お守り 春日大社に関するニュース

春日大社 20年ぶり60回目「式年造替」の意味を宮司解説

NEWSポストセブン / 2016年12月03日16時00分

国家国民をお守りいただく神様のお恵みに感謝し、春日大社では年間2200回以上のお祭りを奉仕していますが、それらの中でも最上級の奉仕が、ほぼ20年に一度執り行なわれてきた式年造替です。 清浄な社殿を保ち、神様が使われる御神宝を一新することで、神様に若々しいお力を発揮してご加護いただきたい──そうした願いが込められています」 こう語るのは、春日大社の花山院弘 [全文を読む]

2016年の運命を読み解く!9つの「数秘」で一年の幸せを占う方法

ANGIE / 2016年02月04日06時01分

テーマごとにアップされているカードは、あなたに「美運」と「福運」を授けるお守りカード! また、周期ごとにピンポイントでご利益をいただける神社仏閣もご紹介。梅に桃、桜の花々が野山を春色に染めていくように、2016年あなたの人生を幸せ色に輝かせましょう。 現在の「周期」を割り出す計算法 「周期」は基本的に誕生日が起点、それを境に周期が切りかわります。 例)7月 [全文を読む]

大迫力の四天王が、夜の古都に幻想的に浮かび上がる!奈良大立山まつり

Walkerplus / 2017年01月20日11時03分

春日大社の飛火野に設置された高さ約3mの火炉に、正月に納められた古いお札やお守り、しめ縄飾りなどをたき上げる。無病息災や五穀豊穣などを祈願し、炎が高く上がるほどご利益があるとされる。お守りなどは当日持込も可能。【関西ウォーカー編集部】 [全文を読む]

絵巻物のような巨大山車に花火も上がる若草山焼き!冬の奈良はイベントが熱い!

Walkerplus / 2017年01月09日12時00分

高さ約3mの火炉に、正月に納められた古いお札やお守り、しめ縄飾りなどをたき上げる。無病息災や五穀豊穣などを祈願し、炎が高く上がるほどご利益があるとされる。お守りなどは当日持込も可能。【関西ウォーカー編集部】 [全文を読む]

ちゃんとできる?日本人なら知っておきたい神社の初詣マナー

LBR - Life & Beauty Report / 2015年12月30日19時00分

お守りや破魔矢は参拝後に買いましょう。有効期限は基本的に1年。昨年のお守りは1月15日ごろに行われるお焚き上げで焚いてもらうほか、古札納め所などへ納めます。購入した社寺でも違ってもいいのですが、お寺のものはお寺へ、神社のものは神社へ持っていきましょう。 初詣は元旦が理想ですが、なるべく早く松の内(7日)を目安に行きましょう。複数の神社やお寺にお参りしても [全文を読む]

ラグビー日本代表の活躍で注目を集める“ラグビー神社”とは?

デイリーニュースオンライン / 2015年10月22日12時30分

お守りにはラグビーボールの意匠が施され、社殿には巨大なラグビー絵馬が奉納されております。 春日神社と言えば、奈良県奈良市の春日大社がその総本社として有名ですが、その春日大神は、天児屋根命(あめのこやねのみこと)、比賣神(ひめのかみ)、経津主命(ふつぬしのみこと)、武甕槌命(たけみかづちのみこと)の4柱の神々より成り立っています。中でも経津主命と武甕槌命は武 [全文を読む]

フォーカス