ハーフ 水沢アリーに関するニュース

水沢アリーは「今年消えるタレントリスト」上位? 芸能界の諸行無常

messy / 2015年01月15日19時00分

本物のローラが、実父の起こした事件のために活動を縮小していた時期も重なり、アリーはひな壇ハーフタレント枠の常連にのし上がった(ただしハーフではなく、ハーフ風の名前も芸名である)。 しかしアリーを、ローラのキャラクターを巧妙に模写して作られた偽のキャラを演じているだけだと批判する向きもあり、同時に、どんどんルックスが変化していくことから整形依存症疑惑も噴出。 [全文を読む]

また出た! 支離滅裂ハーフモデル・滝沢カレンはバラエティーで通用するか?

messy / 2015年09月09日15時00分

父がウクライナ人、母が日本人というハーフの彼女は、2008年に「Seventeen」(集英社)の“ミスセブンティーン”に選ばれたことがきっかけでモデルとしての活動を始め、その後「JJ」(光文社)、「Gina」(ぶんか社)にも登場。また2009年の『ROOKIES‐卒業‐』や2010年の『マリア様がみてる』などの映画にも出演しているのだが、芸歴7年目となっ [全文を読む]

マギーが「ハーフタレント格付けランキング」発表、ぶっちゃけトークで垣間見えたクレバーな素顔

メンズサイゾー / 2014年12月24日17時35分

モデルのマギー(22)が、自身を含めた「ハーフタレント格付けランキング」を語ったことが話題になっている。 20日深夜に放送された『坂上目線』(テレビ東京系)に出演したマギーは、MCの坂上忍(47)に話を振られる形でハーフタレント乱立の状況に言及。その中で自身が思うハーフタレントのランキングを口にした。マギーによると、1位はベッキー(30)、2位はSHELL [全文を読む]

飽和状態のママタレ市場に加藤ローサが参戦! ハーフ系タレント枠の奪い合い激化も必至!?

メンズサイゾー / 2014年08月14日09時00分

加藤は日本とイタリアのハーフだけに、本来であればそれも武器にしたいところですが、今はハーフタレント枠も増えすぎて飽きられつつあるのがネックですが…」(芸能ライター) 確かに、加藤が芸能活動を休止している間に、バラエティではクォーターなども含むいわゆるハーフ系タレントが乱立するようになってしまった。先日、父が逮捕されたことでも話題になったローラをはじめ、ダレ [全文を読む]

水沢アリー、セレブ生活に「生意気!」 暴露キャラ化で、ぺこ&りゅうちぇるのビジネスカップル確定?

おたぽる / 2016年08月04日09時00分

「水沢といえば、ハーフでもないのに、ハーフタレントを装っていたことや、『ローラの真似』『ローラは可愛いから許せるけど、水沢は無理』などといった批判を受け、今ではすっかりメディアへの露出が激減。それだけに、セレブな生活を見せつけていることに、『生意気』『納得いかない』などと、嫉妬混じりの批判の声が殺到しているようです。また、相手の男性が水沢より2回り近くも [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】マギーが『若手ハーフ芸能人』の“Aクラス”入りに歓喜。「なにこれ。ありがとうございます!」

TechinsightJapan / 2014年08月19日13時35分

モデルのマギーがバラエティ番組で発表された『若手ハーフ芸能人ピラミッド』でAクラスに選ばれていたことを知って、ツイッターで驚きと喜びの気持ちをつぶやいている。彼女は番組を見ていなかったらしく、ファンからその情報を教えられて「なにこれ」と“うれし涙とハートマーク”の絵文字で心境を表し、「ありがとうございます!」と感激していた。 モデル出身でタレントのJOYが [全文を読む]

2013総決算! 芸能界椅子取りゲーム

メンズサイゾー / 2013年12月31日17時00分

まずは、最も熾烈なハーフモデルの椅子取りゲーム。<ローラ→ダレノガレ明美→マギー/ラブリ> 毒舌モデル・マリエも完全に鳴りを潜め、ベッキーの人気も落ち着いた今、今年もローラの一人勝ちかと思いきや、6月に彼女の父親の黒い噂が話題となり、勢い的には失速。ハーフではないがローラと喋りが似ているということで水沢アリーが出てくるが、その穴埋めにはならなかった。 一 [全文を読む]

