楽譜 坂本龍一に関するニュース

坂本龍一8年ぶりとなる新作の全貌がワタリウム美術館で明らかに、“設置音楽展”開催

FASHION HEADLINE / 2017年04月04日12時00分

制作に影響を与えた書籍や映画やDVD、自筆の楽譜や落書きも含むメモなどが展示され、2階から4階の各階で音楽を聴いた後に見ると、さらに楽しめる構成となっている。 それぞれ、坂本自身が制作・監修したアルバム『async』の5.1チャンネル・サラウンドの特別ミックスに、坂本と長年に渡るコラボレートを行なってきた芸術家の高谷史郎による映像を添えた試聴室「drown [全文を読む]

ピアノを弾いてみたいオトナ向けピアノ楽譜集『やさしく弾ける オトナのピアノ ~私のベストレパートリー~(基本の楽典&独習用CD付)』7月18日発売

PR TIMES / 2017年07月13日13時10分

はじめてでも楽しく弾ける入門向けの楽譜から、すぐに弾けるやさしい初級アレンジにした定番曲や人気ヒット曲まで、全33曲を収載しています。楽譜に対応した独習用CDが付いているほか、“ピアノを弾くときに知っておきたい「基本の楽典」&「コード」”も掲載しています。 『月刊ピアノ8月号増刊 やさしく弾ける オトナのピアノ~私のベストレパートリー~ (基本の楽典&独 [全文を読む]

『潮騒のメモリー』の一節は偶然通りかかった坂本龍一が作曲

NEWSポストセブン / 2013年08月31日16時00分

ワークショップでは大友手書きの楽譜のコピーが配られた。ほぼ主旋律だけのシンプルな譜面だ。作曲家がすべて決めるのではなく、奏者がそれぞれ工夫してアンサンブルをつくりだす。 「あまちゃん」の準テーマ曲ともいえる「潮騒のメモリー」も、共作曲者のSachiko M、アレンジャーの江藤直子、劇中で歌う小泉今日子と一緒にスタジオに入り、ああでもないこうでもないと言い [全文を読む]

みんなでシンガロング !音楽で世界をつなぐ「nana」が正式リリース【増田 @maskin】

TECH WAVE / 2012年11月12日14時30分

楽譜を見て正確に演奏するのもいいけれど、各自が気の向くまま、好きな音楽を奏で、それがいつの間にか人々の心の動きに呼応して空間全体が感動に包まれる瞬間をとても愛おしく感じる。音楽共有体験の素晴らしさを、より多くの人に体験できるようにしてくれたこのアプリに感謝したい。こういった体験は音楽のみならず、仕事の組み方にだって適用できると思う。それがTechWaveだ [全文を読む]

(動画あり)「LaunchPad」スタートアップ企業の新製品・サービスのプレゼンバトル【増田 @maskin】 #IVS

TECH WAVE / 2012年06月15日08時30分

出場企業&プロジェクト1. 株式会社Whyteboard、顔のみえるオンラインフリマ「Whytelist」2. RainbowApps、おとなが子どもと楽しむための科学の工作と実験 ADKセット3. プラスアド株式会社、電子楽譜プラットフォーム「piaScore」4. 着パフ株式会社、世界初、携帯で香りを使ったコミュニケーションサービス「chat perf [全文を読む]

フォーカス