジャニーズ初の偉業なるか!? V6・三宅健がボクシングプロテストに意欲的

サイゾーウーマン / 2012年02月23日08時00分

プロボクサー誕生となれば、ジャニーズ初の偉業。ボクシングのプロテストは片手間で合格できるようなものではなく、ほぼ毎月行われているテストでの1回あたりの合格率は以前は6~7割だったが、06年ごろからは事故防止のために厳格化され、合格率が3割程度のこともある。かなり"狭き門"ですが、"合格すれば初"という冠を好むジャニー喜多川社長も手放しで喜ぶでしょうね」(芸 [全文を読む]

フォーカス