未来 聖徳太子に関するニュース

2016年に原発事故、日本沈没… 怖すぎて封印された聖徳太子の未来予言

ハピズム / 2013年04月28日21時00分

さらに、聖徳太子には未来を予言する能力まであったのだ。『日本書紀』の巻の二十二には、太子が「兼知未然」と記されてある。未然は未来と同義語。つまり、聖徳太子には未来を示す予知能力があったことを日本の正式な歴史書が証明しているのだ。 [全文を読む]

聖徳太子が中国の皇帝に「日没する処の天子」としたためた理由

まぐまぐニュース! / 2017年02月05日08時00分

こういう授業で育った子供たちが大人になったら、まさに「国際派日本人」としてわが国の未来を開き、国際社会で立派に活躍してくれるだろう。 文責:伊勢雅臣 image by: Wikimedia Commons 『Japan on the Globe-国際派日本人養成講座』著者/伊勢雅臣購読者数4万3,000人、創刊18年のメールマガジン『Japan On th [全文を読む]

SMAP解散と天皇「生前退位」の奇妙な共通点! そして聖徳太子の予言「2016年クハンダ襲来、東京壊滅」とは?

tocana / 2016年08月18日07時00分

■聖徳太子が予言した日本の破滅 聖徳太子は誰もが知る日本の聖人だが、未来を予言する能力まで持っていたという伝説がある。事実、『日本書紀』にはこう記されている。「厩戸皇子、壯(そう)に及びて未然を知ろしめたもう(太子、これから起こることを予知する)」 つまり、太子が予言者であったということは、日本の正式な歴史書が証明しているといえるのだ。 その予言を記録した [全文を読む]

教科書を作る出版関係者が告発する驚きの内実「南京大虐殺は20万人くらいがちょうどいい」

週プレNEWS / 2015年09月07日06時00分

特に近代の戦争や植民地支配に関する記述においては、『日本の負の歴史を自虐的に強調しろ』とは言いませんが、相手国の立場も併記してこそ、左右どっちにも偏らない考え方を生徒に持たせられるし、それこそが未来のある子供のための真の教育だと思うのですがねえ…」(元校長) 4年後に迎える次回の教科書採択までに教育委員会制度が正しく機能し、まともなプロセスで選ばれるように [全文を読む]

【新刊】『こっちの世界、あっちの世界』

@Press / 2016年05月10日11時45分

【本書の構成】 第1章 「見えない世界」の力 第2章 信じる・疑う・考える・感じる 第3章 日本における医療の現況と未来 第4章 わが国の形 第5章 生きている限り学びは続く 【共著者略歴】 矢作 直樹(やはぎ・なおき) 1956年、神奈川県生まれ。81年、金沢大学医学部卒業。82年、富山医科薬科大学助手。83年、国立循環器病センターレジデント。同センタ [全文を読む]

フォーカス