織田信長 聖徳太子に関するニュース

西郷どんは4日後に戦争突入。歴史上の人物は40歳頃ナニしてた?

まぐまぐニュース! / 2017年04月18日17時57分

「戦国時代の三大武将」の40歳はどうだったのか ◎織田信長(1534年-1582年6月21日) 織田信長公、日本史上最も人気の高い偉人である我らがノッブが40歳を迎えたのが、1574年。時の天皇に「蘭奢待の切り取り」を望んで認められた年です。 長島一向一揆に対する第三次長島侵攻がこの年で、追い詰められた門徒の反撃に一族はじめ多大な被害を受けながらも殲滅、 [全文を読む]

4月から初めて「歴史」を学び始める全国の小学生6年生に 歴史好きになってもらいたい…と、 進研ゼミ小学講座が「しゃべる巻物型 歴史教材」を投入

PR TIMES / 2013年03月14日09時20分

~進化し続ける進研ゼミの付録~肖像画・写真・銅像などの資料をもとに聖徳太子からペリーまで11人の歴史人物の音声を独自に再現4月から初めて「歴史」を学び始める全国の小学生6年生に歴史好きになってもらいたい…と、進研ゼミ小学講座が「しゃべる巻物型 歴史教材」を投入--------------------- 株式会社ベネッセコーポレーションの通信講座「進研ゼミ小 [全文を読む]

バーで「あちらのお客様からです」とやっていそうな有名人、2位はトレエン斎藤、1位は…

Woman Insight / 2017年04月16日17時00分

2位 織田信長 小栗旬さん主演の「信長協奏曲」が記憶に新しいのですが、いろいろ新しいことにチャレンジした人ですよね。いろいろ聞きたいこともありますが、逆に「本能寺の変♪本能寺の変♪ほんの〜じの変」とエグスプロージョンのネタを教えてあげたい! 1位 坂本龍馬 人気の武将を抑えて1位に輝いた「坂本龍馬」。「生き様を聞きたい」など倒幕に一役買った龍馬の生き方に [全文を読む]

ドナルド・トランプ、柳井正、孫正義……お金がバンバン貯まる「実践!大富豪の言葉」

プレジデントオンライン / 2017年03月07日09時15分

妻・優美との間に娘2人 【尊敬する人物】聖徳太子、織田信長、坂本龍馬。「この3人のイノベーターには共通点がある。当時の最先端機器をいち早く取り入れた点だ。聖徳太子は折れにくい刀、織田信長は鉄砲、龍馬は黒船」 【愛読書】『竜馬がゆく』(司馬.太郎)、『ユダヤの商法』(藤田田)、『成功はゴミ箱の中に』(レイ・クロック) * Forbes The World's [全文を読む]

「Brilliant60s=輝ける60代」 2,000人に聞いた「シニアのリアル調査2016」結果より 第三弾 今どきシニア、今年のお年玉相場は昨年から微減。関東のお年玉は大幅減少

PR TIMES / 2016年12月12日16時58分

3.シニアにとっての「一万円札」は、今も昔も「聖徳太子」! ~一万円札に相応しい歴史上の人物は、2位「坂本龍馬」、3位「徳川家康」と男女同一の人気~★全体の4位以降は、4位「織田信長」、5位「田中角栄」、6位「豊臣秀吉」、7位「杉原千畝」、8位「卑弥呼」、9位「勝海舟」、「湯川秀樹」、「西郷隆盛」★男性の4位以降は、4位「織田信長」、5位「田中角栄」、6位 [全文を読む]

今後の大河ドラマを占う?主役で見たい偉人を調査してみた

しらべぇ / 2016年10月09日08時30分

・1位:織田信長(6票)・2位:聖徳太子、坂本龍馬(5票)・4位:伊達政宗(4票)・5位:伊藤博文、加藤清正、山本五十六、石田三成、足利尊氏、卑弥呼、明智光秀、立花宗茂(3票)織田信長がトップ。『国盗り物語』(1973年)、『信長 KING OF ZIPANGU』(1992年)と、すでに2度も主役になっており、三天下の中でも特に人気が高いようだ。坂本龍馬も [全文を読む]