「絵的に目立つけれど……」“ローラの父”問題で芸能界の外国人&ハーフタレントに苦境

日刊サイゾー / 2013年07月08日11時00分

同じハーフや外国人のタレントたちに影響が出ているという。 ローラの父、バングラディシュ人のジュリップ・エイエスエイ・アル容疑者(52)は、海外での診断書を偽装して海外療養費を騙し取る国民健康保険の不正受給詐欺で国際指名手配されている。この手法はジュリップ容疑者のみならず日本に出入りする外国人たちの間でも「カネになる」と悪用が急増していたものだ。 入国管理局 [全文を読む]

「別人になってるよ!」 水沢アリー、SHELLYにルックスの変化をツッコまれる

メンズサイゾー / 2017年03月29日21時15分

そんな状態の彼女は、「ただの素人」に違いなかったが、ハーフタレントのローラ(26)と喋り方がそっくりだと注目を集め、瞬く間にブレイクした。 その後、「第二のローラ」と呼ばれた水沢は、トーク中に「彼氏ができた」と宣言するなど、ぶっちゃけキャラも確立。曽祖父がドイツ人で両親は日本人という彼女は、厳密にいえばハーフではないものの、ハーフタレントとしてテレビに出ま [全文を読む]

水沢アリーのぶっちゃけトークに有吉も喝采!

美容最新ニュース / 2016年04月06日15時00分

金髪のショートカットがトレードマーク、おバカ系ハーフタレントとして人気を集めた水沢アリーだが、番組に登場した際は漆黒のロングヘアー。上品で落ち着いたイメージへと変貌していた。イメチェンは髪だけじゃない?!ここで司会の有吉弘行が「顔も変わったね」と斬り込んだところ、整形疑惑がささやかれていた水沢は「もういじってない」とあっさり。過去に「整形体験コース」のよう [全文を読む]

水沢アリー、「ハーフ顔」への変貌は「ポスト・ベッキー」狙い?

アサジョ / 2016年03月05日09時59分

確かに、最初の頃とは雰囲気が変わり、“ハーフモデル”のような雰囲気が漂っていますね」(芸能ライター) アリーという名前から、ハーフと思っている人も多そうだが、水沢は曾祖父がドイツ人。つまり、1/8というわけだ。このモデルチェンジは、ベッキーの休業を受けて「ハーフ枠」に飛び込もうとでもしたのだろうか。 ネット上では異変に気づいた女性たちから、「鼻筋ピーン」「 [全文を読む]

ダレノガレ明美の「ハーフタレント格付け」が面白すぎる 「マギー、トリンドル玲奈は自分より下」

AOLニュース / 2015年09月30日12時00分

番組中で「ハーフタレントの格付け」について語り、視聴者の間で話題となっている。 この日、同番組内で放送された「ゴマカシNG 世の中の聞きたいことしっかり答えますSP」の中で出た「女性ハーフタレントの中で自分は今、何番目だと思いますか?」という質問に対して、ダレノガレは、「上はやっぱベッキーさんとか、事務所の先輩のローラちゃんとか...SHELLYさんも。S [全文を読む]

『ヒルナンデス!』レギュラーも決まり絶好調! “最強エロボディ“マギーの前に立ちはだかる意外な人物とは

メンズサイゾー / 2014年10月07日17時30分

熾烈な争いが繰り広げられている芸能界のハーフタレント枠で、一歩抜け出しそうな勢いだ。「以前、タレントのJOYさんが、『ジャネーノ!?』(フジテレビ系)の中でハーフタレントの格付けをおこなったことがありました。その中で、マギーさんはAクラスと位置づけられていましたが、露出度という意味では、彼女の下にランクされたダレノガレ明美さんや水沢アリーさんが圧倒している [全文を読む]

ニコルは大御所とマブダチ、マリエは収入カツカツ!? タメ口タレントたちの明暗

dmenu映画 / 2017年10月01日07時30分

元祖ハーフタメ口タレントともいえるローラは、2016年11月放送の「SMAP×SMAP」(フジテレビ系)出演の際に海外のエージェントと契約したことを告白。バラエティ番組での仕事をこなす一方、映画『バイオハザード:ザ・ファイナル』で主演のミラ・ジョボビッチとともに戦う女戦士役でハリウッドデビューも果たすなど、本人の希望通り仕事の幅を広げて、海外の雑誌やイベ [全文を読む]

水沢アリー、嫌いな芸能人を暴露! 苦手なのは滝沢カレンか菊地亜美か...