今度こそ、ちゃんと完結してくれるよな? 荻野真『孔雀王 戦国転生』

おたぽる / 2015年12月08日13時00分

戦国時代にタイムスリップした孔雀が織田信長や木下藤吉郎(豊臣秀吉)、徳川家康などと出会って始まる物語である。もちろん、内容は荻野ワールド。秀吉はガチで猿だし、家康に至っては吸血鬼である。それどころか、信長の正室・濃姫に至っては、斎藤道三のつくった式神だったのである。そして、驚くのは単行本第2巻で匂わされたラスボスの正体は……聖徳太子なのだ。 いったい、どう [全文を読む]

価値観タイプ×育児スタイルで診断!第2弾『赤すぐ』パパ・ママ診断サイト 本日リリース

PR TIMES / 2016年06月13日13時24分

⇒男女4分類「卑弥呼」 「清少納言」 「紫式部」 「北政所」 「聖徳太子」「太宰治」「松尾芭蕉」「織田信長」に診断されます。価値観がわかる歴史上キャラ診断。[画像3: http://prtimes.jp/i/10032/195/resize/d10032-195-211251-3.jpg ]【STEP2】育児スタイルがわかるパパ・ママ診断。パパ・ママの育児 [全文を読む]

安田靫彦(やすだ・ゆきひこ)展、東京国立近代美術館で40年ぶり開催/お得なペア前売り券など12月1日に発売

PR TIMES / 2015年11月20日14時05分

※「本画」とは…素描(デッサン)や下図(したえ)を経て描かれた完成作品 歴史好きの人必見! ヤマトタケル、聖徳太子、源頼朝、源義経、織田信長、豊臣秀吉、宮本武蔵・・・・・・。時代のヒーローたちを描いた、教科書でもおなじみの作品が並びます。「靫彦戦後の3大美女」と言える、《王昭君(おうしょうくん)》(足立美術館蔵、3月23日~4月17日展示)、《卑弥呼》( [全文を読む]

本能寺の変の黒幕は天皇?「天皇は織田信長の傀儡」は間違い!戦国時代も和平に尽力

Business Journal / 2015年09月08日06時00分

それが、織田信長です。 信長が京都を訪れたのは、「正親町天皇を守衛奉る」ことが名目でした。信長は朝廷の財政を一気に回復させ、天皇の権威を回復させていきます。 信長の攻撃的な外交に対して、正親町天皇は仲介者や調停者として振る舞います。実際、正親町天皇は信長と敵対勢力との和議の仲介を積極的に行いました。かつては「天皇は飾りにすぎず、信長の傀儡だった」と説明され [全文を読む]

【無料で読める!!】「学研まんが人物日本史」シリーズの『勝海舟 江戸城明けわたし』(電子書籍版)を期間限定で無料配信!

PR TIMES / 2015年05月01日13時26分

◇学研BookBeyond http://bit.ly/1EV16V8 ◇Kindleストア http://amzn.to/1zirx4l ◇楽天Kobo電子書籍ストア http://bit.ly/1bHTRT2 ◇iBooks http://bit.ly/1EV0hM0 ◇GooglePlayストア http://bit.ly/1EH27Os ■「学研 [全文を読む]

「大ひげ禁令」に「ヒゲ裁判」? 男の見栄が見え隠れする「ヒゲ」の歴史

ダ・ヴィンチニュース / 2013年09月10日11時30分

また織田信長や豊臣秀吉(ヒゲが薄かったので付けヒゲをしてたといわれる)、武田信玄などの戦国武将もヒゲを蓄えていた。ところが教科書が江戸時代のページになると、ヒゲ面の人はそれほどいなかったイメージがないだろうか? 日本人は「ヒゲ」とどう付き合ってきたのだろうか? 『ヒゲの日本近現代史』(阿部恒久/講談社)によると、日本では平安時代の半ば過ぎまでは、僧侶以外は [全文を読む]

フォーカス