メンズサイゾー / 2016年09月27日17時00分

水沢が挙げた3人は、ヘンテコな日本語で話題のハーフモデル・滝沢カレン(24)、バラエティで大活躍する元アイドルの菊地亜美(26)、ファッションデザイナーでタレントのドン小西(65)。この中の1人を水沢は「普通に嫌い」なのだという。ちなみに村本は、芸人の小籔千豊(43)とアジアン・馬場園梓(35)、元いいとも青年隊の工藤兄弟を挙げた。 嫌いな人物を村本に悟 [全文を読む]

水沢アリー「キャラ設定は事務所の指示」と暴露もローラがインスタでトドメの一撃

アサジョ / 2016年04月07日17時59分

さらにはハーフでないこと、ローラに寄せてのちょっとおバカな言動は作っていたことを告白するなど、カミングアウトの嵐となったのだ。 また水沢いわく、本人は金髪やローラに似せるのを嫌がっていたようだが、事務所の指示で泣く泣くキャラを貫いていたことを告白。現在は同じ事務所に所属する“ぺこ”の愛称で呼ばれるオクヒラテツコや、りゅうちぇるなどがブレイクしたことで推す [全文を読む]

ゲスの極みと“不倫スキャンダル”のベッキー、CMだけでなく「ハーフ会」の幹事も降ろされた!?

おたぽる / 2016年01月13日09時00分

これまでベッキーが率いてきた芸能界の一大勢力である「ハーフ会」の幹事も降りることになったという。 「ハーフ会には、ベッキーのほかローラ、トリンドル玲奈、ウエンツ瑛士、SHELLY、ホラン千秋、IVAN、ハリー杉山、JOY、アントニーらが参加。メンバー同士の『恋愛禁止』というルールがあり、なおかつ、トリンドルに対しては『個別LINE禁止』と、口説かれないよう [全文を読む]

嫌いなハーフタレント1位!ベッキーを大転落させたのはアノ男の一言だった

アサ芸プラス / 2015年10月02日17時59分

恋愛情報サイト「東京独女スタイル」が、独身女性100人を対象にしたアンケート結果をもとに作成した「嫌いな女性ハーフタレントランキング」で、ダレノガレ明美や水沢アリーを抑え、堂々の1位を獲得したのがベッキー。 現在も「ニンゲン観察バラエティ モニタリング」(TBS系)、「世界の果てまでイッテQ!」(日本テレビ系)、「天才!志村どうぶつ園」(日本テレビ系)など [全文を読む]

トリンドル玲奈、その「素性」と「評判」 乱立するハーフ枠から一頭飛び出し?

Business Journal / 2015年09月15日22時00分

「現在のようにハーフタレントが芸能界で重宝されるようになったきっかけは、やはりローラのブレイクでしょう。かつては梅宮アンナにマルシア、ここ10年ほどでもリア・ディゾンやベッキー、男性ではユージにJOYなどが活躍し、一定の需要がありましたが、昨今のような“乱立”状態となったのは確実にローラの功績といえます。日本人離れした風貌からはかけ離れた発言の数々が、視 [全文を読む]

グラビア大好評のダレノガレ明美“セクシー路線開眼”で「ヌード披露の可能性は……?」

日刊サイゾー / 2015年08月18日23時59分

男性ウケするポーズを研究し尽くしたということで、彼女のしたたかさも垣間見えますよね」(テレビ関係者) “あの事件”とは、今年2月5日に出演した『水曜日のダウンタウン』(TBS系)で「タメ口ハーフタレントは、年下のADにタメ口で話されても怒らないかどうか」という企画が行われた際に起こった。水沢アリーや道端アンジェリカとともにターゲットにされ、彼女だけが激怒し [全文を読む]

フォーカス